麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/1 Mリーグ2022-23 第1試合結果】瑞原明奈がメンホン七対子の直撃を決め今シーズン4回目のトップ!松本吉弘は痛恨の放銃で悔しい2着に!

【12/1 Mリーグ2022-23 第1試合結果】瑞原明奈がメンホン七対子の直撃を決め今シーズン4回目のトップ!松本吉弘は痛恨の放銃で悔しい2着に!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」35日目が12月1日(木)に開催された。

12月1日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:瑞原明奈

南:松本吉弘

西:内川幸太郎

北:二階堂亜樹

第1試合

本日からテロップに用語解説が出るようになり、普段麻雀にあまり馴染みがない方もより親しみやすくなった。

東1局 用語解説 ©ABEMA

東1局、親番の瑞原がダブ[東]のポンから仕掛けてマンズのホンイツへ。

松本が[発]をポン、[白]を重ねて瑞原より早く満貫のテンパイを入れる。

東1局 松本の手牌 ©ABEMA

場に[⑦]が3枚切れのため、内川が[⑧][⑥]と落としていき放銃。

松本8000のアガリでスタート。

東1局 内川の手牌 ©ABEMA
東1局 松本 白・發・ドラ2 8000 ©ABEMA

東2局、親番の松本が[中]を対子落とししての先制リーチ。

東2局 松本の手牌 ©ABEMA

[⑥][⑨]は山に5枚残り。勢いままに[⑨]を一発ツモ。

リーチ・一発・ツモ・ピンフ・赤1・ドラ1、6000オールのアガリが決まった。

東2局 松本 リーチ・一発・ツモ・ピンフ・赤1・ドラ1 6000オール ©ABEMA

続く東2局1本場は瑞原が嵌[⑥]チーから発進、[白]を重ねて先制テンパイ。

東2局1本場 瑞原の手牌 ©ABEMA

そこにドラ4の亜樹が追いつく。[東]をポンして満貫のテンパイ、さらに両面に変わる。

東2局1本場 亜樹の手牌 ©ABEMA

これを受けて瑞原は撤退。

終盤に亜樹が[6]をツモ、2000・4000のアガリとなった。

東2局1本場 亜樹 東・赤1・ドラ3 2000・4000 ©ABEMA

東3局は松本、親番の内川、亜樹の3者がリーチでぶつかる。

東3局 松本の手牌 ©ABEMA
東3局 内川の手牌 ©ABEMA
東3局 亜樹の手牌 ©ABEMA

松本の[中][西]は山に3枚、内川の[七]は山に1枚、亜樹の[2][5][8]は山に6枚。

なんと制したのは圧倒的に枚数不利だった内川。

[七]をツモ、1000オールのアガリとなった。

東3局 内川 リーチ・ツモ 1000オール ©ABEMA

東3局1本場は瑞原が両面先制リーチ。

東3局1本場 瑞原の手牌 ©ABEMA

内川が押していき、終盤に現物の嵌[四]待ちでテンパイ。

これを自力でツモ、1000オールのアガリで連荘に成功した。

東3局1本場 内川 ツモ・タンヤオ 1000オール ©ABEMA

続く東3局2本場は終盤に内川が先制リーチ。

東3局2本場 内川の手牌 ©ABEMA

同順に[中]をポンしていた瑞原が[⑥][⑨]で追いつく。

内川が[⑥]を掴み、瑞原が2000のアガリをものにした。

東3局2本場 瑞原 中・赤1 2000 ©ABEMA

東4局は松本が[1][4]待ちの先制テンパイを入れるが、フリテンのためダマに受ける。

東4局 松本の手牌 ©ABEMA

[白][9]をポンしていた瑞原も1000点のテンパイを入れるが、すぐに松本が[1]を引き戻す。

700・1300の加点でリードを固持したまま南入。

東4局 松本 ツモ・ピンフ・赤1 700・1300 ©ABEMA

南1局、内川が[7]をポンしてタンヤオのテンパイ。瑞原の親番をかわしに行く。

南1局 内川の手牌 ©ABEMA

亜樹が[6]を暗刻にして跳満の見えるリーチ。

南1局 亜樹の手牌 ©ABEMA

親番・瑞原の[七]が浮いており、放銃が危ぶまれるが、[六]を引き放銃しない形に。

南1局 瑞原の手牌 ©ABEMA

亜樹が[赤五]を掴んで決着。瑞原5800のアガリで2着目に浮上した。

南1局 瑞原 南・赤1・ドラ1 ©ABEMA

南1局1本場は亜樹と内川がリーチでぶつかる。

南1局1本場 亜樹の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 内川の手牌 ©ABEMA

亜樹が[6]をツモ。チャンタのつく高目ではないが、500・1000の加点に成功。

南1局1本場 亜樹 リーチ・ツモ 500・1000 ©ABEMA

南2局は亜樹が仕掛けて満貫のテンパイ。

南2局 亜樹の手牌 ©ABEMA
南2局 亜樹の手牌 ©ABEMA

瑞原が混一色・七対子で追いつく。一手変われば清一色・二盃口になる牌姿、ダマに受ける。

南2局 瑞原の手牌 ©ABEMA

直後にトップ目の松本が仕掛けを警戒して[発]の対子落としを選択してしまう。

瑞原が松本から8000の直撃。

南2局 松本の手牌 ©ABEMA
南2局 瑞原 混一色・七対子 8000 ©ABEMA

南3局は親番の内川が[南]を仕掛けてて5800のテンパイ。

南3局 内川の手牌 ©ABEMA

松本が[六]を選び、再び痛恨の放銃。

内川5800のアガリで亜樹に迫り連荘へ。

南3局 松本の手牌 ©ABEMA
南3局 内川 南・赤1・ドラ1 5800 ©ABEMA

南3局1本場は松本がタンヤオで仕掛け嵌[四]のテンパイ。

亜樹のリーチ宣言牌を捕え、3900のアガリ。

南3局1本場 亜樹の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 松本 タンヤオ・ドラ2 3900 ©ABEMA

松本が少しリードを戻してオーラスへ。

オーラスは松本が36300点持ち、瑞原が30400、内川が18100、親番の亜樹が15200という並び。

先制リーチは親番の亜樹。

オーラス 亜樹の手牌 ©ABEMA

自力決着を目指して[白]を仕掛けていた松本。

安全牌がなく、[九]を選んで一発で放銃となる。

オーラス 松本の手牌 ©ABEMA

裏が1枚乗り、7700のアガリ。トップは瑞原に変わる。

オーラス 亜樹 リーチ・一発・裏1 ©ABEMA

オーラス1本場は瑞原が30400点持ち、松本が28600、亜樹が22900、内川が18100という並びに変わる。

跳満ツモでトップになる内川、ドラ3の手で嵌[6]に狙いを定めてリーチ。

オーラス1本場 内川の手牌 ©ABEMA

山には2枚残りだったが、引くことは叶わず流局。

着順そのままで幕を閉じた。

オーラス1本場 流局 ©ABEMA

昨シーズンMVPの瑞原が今期4回目の嬉しいトップ。

個人スコアは暫定首位となった。

Piratesの巻き返しに期待がかかる。

第1試合トップの瑞原 ©ABEMA

第1試合結果
1位 瑞原(Pirates)+50.4
2位 松本(ABEMAS)+7.6
3位 亜樹(風林火山)▲18.1
4位 内川(サクラナイツ)▲39.9

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top