麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【5/16 Mリーグ2022-23 第1試合結果】戦慄の16000オール!滝沢和典が役満・四暗刻を決めて圧巻のトップ獲得!麻雀格闘俱楽部は2位へ浮上、首位ABEMASに大接近!

【5/16 Mリーグ2022-23 第1試合結果】戦慄の16000オール!滝沢和典が役満・四暗刻を決めて圧巻のトップ獲得!麻雀格闘俱楽部は2位へ浮上、首位ABEMASに大接近!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「朝日新聞Mリーグ 2022-23 ファイナルシリーズ 」6日目が5月16日(火)に開催された。

5月16日の対戦カード ©ABEMA
解説:朝倉康心 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:白鳥翔

南:松ヶ瀬隆弥

西:萩原聖人

北:滝沢和典

第1試合

東1局、松ヶ瀬がピンズの混一色狙いで[発]をポンするも、ソウズの面子ができて萩原から2000のアガリ。

東1局 萩原の手牌 ©ABEMA
東1局 松ヶ瀬 發, ドラ×1 2000 ©ABEMA

東2局は親の松ヶ瀬にメンホン・ドラ3の大物手が入るも流局。

東2局 流局 ©ABEMA

続く東2局1本場、萩原が[四][七]待ちの先制リーチ。

宣言牌として打ち出したドラの[東]を滝沢がポンしてテンパイ。

[①][③][赤⑤]から[赤⑤]を勝負し、萩原の現物でもある嵌[②]に狙いを定める。

しかしすぐに萩原が[四]をツモ、500・1000のアガリを決めた。

東2局1本場 滝沢の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 萩原 リーチ, ツモ 500・1000 ©ABEMA

東3局、白鳥が[白][五][七]をポンして嵌[四]の満貫テンパイ。

東3局 白鳥の手牌 ©ABEMA

親の萩原に嵌[⑧]のテンパイが入るも、1枚切れの[西]を引いて一度撤退。

[西]単騎のテンパイに辿り着き、ここでリーチを敢行する。

直後に松ヶ瀬も[④][⑦]待ちでテンパイ、追いかけリーチを放ち、三者の捲り合いに突入。

東3局 萩原の手牌 ©ABEMA
東3局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

捲り合いは白鳥が[四]ツモで制し、2000・4000のアガリを決めた。

東3局 白鳥 白, ホンイツ, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東4局、萩原がドラ表示牌の嵌[7]待ちで先制リーチ。

この時点で親の滝沢は三暗刻のイーシャンテンだったが、手牌が次々と縦に伸びていき四暗刻テンパイに。

追いかけリーチに打って出る。

東4局 萩原の手牌 ©ABEMA
東4局 滝沢の手牌 ©ABEMA

滝沢が[⑧]を一発ツモ。

ファイナル終盤、滝沢のクールな16000オールの発声が響いた。

持ち点は6万を超え、1人悠々のトップ目に。

東4局 滝沢 四暗刻 16000オール ©ABEMA

東4局1本場は手牌に12枚ピンズが押し寄せた白鳥が仕掛けてチンイツ・赤1のテンパイ。

[②][③]待ちから[②][⑤][⑧]待ちに変わると、[②]をツモって3000・6000。

松ヶ瀬と萩原が苦しい点数状況のなか南入。

東4局1本場 白鳥 チンイツ, 赤ドラ×1 12000 ©ABEMA

南1局、萩原がピンフ・ドラ2の先制リーチ。

親の白鳥が単騎待ちで追いつくと、現物の[八]単騎を選び[7]を勝負して萩原に放銃。

裏が乗って12000のアガリとなった。

南1局 白鳥の手牌 ©ABEMA
南1局 萩原 リーチ, ピンフ, イーペーコー, ドラ×2, 裏ドラ×2 12000 ©ABEMA

南2局は松ヶ瀬が[1][4][7]待ちで待望の親リーチ。

萩原が満貫のヤミテンを入れるも、[7]を掴んで放銃となる。

5800のアガリによって、3着と4着が入れ替わった。

南2局 萩原の手牌 ©ABEMA
南2局 松ヶ瀬 リーチ, ピンフ, タンヤオ 5800 ©ABEMA

しかし続く南2局1本場で今度は萩原が松ヶ瀬から5200の直撃。

松ヶ瀬はチーム状況も相まって押しを選ぶほかなかった。

再び萩原が3着、松ヶ瀬が4着に。

南2局1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 萩原 リーチ, 赤ドラ×2 5200 ©ABEMA

南3局は白鳥がピンフ・赤1のヤミテンを萩原からアガってオーラスへ。

南3局 萩原の手牌 ©ABEMA
南3局 白鳥 ピンフ, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

オーラス、持ち点は親の滝沢が63,800、白鳥が22,200、萩原が8,400、松ヶ瀬が5,600という並び。

白鳥以外の3者にそれぞれテンパイが入る。

オーラス 滝沢の手牌 ©ABEMA
オーラス 萩原の手牌 ©ABEMA
オーラス 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

白鳥は松ヶ瀬に跳満を打たなければ着落ちしないことから、滝沢と萩原の現物である[八]をツモ切る選択。

これを松ヶ瀬が捉え、8000のアガリで萩原を捲って3着浮上を果たした。

オーラス 白鳥の手牌 ©ABEMA
オーラス 松ヶ瀬 タンヤオ, ドラ×2, 赤ドラ×2 8000 ©ABEMA

大一番で四暗刻を決めた滝沢が堂々のトップ。

麻雀格闘俱楽部は2位へ浮上、首位ABEMASと46.7ポイント差まで迫った。

第1試合トップの滝沢 ©ABEMA

第1試合結果
1位 滝沢(麻雀格闘俱楽部)+83.8
2位 白鳥(ABEMAS)▲5.8
3位 松ヶ瀬(風林火山)▲26.4
4位 萩原(雷電)▲51.6

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

[adinserter name="Block 2"]

第1試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top