麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【1/20 Mリーグ2022-23 第2試合結果】小林剛が4回のアガリで超接戦を制し、28400点のトップを獲得!Piratesは同日連勝で大きくポイントを伸ばして3位に浮上!

【1/20 Mリーグ2022-23 第2試合結果】小林剛が4回のアガリで超接戦を制し、28400点のトップを獲得!Piratesは同日連勝で大きくポイントを伸ばして3位に浮上!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」60日目が1月20日(金)に開催された。

1月20日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:多井隆晴

南:滝沢和典

西:村上淳

北:小林剛

第2試合

東1局、小林が暗刻の[②]をポンして強引に染め手へと向かう。

親番の多井が[七]を両面チーして三面張のテンパイ取り、滝沢から2900のアガリ。

東1局 小林の手牌 ©ABEMA
東1局 滝沢の手牌 ©ABEMA
東1局 多井 タンヤオ, 赤ドラ×1 2900 ©ABEMA

東1局1本場は村上のドラ4リーチに滝沢が追いかける展開。

村上の[③][⑥][⑨]は山に5枚、滝沢の[五][八]は山に6枚。

合計11山の捲り合いは、滝沢が[八]をツモって決着となる。

1300・2600を加点して親番へ。

東1局1本場 村上の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 滝沢 リーチ, ツモ, ピンフ, 赤ドラ×1 1300・2600 ©ABEMA

東2局は滝沢の親リーチに小林が[白]の後付けで押し返す。

滝沢が[②]を掴んで小林が3900のアガリ。

東2局 滝沢の手牌 ©ABEMA
東2局 小林 白, ドラ×1, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA

東3局は小林がタンヤオで仕掛けて村上から2000のアガリ。

東3局 村上の手牌 ©ABEMA
東3局 小林 タンヤオ, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

東4局、滝沢がピンズの清一色で仕掛けるなか、多井が[五][八]待ちで先制リーチ。

しかしこの局は七対子・ドラ2のヤミテンを入れていた村上に軍配が上がる。

多井の現物である[2]を自力で引き、2000・4000のアガリ。

東4局 多井の手牌 ©ABEMA
東4局 村上 ツモ, チートイツ, ドラ×2 2000・4000 ©ABEMA

全員20,000点台の平たい状況で南入。

南1局は小林が[北]のポンテンを取らず、門前で進めてリーチを敢行。

1000・2000をツモって依然平たい点数状況が続く。

南1局 小林 リーチ, ツモ, 赤ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

親番の滝沢1人テンパイでの流局を挟んで南2局1本場。

多井が[白]をポンして速攻でテンパイ。

[赤⑤]をツモ、500・1000のアガリで局が進む。

南2局1本場 多井 白, 赤ドラ×1 500・1000 ©ABEMA

南3局は村上の親番。

ドラ表示牌かつ2枚見えの嵌[3]でテンパイすると、これをヤミテンに構える。

同順に仕掛けていた多井が嵌[7]で3900のテンパイ。

[3]を打つが、村上は役無しのためアガれず。

すると今度は村上が[7]を掴む。

南3局 村上の手牌 ©ABEMA

長考の末、村上はテンパイを崩してベタ降りを選んだ。

多井も[白]を絞ってテンパイを崩す。

滝沢が最終手番にテンパイを入れ、1人テンパイで流局となった。

南3局 流局 ©ABEMA

オーラス、持ち点は親番の小林が27,900、村上が26,000、滝沢が24,600、多井が21,500という並び。

多井が清一色、滝沢と小林がタンヤオ、村上が[白]暗刻でそれぞれ仕掛け、激しい空中戦となる。

小林が1000オールをアガって連荘。

オーラス 滝沢の手牌 ©ABEMA
オーラス 小林 タンヤオ, 赤ドラ×1 1000オール ©ABEMA

オーラス1本場、持ち点は小林が31,200、村上が24,900、滝沢が23,500、多井が20,400と変わる。

先制テンパイは村上の嵌[5]

一度はヤミテンに構えるが、次巡に空切りリーチを敢行。

オーラス1本場 村上の手牌 ©ABEMA

多井が[四][七]待ちで追いかけリーチ。

オーラス1本場 多井の手牌 ©ABEMA

山には[赤5]が1枚、[七]が1枚。

力のこもった捲り合いは、多井が[七]をツモって決着。

しかし裏は乗らず、1300・2600のアガリとなり浮上は2着まで。

トップは小林が手にした。

オーラス1本場 多井 リーチ, ツモ, ピンフ, タンヤオ 1300・2600 ©ABEMA

Piratesは第1試合の瑞原に続き同日連勝。ABEMASをかわし3位に浮上した。

第2試合トップの小林 ©ABEMA

第2試合結果
1位 小林(Pirates)+48.4
2位 多井(ABEMAS)+7.2
3位 村上(ドリブンズ)▲17.6
4位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)▲38.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月20日トータル結果

Pirates(瑞原1着・小林1着)+107.5
麻雀格闘倶楽部(寿人2着・滝沢4着)▲26.0
ドリブンズ(たろう3着・村上3着)▲33.8
ABEMAS(白鳥4着・多井2着)▲47.7

Piratesが素点は小さかったものの競り合いを制し連勝。順位点が大きいルールだけに大きな勝利と言える。この連勝でABEMASをかわすことに成功、更に上位まで狙って行けるか。

ドリブンズはトップまであと一歩の所まで迫るが結果は3着でポイントを失う決着に。▲600ポイントをこえてしまいいよいよこれ以上は負けられない水準まで追い込まれた。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
1月23日の対戦カード ©ABEMA
1月20日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top