麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【1/20 Mリーグ2021 第2試合結果】丸山奏子が今季10戦目で4勝目を獲得!ドリブンズは連勝を決めてプラス域まであと僅かに!

【1/20 Mリーグ2021 第2試合結果】丸山奏子が今季10戦目で4勝目を獲得!ドリブンズは連勝を決めてプラス域まであと僅かに!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」61日目が1月20日(木)に開催された。

1月20日の対戦カード ©ABEMA
解説:渋川難波 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合はたろうトップでドリブンズのマイナスは二桁に! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:丸山奏子

南:佐々木寿人

西:東城りお

北:勝又健志

第2試合

東1局親番の丸山が5800、次局も寿人、東城の3軒リーチを制し5800と加点。

東1局 丸山 タンヤオ・ドラ2 5800 ©ABEMA
東1局1本場 丸山 リーチ・タンヤオ・ピンフ 5800 ©ABEMA

東1局2本場は、丸山がダブ東を仕掛けて筒子のホンイツへ。

東1局2本場 丸山の手牌 ©ABEMA

これを見た寿人が[中]を仕掛け、その後ドラの[6]引き、フィニッシュは[赤5]でツモり2000・4000の高打点となった。

東1局2本場 寿人 中・ドラ2・赤1 2000・4000 ©ABEMA

東2局、丸山がドラが対子になった先制リーチ。

東2局 丸山の手牌 ©ABEMA

すると東城のもとへ当たり牌の[九]が。東城がピンフ赤赤でテンパイし、[九]を切ってリーチを宣言するも放銃。

東2局 東城の手牌 ©ABEMA

裏ドラが2枚のり、丸山の8000のアガリとなった。

東2局 丸山 リーチ・ドラ4 8000 ©ABEMA

東3局、丸山への放銃でラス目になった親番の東城、七対子の[白]単騎で先制リーチ。

東3局 東城の手牌 ©ABEMA

丸山も追いかけるが流局。

東3局 丸山の手牌 ©ABEMA
東3局流局 ©ABEMA

東3局1本場、大三元まで見える配牌だったが、最終的には[発][⑤]のシャンポンでリーチ。

東3局1本場 東城の手牌 ©ABEMA

寿人がタンヤオピンフドラ赤をテンパイし追いかける。

東3局1本場 寿人の手牌 ©ABEMA

軍配は東城。寿人が[発]を掴み、東城12000のアガリで一気に回復。 

東3局1本場 東城 リーチ・白・發・赤1 12000 ©ABEMA

東3局2本場、東城がリーチし1人テンパイで流局。 

東3局2本場 流局 ©ABEMA

東3局3本場、寿人が七対子の[⑤]単騎から、一盃口が完成した[1][二]のシャンポン待ちでリーチ。

東3局3本場 寿人の手牌 ©ABEMA

勝又もドラ3で追いかけるが、勝又の待ちはすでに残っていなかった。

東3局3本場 勝又の手牌 ©ABEMA

終盤に東城もツモリ三暗刻のテンパイ。しかし、直前に[4]が通ったことにより、スジの[1]を打つ。[1]は寿人の当たり牌。

東3局3本場 東城の手牌 ©ABEMA
東3局3本場 寿人 リーチ・一盃口 2600 ©ABEMA

東4局、親の勝又のリーチにツモ番残り2回の丸山が押して追いかけ、海底で2000・4000のアガリ。リードを更に広げて南場を迎えた。

東4局 勝又の手牌 ©ABEMA
東4局 丸山の手牌 ©ABEMA
東4局 丸山 リーチ・ツモ・海底・赤1 2000・4000

 

南1局は寿人と丸山のリーチ対決も流局。王牌にはなんと2人の当たり牌が6枚残っていた。

南1局 流局 ©ABEMA

南1局1本場、東城が赤[赤5]切りのペン[3]待ちでリーチ。

南1局1本場 東城の手牌 ©ABEMA

丸山から放たれるかと思われたが、筒子を切っておしていき、フリテンだが[⑥][8]のシャンポン待ちでテンパイ。

南1局1本場 東城の手牌 ©ABEMA

すると勝又が回りながらも[5][8]テンパイに辿り着きリーチ。

南1局1本場 勝又の手牌 ©ABEMA

共通の安全牌がない丸山。東城には現物の[5]で勝又に放銃。

南1局1本場 丸山の手牌 ©ABEMA

裏ドラが1枚のって勝又の8000のアガリとなった。

南1局1本場 勝又 リーチ・ピンフ・ドラ1・赤1 8000 ©ABEMA

南2局、ラス目の寿人の親番だが、勝又が[発]をポンして索子のホンイツカン[2]テンパイ。カン[3]を払った寿人の放銃となり、勝又が丸山に迫る。

南2局 勝又 發・ホンイツ・赤1 8000 ©ABEMA

南3局 東城が[二][五]待ち一盃口か三色のリーチも、リーチ時に東城の待ちはゼロ。

南3局 東城の手牌 ©ABEMA

寿人が追いかけ、[赤5]で東城からのアガリを決めた。

南3局 寿人 リーチ・ピンフ・ドラ1・赤1 8000 ©ABEMA

オーラス、着順アップが厳しい東城。ピンフのテンパイをヤミテン。丸山が[中]バックの仕掛けを入れていくと、東城に放銃。

南4局 丸山の手牌 ©ABEMA
南4局 東城 ピンフ 1000 ©ABEMA

リーチ回数が全員あわせて19回という激しい戦いだった。

たろうに続き丸山がトップで、ドリブンズはプラス域まではあとわずかとなった。

第2試合トップの丸山 ©ABEMA

第2試合結果
1位 丸山(ドリブンズ)+62.4
2位 勝又(風林火山)+12.1
3位 東城(フェニックス)▲24.4
4位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲50.1

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月20日トータル結果

ドリブンズ(たろう1着・丸山1着)+120.2
風林火山(松ヶ瀬3着・勝又2着)▲4.0
麻雀格闘倶楽部(滝沢2着・寿人4着)▲38.8
フェニックス(近藤4着・東城3着)▲77.4

ドリブンズが大きくプラスしてセミファイナルボーダーまであと一歩に。ちょっと前まで首位だった麻雀格闘倶楽部、フェニックスが共に苦しみ5位、6位となっている。まだまだセミファイナル進出争いは大混戦になっていきそうだ。

1月20日終了時点のチームランキング ©ABEMA
1月21日の対局チーム ©ABEMA
1月20日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top