麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【12/7 Mリーグ2023-24 第2試合結果】3連敗の不調を払拭する大勝利!瀬戸熊直樹が2度の4000オールを中心に要所で大きなアガリをモノにしてトップを持ち帰る!2着はオーラスにギリギリのところで捲り返した多井隆晴!

【12/7 Mリーグ2023-24 第2試合結果】3連敗の不調を払拭する大勝利!瀬戸熊直樹が2度の4000オールを中心に要所で大きなアガリをモノにしてトップを持ち帰る!2着はオーラスにギリギリのところで捲り返した多井隆晴!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」47日目が12月7日(木)に開催された。

12月7日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:多井隆晴

南:瀬戸熊直樹

西:佐々木寿人

北:二階堂亜樹

第2試合

東1局、寿人がいきなりイーシャンテンの好配牌を入れる。

しかし先制は瀬戸熊、[⑤][⑧]待ちでリーチを敢行。

テンパイした寿人から[⑧]が放たれる。

瀬戸熊は8000の獲得となり好スタートを切った。

東1局 寿人の手牌 ©ABEMA
東1局 瀬戸熊 リーチ, ピンフ, タンヤオ, イーペーコー, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

東2局、ここも先制は瀬戸熊。

[南]を暗刻にして瀬戸熊は[二][五]待ちでリーチをかける。

瀬戸熊は[二]を一発でツモ。

瀬戸熊は4000オールの加点で他家を大きく突き放した。

東2局 瀬戸熊 リーチ, 一発, ツモ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 4000オール ©ABEMA

東2局1本場、寿人が2枚切れのカン[二]待ちで先制リーチを敢行。

すぐに瀬戸熊が[2][⑧]シャンポン待ちで追いかけリーチをかける。

寿人は山に残り1枚となっていた[二]を手繰り寄せる。

寿人は2000・4000の加点に成功した。

東2局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 寿人 リーチ, ツモ, ドラ×1, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東3局、瀬戸熊が遠くに小四喜も見える手で[西]をポン。

そこに寿人が[五][八]待ちでリーチを敢行。

更に多井も[九]チーで追いつき、[5][8]待ちテンパイに。

さらに亜樹も七対子[八]単騎でテンパイ。

多井はを[4]引くとカン[5]待ちに変化させる。

しかしアガリは出ず流局となった。

東3局 流局 ©ABEMA

東3局1本場、東3局2本場は流局し東4局3本場へ。

南家の多井が2巡目に自風でドラの[南]を切り手をまっすぐ進める。

そこに亜樹がカン[⑤]を引き入れ[三][六]待ちで先制リーチを敢行。

数巡後、多井は[六][⑥]シャンポン待ちでテンパイし一旦ダマテンに構える。

多井は[②][⑤][⑧]待ちに変化したところでリーチをかける。

ここもアガリは出ず流局。供託は5本積み重なった。

東4局3本場 亜樹の手牌 ©ABEMA
東4局3本場 多井の手牌 ©ABEMA
東4局3本場 流局 ©ABEMA

東4局4本場、多井と寿人が次々と鳴きを入れ空中戦の様相を呈す。

先制テンパイは寿人、[東]をポンして[3][6]待ちに。

次いで多井も[五][八]待ちのテンパイを入れる。

亜樹から[八]が放たれて、多井がこれにロンの声。

多井は1000の加点に加え5本の供託を獲得した。

東4局4本場 寿人の手牌 ©ABEMA
東4局4本場 亜樹の手牌 ©ABEMA
東4局4本場 多井 白 1000 ©ABEMA

南1局、親の多井はブクブクに構える手牌進行が功を奏し[三][六]待ちで先制リーチを敢行。

同巡、瀬戸熊が[6][9]待ちで追いつくとリーチで応戦する。

この2者の捲り合いに勝ったのは多井。

多井は[六]をツモって2000オールの獲得となりトップ目に立った。

南1局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
南1局 多井 リーチ, ツモ, ドラ×1 2000オール ©ABEMA

南1局1本場、ここまで苦しい展開の亜樹が[二][五]待ちで先制リーチ。

寿人が亜樹のリーチにひるまず押し返し、[③][⑥]待ちで追いつくとリーチをかける。

寿人が山から[⑥]を手繰り寄せて活着。

寿人は2000・4000の加点に成功した。

南1局1本場 亜樹の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 寿人 リーチ, ツモ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

南2局、親の瀬戸熊が3巡目にペン[3]待ちの先制リーチを敢行。

瀬戸熊は[3]をしっかりツモ。

瀬戸熊は4000オールの加点でトップ目に立った。

南2局 瀬戸熊 リーチ, ツモ, ドラ×1, 赤ドラ×1 4000オール ©ABEMA

南2局1本場、[発]をポンした寿人が3巡目に混一色の[北]単騎テンパイ。

ほどなくして寿人は待ちを[1][4]に変化させる。

そこにカン[⑦]待ちでテンパイしていた亜樹がツモ切りリーチをかける。

亜樹のスジとなっていた[⑦]を多井が切ってしまう。

亜樹は8000の獲得となった。

南2局1本場 寿人の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 多井の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 亜樹 リーチ, タンヤオ, 赤ドラ×2, 裏ドラ×1 ©ABEMA

南3局は流局し、南3局1本場へ。

亜樹は嬉しいカン[②]を引き入れると[六][九]待ちで先制リーチを敢行。

[発]をポンしていた寿人が[③][⑥]待ちで追いつく。

寿人が[六]を掴んで決着。

亜樹は3900の加点に成功した。

南3局1本場 寿人の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 亜樹 リーチ, ピンフ, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA

オーラス、[東]をポンした亜樹はカン[八]待ちのテンパイに。

そこに多井が[③][⑥]待ちでリーチをかけ2着浮上を狙う。

その直後、亜樹が[八]をツモ。

亜樹は500オールの加点と親連荘に成功した。

オーラス 多井の手牌 ©ABEMA
オーラス 亜樹 東 500オール ©ABEMA

オーラス1本場、[②]をポンした寿人は[1][4]待ちの[4]片アガリの形に。

そこに多井が[四][七]待ちテンパイで追いつき2着浮上を狙う。

さらに亜樹が[④][⑦]待ちのフリテンリーチを敢行。

このリーチを受け、多井になら放銃してもトップがキープできる状況の瀬戸熊は亜樹の現物[四]を切り出す。

多井はこれにロンの声。

多井は8000の加点で2着目に浮上した。

また、この多井のアガリで瀬戸熊のトップが確定した。

オーラス1本場 寿人の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 亜樹の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 多井 タンヤオ, 赤ドラ×3 8000 ©ABEMA
第2試合トップの瀬戸熊 ©ABEMA

第2試合結果
1位 瀬戸熊(雷電)+50.5
2位 多井(ABEMAS)+6.0
3位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲17.6
4位 亜樹(風林火山)▲38.9

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月7日トータル結果

ABEMAS(白鳥1着・多井2着)+60.8
雷電(本田3着・瀬戸熊1着)+30.7
麻雀格闘倶楽部(伊達2着・寿人3着)▲10.2
風林火山(瑠美4着・亜樹4着)▲81.3

ABEMASがデイリートップ、多井は久々の出場となったがオーラスに巻き返して2着。開幕から全試合連対が続いている。
風林火山は悪夢の4連続4着で6位陥落となった。なんとかまだチームポイントはプラス。このままマイナス圏に突入することはなんとしてでも避けたい所だ。

明日は苦しいチーム状況のBEASTとフェニックスが出場。浮上を目指す攻防に注目だ。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月8日の対戦カード ©ABEMA
12月7日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top