麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【12/12 Mリーグ2023-24 第2試合結果】巧みな打ち筋でドリブンズがデイリーダブル!渡辺太が強気の押しと巧妙な鳴きを使い分けてトップを持ち帰る!2着は南3局にホンイツの跳満を決めた本田朋広!

【12/12 Mリーグ2023-24 第2試合結果】巧みな打ち筋でドリブンズがデイリーダブル!渡辺太が強気の押しと巧妙な鳴きを使い分けてトップを持ち帰る!2着は南3局にホンイツの跳満を決めた本田朋広!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」50日目が12月12日(火)に開催された。

12月12日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:渡辺太

南:佐々木寿人

西:本田朋広

北:多井隆晴

第2試合

東1局、本田が[発]ポン、寿人が[中]ポンして空中戦の様相に。

先にテンパイしたのは寿人。

ホンイツの渡りも考えられる手だったが寿人はカン[⑧]待ちのテンパイをとる。

程なくして本田が[2][5]待ちのテンパイ。

寿人から[5]が出て決着。

本田は2900の加点となり静かな滑り出しとなった。

東1局 寿人の手牌 ©ABEMA
東1局 本田 發, 赤ドラ×1 2900 ©ABEMA

東1局1本場、太が[東]をポンしてカン[二]待ちのテンパイ。

程なくして太は[二][五]待ちに変化。

そこに[三][六]待ちで寿人がリーチをかける。

さらに仕掛けていた本田が[⑤][八]シャンポン待ちで追いつく。

三番手の本田が[⑤]をツモって勝利。

本田は2000オールの加点となった。

東1局1本場 太の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 寿人の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 本田 タンヤオ, 赤ドラ×2 2000オール ©ABEMA

東1局2本場、多井が3巡目に[一][四]待ちで早々にリーチをかける。

イーシャンテンの寿人から[一]が放たれて決着。

多井は5200の加点に成功した。

東1局2本場 寿人の手牌 ©ABEMA
東1局2本場 多井 リーチ, ドラ×2 5200 ©ABEMA

東2局、太が七対子[8]単騎で先制リーチを敢行。

すぐに寿人が追いつき、カン[2]待ちのリーチで応戦。

2人のリーチに挟まれた本田は[8]の対子落としを試みるもこれに太がロンの声。

太は12000の大きな加点となった。

東2局 寿人の手牌 ©ABEMA
東2局 本田の手牌 ©ABEMA
東2局 太 リーチ, チートイツ, ドラ×2, 裏ドラ×2 12000 ©ABEMA

東3局は流局し、東3局1本場。

寿人が[4][7]待ちで先制リーチを敢行。

寿人は[4]を一発で山から手繰り寄せる。

寿人は2000・4000の獲得となった。

東3局1本場 寿人 リーチ, 一発, ツモ, ピンフ, ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東4局、ここも先制リーチは寿人。

中盤に[五][八]待ちでテンパイした寿人は迷わずリーチを選択。

そこに太が[5]をチーして[②][⑤]待ちのテンパイに。

さらに多井も[8]チーして[⑥][⑨]待ちの[⑥]片アガリのテンパイとなる。

ドラ[七]を掴んだ多井はオリに回る。

さらに海底の手番で太が[八]を掴み小考ののち降りを選択。

結局、寿人の1人テンパイでの流局で南入となった。

東4局 流局 ©ABEMA

南1局1本場、太がペン[③]をチーして[③][⑥][⑨]待ちの[⑨]片アガリでテンパイ。

イーシャンテンの本田が[⑨]を掴み決着。

太は3900の加点に成功した。

南1局1本場 本田の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 太 一気通貫, ドラ×2 3900 ©ABEMA

南2局、[発]ポンした多井は程なくしてカン[五]待ちのテンパイ。

直後、寿人もカン[3]待ちでテンパイ。

太が[五]を切りリーチの発声をするも多井に捕まる。

多井は2000の獲得となった。

南2局 寿人の手牌 ©ABEMA
南2局 太の手牌 ©ABEMA
南2局 多井 發, ドラ×1 2000 ©ABEMA

南3局、ここまで苦しい本田が混一色の[3][6]待ちでテンパイするとリーチを敢行。

ツモり四暗刻のテンパイとなった多井から[3]が溢れてしまう。

本田は12000の大きな加点に成功した。

南3局 多井の手牌 ©ABEMA
南3局 本田 リーチ, 南, ホンイツ, 赤ドラ×1 12000 ©ABEMA

オーラス、太が場風[南]ポンして速いアガリを狙いに行く。

程なくして太は[四][七]待ちのテンパイ。

そこに寿人が[4][7]待ちのリーチをかけトップ目浮上を目指す。

直後多井もテンパイ、[①][④][⑦]待ちで追いかけリーチを敢行。

熾烈な3軒聴牌となったが、寿人が[四]を掴み、太が押し切る形で決着。ドリブンズがデイリーダブルを決める1日となった。

オーラス 寿人の手牌 ©ABEMA
オーラス 多井の手牌 ©ABEMA
オーラス 太 南 1000 ©ABEMA
第2試合トップの太 ©ABEMA

第2試合結果
1位 太(ドリブンズ)+59.0
2位 本田(雷電)+6.9
3位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲19.5
4位 多井(ABEMAS)▲46.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月12日トータル結果

ドリブンズ(たろう1着・太1着)+121.8
麻雀格闘倶楽部(伊達2着・寿人3着)▲3.8
雷電(萩原4着・本田2着)▲45.9
ABEMAS(日向3着・多井4着)▲72.1

ドリブンズがデイリーダブルで大きく加点に成功。2位まで浮上し首位までもあと一歩となった。

ABEMASが苦戦しトータルポイントはマイナスに。多井も今季初の4着で、現状の4着なしの選手はフェニックスの魚谷のみとなった。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月14日の対戦カード ©ABEMA
12月12日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top