麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【10/27 Mリーグ2022-23 第1試合結果】岡田紗佳が東場に大量リードを築き、華麗な逃げ切りトップ!東3局には四暗刻テンパイも出アガリで決着

【10/27 Mリーグ2022-23 第1試合結果】岡田紗佳が東場に大量リードを築き、華麗な逃げ切りトップ!東3局には四暗刻テンパイも出アガリで決着

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」15日目が10月27日(木)に開催された。

10月27日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:鈴木たろう

南:近藤誠一

西:岡田紗佳

北:高宮まり

第1試合

東1局は親番のたろうと岡田が役の確定しないところから鳴き、空中戦を展開。

先にテンパイを入れたのはトイトイで仕上げた岡田。自風の[西][二]のシャンポン待ちになる。

東1局 岡田の手牌 ©ABEMA

[西]をツモ、1300・2600のアガリ。

東1局 岡田 西・トイトイ 1300・2600 ©ABEMA

東2局、岡田の[3][6]待ちリーチが入る。

東2局 岡田の手牌 ©ABEMA

実況の日吉に「この手で引くことは絶対ない」と言われていた高宮。

[赤五][五][六][七][七]から[七]を切り[五][八]待ちでリーチを宣言。

東2局 高宮の手牌 ©ABEMA

しかし制したのは岡田。高宮から[6]を討ち取り、1300の加点。

東2局 岡田 リーチ 1300 ©ABEMA

東3局は高宮が[③][⑥]待ちの先制リーチ。この時点で山には残り5枚。

東3局 高宮の手牌 ©ABEMA

そこに追いついたのは親番の岡田。ツモれば四暗刻のテンパイが入る。

小考の末、追いかけリーチを敢行。待ちは[5][8][⑧]、山には[5]が2枚[⑧]が2枚。

東3局 岡田の手牌 ©ABEMA

岡田の16000オールが炸裂するか、高宮が前局の無念を晴らすか、両者ともに絶対ものにしたいこの手。

高宮が[⑧]を掴む形で決着となった。岡田は四暗刻こそ実らなかったが、18000のアガリで一気に突き抜けた。

東3局 岡田 リーチ・タンヤオ・トイトイ・三暗刻 18000 ©ABEMA

東3局1本場は岡田、高宮のリーチが再度ぶつかるが、2人テンパイで流局。

東3局2本場も親番の岡田が点数を伸ばす。

[六][九]待ちで先制リーチを打つと、これに誰も追いつけず、終盤に[九]をツモ。

ここまで5局中4局でアガリをものにしている岡田、1300オールの加点で60000点に迫る。

東3局2本場 岡田 リーチ・ツモ・ピンフ ©ABEMA

東3局3本場、高宮が高目三色の大物手を仕上げ、今度こそはとリーチ。

東3局3本場 高宮の手牌 ©ABEMA

たろうが[4]を回収した上でテンパイ。[3][6]は高宮の現物だったためダマに受ける。

東3局3本場 たろうの手牌 ©ABEMA

高宮の執念が最後の[4]を引き寄せる。3000・6000のアガリで2着争いに復帰した。

東3局3本場 高宮 リーチ・ツモ・ピンフ・三色同順・赤2 3000・6000 ©ABEMA

東4局は近藤が嵌[③]待ちで即リーチを敢行。

東4局 近藤の手牌 ©ABEMA

苦しい配牌だった親番の高宮も[中]をポンして[⑤][⑧]待ちで追いつく。

東4局 高宮の手牌 ©ABEMA

近藤が[⑤]を掴み決着。高宮2000のアガリ。

東4局 高宮 中 2000 ©ABEMA

東4局1本場は近藤の1人テンパイで流局し、南入となる。

南1局2本場、好配牌を手にした近藤がタンヤオ・赤1・ドラ3でテンパイ。

[四][七]待ちで辛いヤミテンを入れる。

南1局2本場 近藤の手牌 ©ABEMA

七対子イーシャンテンになった親番のたろうが場に1枚切れの[四]を選び放銃。

南1局2本場 たろうの手牌 ©ABEMA

近藤の8000が決まり、2着争いを一歩リードした。

南1局2本場 近藤 タンヤオ・赤1・ドラ3 8000 ©ABEMA

南2局、親番の近藤が[⑧]を空切りし[五][八]待ちのリーチ。

南2局 高宮の手牌 ©ABEMA

終盤に高宮も追いつき、同じ[五][八]待ちで追いかけリーチをかける。

南2局 高宮の手牌 ©ABEMA

めくり合いを制したのは近藤。その左手で最後の[八]を手繰り寄せ、2600オールのアガリ。

南2局 近藤 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1 2600オール ©ABEMA

南2局1本場はこれ以上近藤の連荘を許したくない岡田が[白]のポンから発進。

近藤から打たれた[③]を討ち取り、2000のアガリで局を進めた。

南2局1本場 岡田 白・赤1 2000 ©ABEMA

南3局、ここまでアガリがないたろうが嵌[2]待ちでリーチ。

南3局 たろうの手牌 ©ABEMA

終盤に親番の岡田が安全牌に窮し、[2]を選択。

南3局 岡田の手牌 ©ABEMA

たろうが2600の加点を入れオーラスへ。

南3局 たろう リーチ・西 2600 ©ABEMA

オーラスは岡田が48300点持ち、近藤が32500、親番の高宮が12700、たろうが6500という並び。

たろう、親番の高宮、近藤にそれぞれテンパイが入る。

オーラス 高宮の手牌 ©ABEMA
オーラス 近藤の手牌 ©ABEMA
オーラス たろうの手牌 ©ABEMA

近藤の当たり牌である[①]をたろうが掴み決着。

2000のアガリで2着を着実に確保した。

オーラス 近藤 發・赤1 2000 ©ABEMA

嬉しい個人2勝目となった岡田。

渋川が苦戦しているサクラナイツだが、チームメイトの支えでプラス圏に浮上した。

第1試合トップの岡田 ©ABEMA

第1試合結果
1位 岡田(サクラナイツ)+68.3
2位 近藤(フェニックス)+14.5
3位 高宮(麻雀格闘倶楽部)▲27.3
4位 たろう(ドリブンズ)▲55.5

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top