麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【10/20 Mリーグ2022-23 第1試合結果】伊達朱里紗がオーラス満貫ツモで劇的な逆転勝利!園田賢は悔しい2着に

【10/20 Mリーグ2022-23 第1試合結果】伊達朱里紗がオーラス満貫ツモで劇的な逆転勝利!園田賢は悔しい2着に

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」11日目が10月20日(木)に開催された。

10月20日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:園田賢

南:小林剛

西:伊達朱里紗

北:瀬戸熊直樹

第1試合

東1局、親番の園田が[六][九]待ち先制リーチ。

東1局 園田の手牌 ©ABEMA

この時点で小林、伊達、瀬戸熊もイーシャンテン。

小林が追いつき、アンコの[発]を切って[⑥][⑨]待ちで勝負に出る。

東1局 小林の手牌 ©ABEMA

同順、瀬戸熊にもテンパイが入るが、前巡に掴んだ[九]が園田の当たり牌。

東1局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

園田が裏を1枚乗せて7700の加点に成功。

東1局 園田 リーチ・赤1・裏1 7700 ©ABEMA

東1局1本場は小林が[①][⑥]のシャンポン待ちでテンパイ。

東1局1本場 小林の手牌 ©ABEMA

ピンズが高い園田を警戒して[②]を先切りした結果、[3]での一発ツモを逃してしまうが、小林は冷静にリーチを宣言。

園田がノーチャンスとなった[①]を打ち出し放銃。

東1局1本場 園田の手牌 ©ABEMA

小林2600のアガリとなる。

東1局1本場 小林 リーチ・イーペーコー 2600 ©ABEMA

東2局は親番の小林がイーシャンテンから[⑧]を両面チーして発進。

三面張テンパイとなり、すぐに[八]を引いて1000オールのアガリ。

東2局 小林 タンヤオ・赤1 1000オール ©ABEMA

東2局1本場は意外にも瀬戸熊が両面チーしてテンパイ。

自風の[西]がアンコ、5枚目の[4][7]を仕掛けて嵌[③]待ちに。

東2局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

伊達から[③]が打ち出され、瀬戸熊2000のアガリ。

東2局1本場 伊達の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 瀬戸熊 西・赤1 2000 ©ABEMA

東3局、[②][七]のシャンポン待ちのヤミテンを入れていた小林が[五][八]待ちに変わるが、そのままダマを続行。

東3局 小林の手牌 ©ABEMA

先制リーチは親番の伊達。待ちは[2][5]

東3局 伊達の手牌 ©ABEMA

小林もツモ切りリーチをかけるが、伊達が[5]を一発ツモ。

朱きヴァルキリア・伊達、2000オールの加点でトップ目に立った。

東3局 伊達 リーチ・一発・ツモ 2000オール ©ABEMA

東3局1本場、瀬戸熊が絶好の[4]を引き入れ、ドラ2・高目三色の大物手をテンパイ。

[四][七]待ちのリーチが入る。

東3局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

瀬戸熊がリーチ後に打った[⑥]を園田がチーして対抗。

東3局1本場 園田の手牌 ©ABEMA

三段目に差し掛かったところで瀬戸熊と同じ[四][七]待ちのテンパイが入る。

東3局1本場 園田の手牌 ©ABEMA

めくり合いを制したのは園田。1000・2000のアガリとなる。

鳴きによって[四]を食い取られた瀬戸熊は僅かに悔しそうな表情を浮かべた。

東3局1本場 園田 タンヤオ・赤2 1000・2000 ©ABEMA

東4局も卓上の魔術師・園田の仕掛けが光る。

東4局 園田の手牌 ©ABEMA
東4局 園田の手牌 ©ABEMA

小林の[北]単騎テンパイ、瀬戸熊の大物手イーシャンテンをかわして1000・2000をアガる。

東4局 園田 發・赤1・ドラ1 1000・2000 ©ABEMA

2局連続の1000・2000は満貫と差異のない収入。

園田が一人突き抜けた展開で南入となる。

 

南2局1本場、親番の小林が辺[⑦]待ちで先制リーチを打つが、これが山に0。

南2局1本場 小林の手牌 ©ABEMA

直後に園田が[①][④]待ちでテンパイ、「負けのない」追いかけリーチを打つ。

南2局1本場 園田の手牌 ©ABEMA

小林が一発でドラの[④]を掴んで放銃。

5200のアガリでドリブンズ9戦ぶりの勝利へ大きく近づいた。

南2局1本場 園田 リーチ・一発・ドラ1 ©ABEMA

南3局1本場、園田が赤3・ドラ1の大物手をテンパイ。

[③]が3枚切れており、嵌[②]は絶好の待ち。

南3局1本場 園田の手牌 ©ABEMA

待ったをかけたのは瀬戸熊。同順に[⑤][⑧]待ちで追いかけリーチ。

南3局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

不安な表情の園田が力を込めて盲牌すると、無慈悲にも[⑤]を一発で掴む。

瀬戸熊が3900のアガリでラス目を脱した。

南3局1本場 瀬戸熊 リーチ・一発・ピンフ ©ABEMA

オーラス、園田が36400点持ち、伊達が26600、親番の瀬戸熊が20700、小林が16300という並び。

前局の放銃により伊達の満貫ツモ条件を許してしまった園田。

ドラの[④]から切り出すと、[発]を仕掛けて[⑤][⑧]待ちのテンパイを入れる。

オーラス 園田の手牌 ©ABEMA
オーラス 園田の手牌 ©ABEMA

直後に伊達も嵌[4]待ちでテンパイ。

タンヤオ・赤1・ドラ1の手、ツモか直撃で園田をまくることができるためダマに受ける。

オーラス 伊達の手牌 ©ABEMA

瀬戸熊の[4]放銃が危ぶまれるが、園田と伊達を警戒して打[七]

5200の放銃は小林を下回りラスに落ちるため、ファインプレイの回避となる。

オーラス 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

トップのかかった激しいめくり合いを制したのは伊達。

[4]をツモ、2000・4000のアガリで劇的な逆転勝利となった。

オーラス 伊達 ツモ・タンヤオ・赤1・ドラ1 2000・4000 ©ABEMA

月曜日は滝沢と寿人が登板するも、2連ラスとなってしまった麻雀格闘倶楽部。

伊達がチームに嬉しいプラスを持ち帰った。

第1試合トップの伊達 ©ABEMA

第1試合結果
1位 伊達(麻雀格闘倶楽部)+54.6
2位 園田(ドリブンズ)+14.4
3位 瀬戸熊(雷電)▲23.3
4位 小林(Pirates)▲45.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top