麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【11/11 Mリーグ2022-23 第2試合結果】本田朋広が第1試合の雪辱を果たす逆襲トップ!数多の試練を乗り越え、雷電に勝利をもたらす!

【11/11 Mリーグ2022-23 第2試合結果】本田朋広が第1試合の雪辱を果たす逆襲トップ!数多の試練を乗り越え、雷電に勝利をもたらす!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」24日目が11月11日(金)に開催された。

11月11日の対戦カード ©ABEMA
第1試合の出場選手 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:本田朋広

南:小林剛

西:松ヶ瀬隆弥

北:滝沢和典

第2試合

東1局、親番の本田が先制リーチ。

東1局 本田の手牌 ©ABEMA

滝沢がイーシャンテンから[五]をカンする攻撃的な選択を見せる。

東1局 滝沢の手牌 ©ABEMA

リンシャンから[7]を引き入れ、追いかけリーチを宣言。

東1局 滝沢の手牌 ©ABEMA

滝沢はさらに[四]をカン。しかしこの局を制したのは本田。

山に1枚残りだった[③]をツモ、裏を2枚乗せ6000オールのアガリを決めた。

東1局 本田 リーチ・ツモ・タンヤオ・赤1・裏2 6000オール ©ABEMA

続く東1局1本場は本田が[中]のポンから仕掛け、[五][八]待ちのテンパイ。

小林にテンパイが入り、リーチ宣言牌として[八]が打ち出される。

本田5800のアガリで5万点を超える。

東1局1本場 小林の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 本田 中・赤1・ドラ 5800 ©ABEMA

東1局2本場は松ヶ瀬が七対子のリーチを打つも、1人テンパイで流局。

東1局2本場 流局 ©ABEMA

東2局3本場、松ヶ瀬が嵌[七]待ちの先制リーチ。

東2局3本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

滝沢がピンフ・ドラ2の手で追いつき、リーチをかける。

東2局3本場 滝沢の手牌 ©ABEMA

残り枚数1対1のめくり合いは松ヶ瀬に軍配が上がる。

最後の[七]をツモ、2000・4000のアガリとなった。

東2局3本場 松ヶ瀬 リーチ・ツモ・赤1・ドラ1 2000・4000 ©ABEMA

東3局は滝沢がタンヤオで仕掛け満貫のテンパイを入れるも流局。

小林と本田が形式テンパイを入れ、松ヶ瀬も最終手番でテンパイしたため、全員が手牌を開けた。

東3局 流局 ©ABEMA

続く東3局1本場、親番の松ヶ瀬が先制リーチ。

シャンポンに受けるとフリテンになるため、嵌[7]待ちに取る。

東3局1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

トップ目の本田にも役ありのテンパイが入る。

東3局1本場 本田の手牌 ©ABEMA

松ヶ瀬が山に3枚残っていた[7]をツモ。1000オールのアガリで連荘に成功する。

東3局1本場 松ヶ瀬 リーチ・ツモ 1000オール ©ABEMA

東3局2本場も先制リーチは松ヶ瀬。

腕を大きく振り下ろし、[④]を一発ツモ。

4000オールのアガリで本田をかわしトップ目に立った。

東3局2本場 松ヶ瀬 リーチ・一発・ツモ・ピンフ・一盃口 4000オール ©ABEMA

東3局3本場は本田が第1ツモでテンパイ。ダブルリーチが放たれる。

東3局3本場 本田の手牌 ©ABEMA

そこに追いついたのは松ヶ瀬。[7]は場に2枚切れていたが、迷わずリーチを宣言。

東3局3本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

この局は本田が制す。[4]をツモ、2000・4000のアガリでトップ目に返り咲く。

東3局3本場 本田 ダブルリーチ・ツモ・ドラ1 2000・4000 ©ABEMA

東4局、親番の滝沢が2巡目にドラ2の手で先制リーチ。

タンヤオになる[④]をツモ、さらに裏を1枚乗せて6000オールのアガリが決まった。

東4局 滝沢 リーチ・ツモ・タンヤオ・ドラ2・裏1 6000オール ©ABEMA

小林は5800の放銃1回にも関わらず持ち点が箱下になった。

東4局1本場は滝沢がまたも跳満のテンパイを入れたが、1人テンパイで流局。

東4局1本場 流局 ©ABEMA

東4局2本場、本田が再びダブリーチャンス。しかし先制リーチは小林の[④][⑦]待ち。

ほどなくして[④]をツモ。1300・2600のアガリで持ち点を回復させた。

東4局2本場 小林 リーチ・ツモ・ピンフ・一盃口 1300・2600 ©ABEMA

南1局は親番の本田が[東][西]をポンしてピンズのホンイツへ向かう。

[白]を重ねてテンパイ、2着目の松ヶ瀬を突き放しにかかる。

南1局 本田の手牌 ©ABEMA

滝沢が七対子でテンパイ。[⑤]を勝負し、中スジになっている[四]単騎で勝負に出る。

南1局 滝沢の手牌 ©ABEMA

滝沢が[⑦]を掴んで本田のアガリ。7700の加点に成功した。

南1局 本田 東・ホンイツ 7700 ©ABEMA

南1局1本場は松ヶ瀬の1人テンパイで流局。

南1局1本場 流局 ©ABEMA

南2局2本場は小林がリーチをかけてツモ。1000オールの加点で親番続行。

南2局2本場 小林 リーチ・ツモ 1000オール ©ABEMA

続く南2局3本場、小林が[発]をポンしてドラ雀頭のテンパイ。

松ヶ瀬から打たれた[2]を大明カンすると、新ドラが[発]になる。

南2局3本場 小林の手牌 ©ABEMA

松ヶ瀬は役無しのテンパイを入れていたが、[⑤]を引き入れ[③][④][⑥][⑦][⑨]待ちの5面張でリーチ。

南2局3本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

小林の18000対松ヶ瀬の5面張は、小林が一発で[⑥]を掴み決着。

松ヶ瀬8000のアガリで本田に迫る。

南2局3本場 松ヶ瀬 リーチ・一発・ピンフ・裏1 8000 ©ABEMA

南3局、滝沢がピンフ・ドラ2の先制リーチ。

南3局 滝沢の手牌 ©ABEMA

ソウズのホンイツで仕掛けていた親番の松ヶ瀬が[二]を勝負して放銃。

南3局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

滝沢8000のアガリでオーラスへ。

南3局 滝沢 リーチ・ピンフ・赤1・ドラ1 8000 ©ABEMA

オーラスは本田が49400点持ち、松ヶ瀬が35700、滝沢が21400、小林が-6500という並び。

先制テンパイはドラ4の手になった本田。

フリテンから[3][6][9]待ちに変わると、一度はダマに受けたものの次巡にツモ切りリーチとした。

オーラス 本田の手牌 ©ABEMA

松ヶ瀬と小林もそれぞれテンパイを入れる。

オーラス 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
オーラス 小林の手牌 ©ABEMA

滝沢が形式テンパイを取ったところで[3]を放銃。

本田8000のアガリで逃げ切った。

オーラス 本田 リーチ・赤1・ドラ3 8000 ©ABEMA

第1試合では悔しい4着になってしまった本田。

チーム、そしてユニバースの期待に応える見事なトップを掴み取った。

第2試合トップの本田 ©ABEMA

第2試合結果
1位 本田(雷電)+77.4
2位 松ヶ瀬(風林火山)+15.7
3位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)▲26.6
4位 小林(Pirates)▲66.5

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月11日トータル結果

Pirates(瑞原1着・小林4着)+27.3
風林火山(瑠美3着・松ヶ瀬2着)▲4.3
雷電(本田4着・本田1着)▲6.4
麻雀格闘倶楽部(伊達2着・滝沢3着)▲16.6

各チーム逆の着順となり本日の結果としては平たい結果となった。瑞原が素点の大きなトップを獲得したことでPiratesはやや加点に成功。小林は苦しい展開となったが各場面の判断には安定感があり、これからの逆襲は期待できるだろう。

雷電は本田の連闘で2戦目でトップ獲得。サクラナイツの渋川も苦しい4着からの連闘でトップを獲得したことで今後1戦目で4着となった選手の連闘が戦略的に流行することもあるかもしれない。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
11月14日の対戦カード ©ABEMA
11月11日終了時点の個人スコア

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top