麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/1 Mリーグ2022-23 第2試合結果】これぞ麻雀星人!久々登板の多井隆晴がパーフェクトゲームを展開し堂々のトップ獲得!ABEMASは再び500ポイント超え!

【12/1 Mリーグ2022-23 第2試合結果】これぞ麻雀星人!久々登板の多井隆晴がパーフェクトゲームを展開し堂々のトップ獲得!ABEMASは再び500ポイント超え!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」35日目が12月1日(木)に開催された。

12月1日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:岡田紗佳

南:二階堂瑠美

西:多井隆晴

北:鈴木優

第2試合

東1局、親番の岡田が絶好の[六]を引き入れ先制リーチ。

東1局 岡田の手牌 ©ABEMA

多井にも高目三色のテンパイが入り、追いかけリーチ。

東1局 多井の手牌 ©ABEMA

仕掛けていれた優もテンパイ。いきなり3者がぶつかる。

東1局 優の手牌 ©ABEMA

結果は多井が安め[⑤]を一発ツモ。

1000・2000の加点で立ち上がりとなった。

東1局 多井 リーチ・一発・ツモ 1000・2000 ©ABEMA

東2局、多井が七対子でテンパイ。

[⑥]を切っているため[⑨]は狙い目かと思われたが、ここは慎重にダマを選択。

東2局 多井の手牌 ©ABEMA

そこに優から[3][4]待ちのリーチが入る。

[3]なら三暗刻がついて跳満になる大物手。

東2局 優の手牌 ©ABEMA

これを受けて多井は[二]を対子で落とし一度撤退。

しかしその後ドラの[1]が重なり、今度は[⑨]を勝負として優の当たり牌でもある[4]単騎で復活する。

東2局 多井の手牌 ©ABEMA

結果はなんと多井が[4]をツモ。

麻雀星人ならではの完璧な手順で2000・4000のアガリを決めた。

東2局 多井 ツモ・七対子・ドラ2 2000・4000 ©ABEMA

東3局は優が[東]をポンして僅か4巡でテンパイ。

瑠美から2000のアガリで局を進める。

東3局 優 東・ドラ1 2000 ©ABEMA

東4局は優が満貫のダマテンを入れる。

東4局 優の手牌 ©ABEMA

終盤に多井も赤2のテンパイ。[1]が場に4枚切れており、ダマに受ける。

東4局 多井の手牌 ©ABEMA

優が切った[2]を岡田が長考の末チー。

聴牌打牌の[4]が捕まり多井の5200のアガリとなった。

東4局 岡田の手牌 ©ABEMA
東4局 多井 タンヤオ・赤2 5200 ©ABEMA

多井がリードを保ったまま南入。

南1局、瑠美が一手替わり三色の変化があるピンフ・ドラ1のテンパイをダマにとる。

南1局 瑠美の手牌 ©ABEMA

苦しい配牌から[発]を仕掛けた親番の岡田も追いつく。

12000確定かつ[①]が狙い目とみて、シャンポンに受ける打[6]

南1局 岡田の手牌 ©ABEMA

これが瑠美への放銃となる。瑠美2000のアガリ。

南1局 瑠美 ピンフ・ドラ1 ©ABEMA

南2局は多井が瑠美から2000をアガり親を落とす。

南2局 瑠美の手牌 ©ABEMA
南2局 多井 ピンフ・ドラ1 2000 ©ABEMA

南3局は親番の多井がダメ押しの先制リーチ。

南3局 多井の手牌 ©ABEMA

3段目に差し掛かったところで[④]をツモ。

4000オールのアガリで5万点を超え、トップを盤石のものにした。

南3局 多井 リーチ・ツモ・ピンフ・赤1・ドラ1 4000オール ©ABEMA

続く南3局1本場、優がピンフの先制リーチ。

南3局1本場 優の手牌 ©ABEMA

多井は[二][五]で追いつくが、優の現物のためダマにとる。

南3局1本場 多井の手牌 ©ABEMA

結果は優が[六]をツモ。700・1300のアガリでオーラスへ。

南3局1本場 優 リーチ・ツモ・ピンフ 700・1300 ©ABEMA

オーラス、多井が56800点持ち、親番の優が22000、瑠美が13200、岡田が8000という並び。

先制テンパイは多井。優の現物である[②]待ちで一盃口のヤミテンを入れる。

オーラス 多井の手牌 ©ABEMA

直後に優がピンフでリーチ。

オーラス 優の手牌 ©ABEMA

これを受けて岡田が[②]の対子を選び多井に放銃。

多井2600のアガリで決着を付けた。

オーラス 岡田の手牌 ©ABEMA
オーラス 多井 一盃口・赤1 2600 ©ABEMA

11月17日以来、久々の登板となった多井が嬉しいトップ。

ABEMASは3度目の500ポイント超えを果たした。

第2試合トップの多井 ©ABEMA

第2試合結果
1位 多井(ABEMAS)+80.4
2位 優(Pirates)+1.0
3位 瑠美(風林火山)▲26.8
4位 岡田(サクラナイツ)▲54.6

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月1日トータル結果

ABEMAS(松本2着・多井1着)+88.0
Pirates(瑞原1着・優2着)+51.4
風林火山(亜樹3着・瑠美3着)▲44.9
サクラナイツ(内川4着・岡田4着)▲94.5

ABEMASが大きな加点に成功、風林火山との差を大きく広げて万全の態勢だ。Piratesは難しい局面を乗り切り6位に浮上。苦しい結果となったのはサクラナイツ。攻めるべき手を攻めたが結果に結びつかず苦しい連続4着で7位に後退となった。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月2日の対戦カード ©ABEMA
12月1日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top