麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【12/14 Mリーグ2023-24 第2試合結果】1試合目のラスを吹き飛ばす勝利!鈴木大介が南場の親番で大きく他家を突き放しチームに嬉しいトップを持ち帰る!2着は鳴きの選択もある中、門前で大きくアガった園田賢!

【12/14 Mリーグ2023-24 第2試合結果】1試合目のラスを吹き飛ばす勝利!鈴木大介が南場の親番で大きく他家を突き放しチームに嬉しいトップを持ち帰る!2着は鳴きの選択もある中、門前で大きくアガった園田賢!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」51日目が12月14日(木)に開催された。

12月14日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:鈴木大介

南:松ヶ瀬隆弥

西:園田賢

北:小林剛

第2試合

東1局、園田が[⑨]ポンから仕掛け出し[白]の後付けを狙う。

[白]をポンできた園田は[②][⑤]待ちでテンパイに。

松ヶ瀬から[②]が溢れて決着。

園田は1000の加点となり静かな滑り出しとなった。

東1局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東1局 園田 白 1000 ©ABEMA

東2局、ドラの[中]を暗刻にした小林が[③][⑥]待ちでテンパイしダマテンを選択。

仕掛けていた園田も同じく[③][⑥]待ちで追いつく。

この捲り合いに勝ったのは小林。

小林はを山から[③]手繰り寄せる。

小林は2000・4000の大きな加点に成功した。

東2局 園田の手牌 ©ABEMA
東2局 小林 ツモ, 中, ドラ×3 2000・4000 ©ABEMA

東3局、小林が[5][8]待ちで先制リーチを敢行。

終盤に大介が追いつき[2][5]待ちでリーチをかけるもこれは純カラ。

さらにポンテンとらずとしていた園田も追いつき[③][⑥]待ちのリーチで応戦。

小林が[⑥]を一発で掴んで決着。

園田は12000の加点でトップ目に立った。

東3局 大介の手牌 ©ABEMA
東3局 小林の手牌 ©ABEMA
東3局 園田 リーチ, 一発, タンヤオ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 12000 ©ABEMA

東3局1本場、大介が自風[西]をポンして混一色に向かう。

程なくして大介は[2][5]待ちのテンパイに。

大介は[5]をしっかりツモ。

大介は2000・4000の加点に成功した。

東3局 大介 西, ホンイツ, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東4局、松ヶ瀬は嬉しいペン[7]から引き入れて[六][九]待ちのリーチを敢行。

2副露入れて手狭になっていた園田から[九]が溢れて決着。

松ヶ瀬は2000の加点となった。

東4局 園田 ©ABEMA
東4局 松ヶ瀬 リーチ, ピンフ 2000 ©ABEMA

南1局、親の大介がタンヤオの確定する[四]から引き入れ[②][⑤]待ちのリーチを敢行。

大介は一人旅となったところで[②]をツモ。

大介は6000オールの大きな加点に成功した。

南1局 大介 リーチ, ツモ, ピンフ, タンヤオ, ドラ×2, 赤ドラ×1 6000オール ©ABEMA

南1局1本場、松ヶ瀬がカン[三]待ちの先制リーチをかける。

そこに小林が回りながら追いつき[②][七]シャンポン待ちのリーチ。

松ヶ瀬が[七]を掴んでしまい、小林がこれにロンの声。

小林は5200の獲得となった。

南1局1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 小林 リーチ, タンヤオ, 赤ドラ×1 5200 ©ABEMA

南2局は流局し南2局1本場。

園田が[③][⑥][⑨]待ちの好形リーチで先制。

手づ待った小林から[③]が放たれて決着。

園田は8000の加点に成功した。

南2局 小林の手牌 ©ABEMA
南2局 園田 リーチ, 赤ドラ×2, 裏ドラ×1 8000 ©ABEMA

南3局、松ヶ瀬が自風[北]をポンして速いアガリを目指す。

程なくして松ヶ瀬はペン[三]待ちのテンパイ。

そこに大介が[六][九]待ちで追いつきダマテンを選択。

更に園田も[6][9]待ちでテンパイしこちらもダマテンに構える。

園田が[三]を掴み、松ヶ瀬がこれにロンの声。

松ヶ瀬は2000の加点に成功した。

南3局 大介の手牌 ©ABEMA
南3局 園田の手牌 ©ABEMA
南3局 松ヶ瀬 北, ドラ×1 2000 ©ABEMA

オーラス、園田がペン[三]待ちの先制リーチ。園田はこの局逆転トップの為には跳満ツモ条件だった。

降りていられない小林が押し返し、[六][九]待ちの追いかけリーチを敢行。

この捲り合いに勝ったのは園田。

園田は[三]を山から手繰り寄せる。

園田は2000・4000の加点となり2着目で終局。

この園田のアガリをもって大介のトップが確定した。

後のインタビューでは「一旦松ヶ瀬さんをオリに回らせることを優先した。場合によっては、小林さんと2人聴牌に持ち込むため、[三]をツモ切る判断もあったが、リーチと言われた以上はアガらざるを得なかった」と判断の要素を語った。

また、ドリブンズはこの半荘の結果でトータルポイントが首位に浮上した。

オーラス 小林の手牌 ©ABEMA
オーラス 園田 リーチ, ツモ, ドラ×1, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA
第2試合トップの大介 ©ABEMA

第2試合結果
1位 大介(BEAST)+64.8
2位 園田(ドリブンズ)+23.7
3位 松ヶ瀬(風林火山)▲32.1
4位 小林(Pirates)▲56.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月14日トータル結果

風林火山(勝又1着・松ヶ瀬3着)+37.9
BEAST(大介4着・大介1着)+16.1
ドリブンズ(浅見3着・園田2着)▲2.6
Pirates(仲林2着・小林4着)▲51.4

微差ながらも風林火山がデイリートップに。松ヶ瀬がなんとか3着に滑り込んで個人の連続4着を食い止めたことも大きいと言える。

ドリブンズは微マイナスとなったが、Piratesが苦しい結果となったためドリブンズが首位に浮上する結果となった。だがまだ上位は混戦、僅差の争いが続いていくだろう。
BEASTはなんとか苦しい状況を耐える結果となった。なんとか年内にもう少し加点を決めて年越しを迎えたい所だ。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月15日の対戦カード ©ABEMA
12月14日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top