麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【10/13 Mリーグ2022-23 第1試合結果】岡田紗佳が今期初トップ!昨シーズンは遠かった「一勝目」をサクラナイツに持ち帰る!

【10/13 Mリーグ2022-23 第1試合結果】岡田紗佳が今期初トップ!昨シーズンは遠かった「一勝目」をサクラナイツに持ち帰る!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」7日目が10月13日(木)に開催された。

10月13日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:鈴木優

南:松ヶ瀬隆弥

西:岡田紗佳

北:黒沢咲

第1試合

東1局、押し返しを見て丁寧に進行していた松ヶ瀬が辺[3]待ちで先制リーチ。

東1局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

直後に親番の優が[5]を暗刻にしてテンパイ、嵌[7]待ちでリーチをかける。

東1局 優の手牌 ©ABEMA

両者ともに危険牌ばかり掴み合うめくり合いを制したのは優。

2000オールのアガリでリードを築いた。

東1局 優 リーチ・ツモ・ドラ1 ©ABEMA

東1局1本場、次々と有効牌を引き入れた黒沢が6巡目に[5][8]待ちでリーチ。

東1局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA

黒沢の河に情報が少なく、イーシャンテンから真っ直ぐ進めていた優。

[4]が暗刻になり、絶好のテンパイが入ったかと思われたが、リーチ宣言牌として打ち出された[5]が黒沢に掴まる。

東1局1本場 優の手牌 ©ABEMA

黒沢の2600のアガリとなった。

東1局1本場 黒沢 リーチ・赤1 2600 ©ABEMA

東2局、[一]を切っていた松ヶ瀬が3段目に差し掛かったところで[四]を引き戻し、[三][六]待ちでリーチ。

東2局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

これを受けて好形のイーシャンテンだった黒沢、一発目から無筋を切り飛ばし[四][七]待ちで追いすがる。

東2局 黒沢の手牌 ©ABEMA

更に優が[一][四]待ちでリーチ。ドラも赤もないが勝負に出る。

東2局 優の手牌 ©ABEMA

三軒リーチを受けて手詰った岡田から[七]が打たれ、黒沢が2600のアガリで制した。

東2局 岡田の手牌 ©ABEMA
東2局 黒沢 リーチ・赤1 2600 ©ABEMA

東3局、役牌の[東]を仕掛けた優が[一][四]待ちでテンパイ。

東3局 優の手牌 ©ABEMA

親番の岡田が[⑧][9]のシャンポン待ちでリーチをかける。

河には[赤⑤][⑨]が切れていて、[⑧]が狙い目か。

東3局 岡田の手牌 ©ABEMA

なんと岡田が[9]を一発ツモ。4000オールのアガリとなった。

東3局 岡田 リーチ・一発・ツモ・イーペーコー 4000オール

東3局1本場、親番の岡田が嵌[七]待ちでテンパイ。

イーペーコーがあり、ダマに受ける。

東3局1本場 岡田の手牌 ©ABEMA

そこに黒沢が[6][白]のシャンポン待ちでリーチ。

東3局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA

[白]が浮いていた優の放銃が危ぶまれた直後、黒沢が自力で[白]をツモ。

2000・4000のアガリでトップに立った。

東3局1本場 黒沢 リーチ・ツモ・白・赤1 2000・4000 ©ABEMA

東4局、黒沢と優に好配牌が入る。

東4局 黒沢の手牌 ©ABEMA
東4局 優の手牌 ©ABEMA

先制を取ったのは優。嵌[七]待ち、タンヤオ・赤2の手だがリーチを宣言する。

東4局 優の手牌 ©ABEMA

松ヶ瀬から[七]が選ばれ、優が8000のアガリをものにした。

東4局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東4局 優 リーチ・タンヤオ・赤2・裏1 ©ABEMA

南1局、岡田が喉から手が出るほど欲しい[⑥]を引き入れ、[2][5]待ちでリーチ。

南1局 岡田の手牌 ©ABEMA

同順、親番の優が嵌[八]待ちでテンパイを入れるが、宣言牌として[2]が選ばれる。

南1局 優の手牌 ©ABEMA

昨シーズンでチームを去った沢崎を想ってか、リーチ直後に少し上を見上げていた岡田が8000のアガリを決めた。

南1局 岡田の表情 ©ABEMA
南1局 リーチ・一発・赤1・裏1 8000 ©ABEMA

南2局1本場、岡田がホンイツで仕掛けていくが、最初にテンパイを入れたのは七対子の優。

南2局1本場 優の手牌 ©ABEMA

場に生牌の[白]は山に3枚残り。

これをしっかりとツモ、裏こそ乗らないが1600・3200の加点に成功。反撃の狼煙を上げる。

南2局1本場 優 リーチ・ツモ・七対子 1600・3200 ©ABEMA

南3局、微差でトップに立っていた親番の岡田が4巡目に嵌[2]待ちでリーチ。

南3局 岡田の手牌 ©ABEMA

リーチ時は山に3枚残っていたものの、場は静かに進行していき、流局かと思われた。

その直後、最後のツモで岡田が[2]を手繰り寄せる。

裏ドラが雀頭の[5]になり、6000オールのアガリを決めた。

南3局 岡田 リーチ・ツモ・ドラ1・赤1・裏2 6000オール

南3局1本場は黒沢が七対子・ドラ2・赤1でリーチをかけ、岡田の放銃が危ぶまれたが、流局に終わる。

オーラス、岡田が50100点持ち、親番の黒沢が26600、優が24200、松ヶ瀬が-1900という並び。

優が2着浮上を目指しタンヤオの仕掛けを入れる。

オーラス 優の手牌 ©ABEMA

しかし決着をつけたのはトップ目の岡田。

500・1000をツモ、自身の1着を確定させた。

オーラス 岡田 ツモ・ドラ1 500・1000 ©ABEMA

昨シーズンは苦しい展開が続き、初トップが年明けとなってしまった岡田。

2022-23シーズンは好スタートを切った。

第1試合トップの岡田 ©ABEMA

第1試合結果
1位 岡田紗佳(サクラナイツ)+73.7
2位 黒沢咲(雷電)+5.4
3位 鈴木優(Pirates)▲16.5
4位 松ヶ瀬隆弥(風林火山)▲62.6

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top