麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【4/28 Mリーグ2022-23 第2試合結果】執念のツモ切りリーチ!渋川難波が果敢に踏み込んでいき、サクラナイツの窮地を救うトップ獲得!Piratesは痛恨の2戦連続4着、残り4試合で巻き返せるのか!?

【4/28 Mリーグ2022-23 第2試合結果】執念のツモ切りリーチ!渋川難波が果敢に踏み込んでいき、サクラナイツの窮地を救うトップ獲得!Piratesは痛恨の2戦連続4着、残り4試合で巻き返せるのか!?

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「朝日新聞Mリーグ 2022-23 セミファイナルシリーズ 」12日目が4月28日(金)に開催された。

4月28日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:松ヶ瀬隆弥

南:渋川難波

西:黒沢咲

北:小林剛

第2試合

東1局、親の松ヶ瀬が[四][七]待ちの先制リーチ。

自風[北]をポンしていた小林が[二][五]待ちで追いつくと、[赤5]もプッシュして強気に勝負を仕掛けていく。

そこに渋川も追いつくが、宣言牌として打ち出した[四]で松ヶ瀬に放銃。

松ヶ瀬が5800を加点してスタート。

東1局 小林の手牌 ©ABEMA
東1局 渋川の手牌 ©ABEMA
東1局 松ヶ瀬 リーチ, ピンフ, イーペーコー 5800 ©ABEMA

東1局1本場は渋川、小林、黒沢の3軒リーチ。

渋川の[①][1]は山に1枚、小林の[1][4]は1枚、黒沢の[6][9]は2枚という状況で、結果は渋川ツモ。

1000・2000のアガリで前局の失点を取り返した。

東1局1本場 小林の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 渋川 リーチ, ツモ, 赤ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

東2局、東2局1本場と2局続けて渋川の1人テンパイで流局。

続く東2局2本場、黒沢が[2][5]待ちのリーチを掛けると、3段目に差し掛かったところで[5]ツモ。

1300・2600のアガリを決めた。

東2局2本場 黒沢 リーチ, ツモ, 赤ドラ×1 1300・2600 ©ABEMA

東3局、小林に中張牌が押し寄せ、難しい選択を強いられる。

小林はシャンテン戻しの打[五]を選択。

東3局 小林の手牌 ©ABEMA

[7]を2枚引いたことで、[三][六]待ちリーチにたどり着く。

すると[三]を一発ツモ。会心の3000・6000を決め、小林がトップ目に浮上した。

東3局 小林 リーチ, 一発, ツモ, ピンフ, タンヤオ, 赤ドラ×1 3000・6000 ©ABEMA

東4局は黒沢、親の小林、渋川の3軒リーチ。

小林が[②]を掴んで黒沢の[②][⑤][⑧]に放銃。

3900のアガリで平たい点数状況になって南入となる。

東4局 小林の手牌 ©ABEMA
東4局 渋川の手牌 ©ABEMA
東4局 黒沢 リーチ, ピンフ, タンヤオ 3900 ©ABEMA

南1局も松ヶ瀬以外の3軒リーチ。

小林のピンフ・ドラ1リーチに黒沢が七対子で追いかけ、直後にヤミテンを入れていた渋川がツモ切りリーチを敢行する。

小林が[5]を掴み、渋川の大物手が炸裂。

12000のアガリを決め、トップに浮上した。一方小林は2局連続の放銃で苦しいラス転落。

南1局 黒沢の手牌 ©ABEMA
南1局 小林の手牌 ©ABEMA
南1局 渋川 リーチ, タンヤオ, 三色同順, ドラ×1, 赤ドラ×1 12000 ©ABEMA

南2局は松ヶ瀬の1人テンパイで流局し、南3局1本場。

[七]をチーしてタンヤオのテンパイを取った渋川が海底で[③]を手繰り寄せる。

積極的に前に出たことで、500・1000のアガリをものにした。

南3局1本場 渋川 タンヤオ, ハイテイ 500・1000 ©ABEMA

オーラス、持ち点は渋川が38,000、黒沢が25,500、松ヶ瀬が24,600、親の小林が11,900という並び。

チーム状況を鑑みた黒沢の徹底した絞りによって小林にテンパイが入らず、流局でゲームセット。

松ヶ瀬は形式テンパイを入れていたことで黒沢を捲り、2着に浮上を果たした。

オーラス 流局 ©ABEMA

最後は渋川が逃げ切ってトップを獲得。

5戦連続の4着で窮地に立たされていたサクラナイツ。反撃の狼煙となる勝利をもたらした。

第2試合トップの渋川 ©ABEMA

第2試合結果
1位 渋川(サクラナイツ)+59.5
2位 松ヶ瀬(風林火山)+6.1
3位 黒沢(雷電)▲16.0
4位 小林(Pirates)▲49.6

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

4月28日トータル結果

雷電(萩原1着・黒沢3着)+45.3
サクラナイツ(岡田3着・渋川1着)+41.9
風林火山(亜樹2着・松ヶ瀬2着)+10.0
Pirates(瑞原4着・小林4着)▲97.2

Piratesが悪夢の4着4着となり大きく後退、ファイナル進出ボーダーまで大きく突き放された。雷電、風林火山が一歩上に抜けたことも痛く、現実的にはABEMAS、麻雀格闘倶楽部をターゲットとすることになるだろう。

週明けの月、火がPiratesの残りの4戦。最終日戦うことができない以上、この4戦で100ポイント近い加点を狙いたい所だろう。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
4月31日の対戦カード ©ABEMA
4月28日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top