麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【1/18 Mリーグ2023-24 第1試合結果】終始攻め続けて大勝利!高宮まりが怒涛のリーチで一発を連発して大きなトップを持ち帰る!2着はオーラスに至難のアガリを決めた堀慎吾!

【1/18 Mリーグ2023-24 第1試合結果】終始攻め続けて大勝利!高宮まりが怒涛のリーチで一発を連発して大きなトップを持ち帰る!2着はオーラスに至難のアガリを決めた堀慎吾!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」67日目が1月18日(木)に開催された。

1月18日の対戦カード ©ABEMA
解説:朝倉康心 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:魚谷侑未

南:渡辺太

西:高宮まり

北:堀慎吾

第1試合

東1局、ドラ[②]暗刻の高宮が倍満も見える[三][六]待ちで先制リーチを敢行。

そこに太が[二][三]待ちで追いかけリーチをかける。

太が[三]をツモって決着。

太は500・1000の加点ながら高宮の大物手を躱すことに成功した。

東1局 高宮の手牌 ©ABEMA
東1局 太 リーチ, ツモ 500・1000 ©ABEMA

東2局、堀が自風[西]をポンして混一色に向かう。

そこに親の太が[4][7]待ちでリーチをかける。

一人旅となった太は[7]をツモ。

太は1000オールの獲得となった。

東2局 太 リーチ, ツモ 1000オール ©ABEMA

東2局1本場、高宮はテンパイとらずでゆったりと手を進めていく。

テンパイとらずが功を奏し、高宮は[四][七]待ちの先制リーチを敢行。

高宮は安目ながら[七]を一発でツモ。

高宮は3000・6000の加点に成功した。

東2局1本場 高宮 リーチ, 一発, ツモ, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×1 3000・6000 ©ABEMA

東3局、自風[北]をポンしていた太は[五][八]待ちでテンパイ。

数巡後、魚谷が[二][五]待ちのリーチをかける。

太は[⑤]を引き一度テンパイを外す。

しかし太は丁寧に回り、再び[五][八]待ちでテンパイ。

しかし結局アガリは出ることなく流局となった。

東3局 流局 ©ABEMA

東4局1本場、堀が七対子[四]単騎待ちで先制リーチ。

魚谷が追いつき、カン[④]待ちの役ありテンパイをダマテンに構える。

さらに高宮が[八]待ちテンパイをするもこれは目に見えて純カラ。

魚谷が[④]をツモって決着。

魚谷は3者を躱して500・1000の獲得となった。

東4局1本場 堀の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 高宮の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 魚谷 ツモ, タンヤオ 500・1000 ©ABEMA

南1局、高宮はカン[⑧]待ちで果敢にリーチをかける。

高宮は[⑧]を一発でツモ。

高宮は2000・4000の加点で他家を突き放した。

南1局 高宮 リーチ, 一発, ツモ, ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

南2局、高宮の1人テンパイで流局し、南3局1本場へ。

ここも高宮が先制。

親の高宮は2巡目に七対子[一]単騎でリーチを敢行。

ヒントの少ないリーチに魚谷が一発で[一]を切ってしまう。

高宮は18000の大きな加点に成功した。

東3局1本場 魚谷の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 高宮 リーチ, 一発, チートイツ, 赤ドラ×2 18000 ©ABEMA

南3局2本場、太がドラ[4]をポンして[発]後付けでのアガリを目指す。

そこに高宮が[7]単騎の役ありテンパイとなり、ダマテンに取る。

堀から[7]が溢れて決着。

高宮は2000のアガリで親連荘となった。

南3局2本場 堀の手牌 ©ABEMA
南3局2本場 高宮 タンヤオ 2000 ©ABEMA

南3局3本場、魚谷が[5]をポンして[2][5]待ちのテンパイに。

そこに太が[④][⑦]待ちのリーチをかける。

更に[白]ポン、[中]ポンと仕掛けていた堀が[④][⑤]待ちのテンパイで追いつく。

[⑥]を持ってきた堀は[④][⑦]待ちに変化。

魚谷が最終手番で[2]をツモ。

魚谷は2000・4000の加点で3着目に浮上した。

南3局3本場 太の手牌 ©ABEMA
南3局3本場 堀の手牌 ©ABEMA
南3局 魚谷 タンヤオ, ドラ×1, 赤ドラ×2 2000・4000 ©ABEMA

オーラス、高宮と太が仕掛けを入れて速いアガリを狙う。

ラス目堀がペン[七]待ちのリーチを敢行。

太から[七]が溢れて決着。

堀は3900の加点で微差ながら3着目に浮上した。

オーラス 太の手牌 ©ABEMA
オーラス 堀 3900 ©ABEMA

オーラス1本場、太が[6][9]待ちの先制リーチで2着キープを狙う。

堀が[五][八]待ちのテンパイで追いつく。

堀は太にツモられたときの着順ダウンを考慮してこれをダマテンに構える。

降りていられない状況の魚谷から[八]が溢れてしまう。

堀は5800の加点で2着目に立った。

オーラス1本場 太の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 魚谷の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 堀 ピンフ, イーペーコー, ドラ×1 5800 ©ABEMA

オーラス2本場、堀は[5][8]待ちのテンパイをまたもダマテンに構える。

すぐに魚谷から[8]が溢れてしまう。

堀は5800の加点に成功した。

オーラス2本場 魚谷の手牌 ©ABEMA
オーラス2本場 堀 ピンフ, タンヤオ, 赤ドラ×1 5800 ©ABEMA

オーラス3本場、高宮が自風[北]をポンして勝負を決めに行く構え。

程なくして高宮は[二][五]待ちのテンパイに。

高宮は[二]を難なくツモ。

高宮は500・1000の加点で自身のトップを確定させた。

オーラス3本場 高宮 北, 赤ドラ×1 500・1000 ©ABEMA
第1試合トップの高宮 ©ABEMA

第1試合結果
1位 高宮(麻雀格闘倶楽部)+83.2
2位 堀(サクラナイツ)+5.0
3位 太(ドリブンズ)▲26.2
4位 魚谷(フェニックス)▲62.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top