麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【10/13 Mリーグ2022-23 第2試合結果】瀬戸熊直樹が東1局にクマクマタイム発動の連荘でリードを得て逃げ切る!混戦の2着争いは内川幸太郎に軍配!

【10/13 Mリーグ2022-23 第2試合結果】瀬戸熊直樹が東1局にクマクマタイム発動の連荘でリードを得て逃げ切る!混戦の2着争いは内川幸太郎に軍配!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」4日目が10月13日(木)に開催された。

10月13日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:瀬戸熊直樹

南:仲林圭

西:勝又健志

北:内川幸太郎

第2試合

東1局、[中][白]をポンした勝又が早くも辺[③]待ちでテンパイ。

東1局 勝又の手牌 ©ABEMA

親番の瀬戸熊も[東]をポン、[⑤][⑧]待ちに受け代わる。

東1局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

これを受けて瀬戸熊をよく知る勝又は生牌の[西]で撤退。

紆余曲折を経て瀬戸熊が[⑧]をツモ、2000オールのアガリで立ち上がりとなった。

東1局 瀬戸熊 ダブ東・赤1 2000オール ©ABEMA

東1局2本場、親番の瀬戸熊に[中]が対子で赤1・ドラ2の好配牌が入る。

東1局2本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

自力で[中]を重ねると、2巡目に内川から打たれた[七]をチー。

東1局2本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

誰も追いつけない速さで満貫のテンパイを入れると、あっさりと[三]をツモ、4000オールの加点に成功する。

東1局2本場 瀬戸熊 中・赤1・ドラ2 4000オール ©ABEMA

東1局3本場も瀬戸熊。

急所の[3]をチーして[五][八]待ち5800のテンパイ。

内川が役牌の後付けでかわしにかかるが、瀬戸熊が[五]のツモで2000オール。

伝説のクマクマタイムが幕を開ける。

東1局3本場 瀬戸熊 タンヤオ・赤1・ドラ1 2000オール

東1局4本場は全員がぶつかる。

まずは勝又がドラの[8]単騎待ちで七対子テンパイ、これをダマに受ける。

東1局4本場 勝又の手牌 ©ABEMA

続いて親番の瀬戸熊、[4][7]待ちでリーチ。

東1局4本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

一度は嵌[二]待ちテンパイを取らなかった仲林も嵌[④]待ちで張り返す。

東1局4本場 仲林の手牌 ©ABEMA

同順、勝又から打たれた[四]を内川がポン。[3][6]待ち、満貫のテンパイが入る。

東1局4本場 内川の手牌 ©ABEMA

決着は仲林の[④]ツモ。2000・4000のアガリとなった。

東1局4本場 仲林 ツモ・タンヤオ・一盃口・ドラ1 2000・4000 ©ABEMA

東2局、最初にテンパイを入れたのは勝又。

[⑥]待ちから[②][⑤]待ちに変わるが、ピンズが場に高く[中]が暗刻のためダマに受ける。

東2局 勝又の手牌 ©ABEMA

そこに瀬戸熊が[4][7]待ちでリーチを宣言。

東2局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

同順に勝又が[4]を掴み、ツモ切りリーチをして放銃となる。

東2局 勝又の手牌 ©ABEMA

瀬戸熊が8000のアガリを決め、5万点を超えた。

東2局 瀬戸熊 リーチ・一発・タンヤオ・赤1 8000 ©ABEMA

東3局1本場、内川が場に2枚切れの辺[③]待ちでテンパイ、外しもあるかと思われたがリーチを打つ。

東3局1本場 内川の手牌 ©ABEMA

そこに親番の勝又が追いつき[三][六]待ちでリーチ。

東3局1本場 勝又の手牌 ©ABEMA

内川の待ちは山に無く、[六]を掴んでしまう。

裏が1枚乗り、勝又が5800のアガリで反旗を翻した。

東3局1本場 勝又 リーチ・ピンフ・裏1 5800 ©ABEMA

東3局2本場は是が非でも反撃したい内川が七対子テンパイ、ドラの[六]単騎でリーチ。

東3局2本場 内川の手牌 ©ABEMA

親番の軍司勝又もやってくる。

[発]のポンから仕掛け、無筋を勝負していき、終盤に[④][⑦]待ちでテンパイ。

東3局2本場 勝又の手牌 ©ABEMA

山には残り1対1。勝又が最後の[④]を引き、1000オールのアガリとなった。

東3局2本場 勝又 發・赤1 1000オール ©ABEMA

東3局3本場も内川と勝又のリーチがぶつかる。

東3局3本場 内川の手牌 ©ABEMA
東3局3本場 勝又の手牌 ©ABEMA

今度は勝又の待ちが山になく、内川有利かと思われたが、[五]が4枚見えていた仲林が[三]を選ぶ。

東3局3本場 仲林の手牌 ©ABEMA

裏が1枚乗り、勝又3900の加点。

東3局3本場 勝又 リーチ・裏1 3900 ©ABEMA

東3局4本場も軍司勝又が止まらない。

ソウズのホンイツで積極的な仕掛けを入れた内川が[北][中]のシャンポン待ちで先制テンパイ。

東3局4本場 内川の手牌 ©ABEMA

この仕掛けにドラの[東]を押していった勝又が絶好の[七]を引き入れ、[四][七]待ちでリーチ。

東3局4本場 勝又の手牌 ©ABEMA

またも2人の戦いとなったが、勝又が[四]をツモ。

2600オールのアガリで原点を超え、瀬戸熊を追う格好に。

東3局4本場 リーチ・ツモ・ピンフ・赤1 2600オール ©ABEMA

東3局5本場、内川が[白]をポンして3900のテンパイ。

今度こそ勝又の親番を終わらせにいく。

東3局5本場 内川の手牌 ©ABEMA

一方の勝又もまだまだ稼ぐと言わんばかりにリーチ。

東3局5本場 勝又の手牌 ©ABEMA

勝又が内川の当たり牌である[4]を掴み、長い東3局が終幕した。

内川、3900のアガリ。

東3局5本場 内川 白・赤2 3900 ©ABEMA

東4局は瀬戸熊・仲林・内川が同順に3軒リーチ。

東4局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東4局 仲林の手牌 ©ABEMA
東4局 内川の手牌 ©ABEMA

制したのは瀬戸熊。仲林の[9]を討ち取り2600のアガリとなった。

東4局 仲林の手牌 ©ABEMA
東4局 瀬戸熊 リーチ・赤1 2600 ©ABEMA

南3局2本場、激しい競り合いから一転、流局を2回挟んで迎えたこの局。

まずは親番の勝又が嵌[8]待ちでリーチ。

南3局2本場 勝又の手牌 ©ABEMA

そこにラス目の内川が[3][6]待ちで追いつき、再び2人のめくり合いへ。

南3局2本場 内川の手牌 ©ABEMA

勝又が[3]を掴む形で決着となり、内川が8000のアガリを決めて2着へ浮上した。

南3局2本場 内川 リーチ・ピンフ・ドラ1・裏1 8000 ©ABEMA

オーラス、瀬戸熊が53000点持ち、親番の内川が18300、勝又が17100、仲林が11600という並び。

親番の内川が2枚目の[発]をポン、[4][5][7]待ちの三面張テンパイ。

オーラス 内川の手牌 ©ABEMA

瀬戸熊の[5]が掴まり、2900のアガリで連荘へ。

オーラス 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
オーラス 内川 發・赤1 2900 ©ABEMA

オーラス1本場は内川と勝又がリーチをかけるも流局。

オーラス2本場、瀬戸熊が700・1300をツモ、トップを確定させる形で決着となった。

オーラス2本場 瀬戸熊 ツモ・ピンフ・ドラ1 700・1300 ©ABEMA

全19局、リーチ21回、和了15回の大混戦を制した瀬戸熊。

自身は今期初トップ、雷電をプラスに押し上げた瀬戸熊は、チームに嬉々と帰っていった。

第2試合トップの瀬戸熊 ©ABEMA

第2試合結果
1位 瀬戸熊(雷電)+73.9
2位 内川(サクラナイツ)+0.2
3位 勝又(風林火山)▲23.3
4位 仲林(Pirates)▲50.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

10月13日トータル結果

雷電(黒沢2着・瀬戸熊1着)+79.3
サクラナイツ(岡田1着・内川2着)+73.9
Pirates(優3着・仲林4着)▲67.3
風林火山(松ヶ瀬4着・勝又3着)▲85.9

本日は雷電、サクラナイツがトップ2着、Pirates、風林火山が3着4着とそれぞれ明暗分かれる形に。元のチーム順位が上の2チームが更にスコアを伸ばし、全体的に縦長の構図となった。

序盤戦といえども、あまり大きくズルズルと負けていくわけにはいかない。下位のチームは少なくともマイナスポイントを2桁代には戻していきたいところと言えるだろう。

明日も上位2チームと下位2チームの戦いとなる。全体的な構図は更に縦長になるのか、下位チームが意地を見せるのか注目だ。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
10月14日の対戦カード ©ABEMA
10月13日終了時点の個人スコア

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top