麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/7 Mリーグ2023-24 第1試合結果】4連ラスの呪縛から解き放たれる勝利!白鳥翔が跳満和了を皮切りに加点を重ねチームに嬉しいトップを持ち帰る!2着はオーラスで驚異の粘りを見せた伊達朱里紗!

【12/7 Mリーグ2023-24 第1試合結果】4連ラスの呪縛から解き放たれる勝利!白鳥翔が跳満和了を皮切りに加点を重ねチームに嬉しいトップを持ち帰る!2着はオーラスで驚異の粘りを見せた伊達朱里紗!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」47日目が12月7日(木)に開催された。

12月7日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:二階堂瑠美

南:白鳥翔

西:本田朋広

北:伊達朱里紗

第1試合

東1局、本田が1巡目に自風[西]ポン、[⑨]ポンと軽快に仕掛け出す。

そこに[赤5]を引き入れた白鳥が[1][4][7]待ちのフリテンリーチを敢行。

さらに伊達が回りつつ[5][8]シャンポン待ちのテンパイを入れる。

しかしアガリは出ることなく流局、静かな滑り出しとなった。

東1局 流局 ©ABEMA

東2局1本場、またも本田が自風[南]ポンから仕掛け出して早いアガリを目指す。

ほどなくして本田はカン[四]待ちのテンパイに。

チャンス手の入っていた白鳥から[四]が溢れて決着。

本田は2000の加点となった。

東2局1本場 白鳥の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 本田 南, ドラ×1 2000 ©ABEMA

東3局、瑠美がカン[8]、カン[⑦]と引き入れ[①][④]待ちの先制リーチをかける。

瑠美は高目の[①]をツモ。

瑠美は2000・4000の加点に成功した。

東3局 瑠美 リーチ, ツモ, ピンフ, イーペーコー, ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東4局、今度は白鳥が場風[東]ポン、自風[西]ポンと軽快に手を進める。

そこに親の伊達が[1][③]シャンポン待ちの先制リーチ。

同巡、本田もテンパイし[3][6]待ちで追いかけリーチを敢行。

この捲り合いに勝ったのは伊達。

伊達は山から[③]を手繰り寄せる。

伊達は2000オールの加点となり微差ながらトップ目に立った。

東4局 本田の手牌 ©ABEMA
東4局 伊達 リーチ, ツモ, 裏ドラ×1 2000オール ©ABEMA

東4局1本場、白鳥が三色確定のカン[五]待ちでテンパイするとダマテンを選択。

白鳥は[五]をしっかりツモ。

白鳥は3000・6000の大きな加点となり試合は後半戦へ。

東4局1本場 白鳥 ツモ, タンヤオ, 三色同順, ドラ×1, 赤ドラ×1 3000・6000 ©ABEMA

南1局、ここも先制は白鳥。

[赤五]をチーした白鳥は[南][中]シャンポン待ちのダブルバックでテンパイ。

白鳥がすぐに[南]を引いて決着。

白鳥は1300・2600の獲得となった。

南1局 白鳥 ダブ南, 赤ドラ×1 1300・2600 ©ABEMA

南2局、白鳥の勢いは止まらない。

[⑦]を暗刻とした白鳥は[3][6][9]待ちの好形で先制リーチをかける。

白鳥は[3]を一発で山から手繰り寄せる。

白鳥は2000オールの加点に成功した。

南2局 白鳥 リーチ, 一発, ツモ 2000オール ©ABEMA

南2局1本場は全員ノーテンで流局し、南3局2本場へ。

親の本田がダブリ―チャンスの好配牌を入れるもダブリ―とはならなかった。

しかし本田は次巡テンパイし、さらに次巡[5][8]待ちの好形に変化したところでリーチを選択。

本田は[8]を一発でツモ。

本田は2600オールの加点となった。

南3局2本場 本田 リーチ, 一発, ツモ, ピンフ 2600オール ©ABEMA

南3局3本場、本田は[六]を両面チーして[⑧][白]シャンポン待ちのテンパイ。

[西]ポンした瑠美がテンパイ打牌で[⑧]を切ってしまう。

本田は2000の加点となった。

南3局3本場 瑠美の手牌 ©ABEMA
南3局3本場 本田 東 2000 ©ABEMA

南3局4本場は流局し本場が5本詰まれた状態でのオーラスへ。

オーラス5本場、伊達が[白]をポンして連荘を狙う。

そこに本田がカン[④]をチーして[⑧][3]シャンポン待ちのテンパイを入れ2着確保を目指す。

伊達はカン[5]待ちのテンパイとる。

伊達はすぐに待ちを[8]単騎に変化させる。

狙い通り伊達は[8]をツモ。

伊達は500オールの加点と親連荘に成功した。

オーラス5本場 本田の手牌 ©ABEMA
オーラス5本場 伊達 白 500オール ©ABEMA

オーラス6本場は流局しオーラス7本場へ。

伊達は[中]ポンしてさらに連荘を狙いに行く。

程なくして伊達は[1][4]待ちのテンパイを入れる。

そこに白鳥が[八]をチーして[5][8]待ちのテンパイ。

更に同巡、本田が[④][⑦]待ちのリーチを敢行、逆転のトップを目指す。

白鳥が[1]を掴んでしまい伊達への放銃となる。

伊達はトップ目白鳥から1500の直撃に成功、本場も相まってその差を大きく縮めた。

オーラス7本場 本田の手牌 ©ABEMA
オーラス7本場 白鳥の手牌 ©ABEMA
オーラス7本場 伊達 中 1500 ©ABEMA

オーラス8本場、本田が[二][⑦]シャンポン待ちでリーチをかけトップを狙う。

しかし結局アガリは出ることなく流局。

この流局をもって白鳥のトップが確定した。

オーラス8本場 流局で白鳥のトップが確定 ©ABEMA
第1試合トップの白鳥 ©ABEMA

第1試合結果
1位 白鳥(ABEMAS)+54.8
2位 伊達(麻雀格闘倶楽部)+7.4
3位 本田(雷電)▲19.8
4位 瑠美(風林火山)▲42.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top