麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【1/18 Mリーグ2023-24 第2試合結果】KONAMI格闘倶楽部が同日連勝!伊達朱里紗が効果的なダマテンを活かし、誰も突き抜けない平坦な展開の中競り勝ってトップ獲得!2着は引き際をしっかり見極めた醍醐大!

【1/18 Mリーグ2023-24 第2試合結果】KONAMI格闘倶楽部が同日連勝!伊達朱里紗が効果的なダマテンを活かし、誰も突き抜けない平坦な展開の中競り勝ってトップ獲得!2着は引き際をしっかり見極めた醍醐大!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」67日目が1月18日(木)に開催された。

1月18日の対戦カード ©ABEMA
解説:朝倉康心 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:鈴木たろう

南:醍醐大

西:内川幸太郎

北:伊達朱里紗

第2試合

東1局、伊達が[②][⑤]待ちの先制リーチ。

そこに内川が[①]単騎で追いつき、[④]を切ってリーチをかける。

内川が[⑤]を掴んで決着。

伊達は2000の加点となり、静かな滑り出しとなった。

東1局 内川の手牌 ©ABEMA
東1局 伊達 リーチ, ピンフ 2000 ©ABEMA

東2局、[白]暗刻のたろうはカン[②]待ちのテンパイとなり一旦ダマテンに構える。

内川から[②]が余ってしまう。

たろうは2600の加点となった。

東2局 内川の手牌 ©ABEMA
東2局 たろう 白, 赤ドラ×1 2600 ©ABEMA

東3局、醍醐が[発]ポン、[東]ポン[1]チーとしかけホンイツに向かう。

伊達がカン[⑦]チー、自風[南]ポンと仕掛け、[八][9]シャンポン待ちのテンパイに。

醍醐は程なくしてカン[7]待ちのテンパイとなる。

数巡後、醍醐は[4][8]シャンポン待ちへ変化。

更に内川が役ありの[4][5]待ちテンパイとなりダマテンに構える。

しかし[7]を引いてきた内川はオリに回る。

伊達が[八]をツモって決着。

伊達は2000・4000の加点に成功した。

東3局 醍醐の手牌 ©ABEMA
東3局 伊達 南, ドラ×3, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東4局、たろうがドラの[3]をポンしてタンヤオでのアガリを目指す。

そこに伊達が嬉しいカン[六]を引き[③][⑥]待ちのリーチを敢行。

同巡、たろうも[五][八]待ちでテンパイ。

更に醍醐も[三][六][九]待ちで追いつき、リーチで応戦する。

この3者の捲り合いに勝ったのは醍醐。

たろうが[九]を掴み醍醐がこれにロンの声。

醍醐は3900の獲得となった。

東4局 伊達の手牌 ©ABEMA
東4局 たろうの手牌 ©ABEMA
東4局 醍醐 リーチ, 一発, ピンフ 3900 ©ABEMA

南1局は流局し、南1局1本場へ。

醍醐が[3]カンチーしてカン[⑥]待ちのテンパイに。

そこに[白]をポンしていた伊達がカン[⑥]待ちのテンパイで追いつく。

醍醐が[⑥]をツモって決着。

醍醐は300・500の獲得となった。

南1局1本場 伊達の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 醍醐 タンヤオ 300・500 ©ABEMA

南2局、伊達が七対子[発]単騎でテンパイしダマテンを選択。

ドラ[二]を持ってきた伊達は[二]単騎待ちに変化させる。

イーシャンテンのたろうから[二]が溢れてしまう。

伊達は6400の加点に成功した。

南2局 たろうの手牌 ©ABEMA
南2局 伊達 チートイツ, ドラ×2 6400 ©ABEMA

南3局、ここまで苦しい展開の内川が[②][⑤]待ちで先制リーチ。

内川は[②]をしっかりツモ。

内川は2600オールの加点で3着目に浮上した。

南3局 内川 リーチ, ツモ, ピンフ, 裏ドラ×1 2600オール ©ABEMA

南3局1本場、[発]をポンしていた醍醐がカン[4]待ちのテンパイ。

そこにたろうが[3][6]待ちでリーチを敢行。

このリーチを受けて醍醐はオリに回る。

たろうはを山から[6]手繰り寄せる。

たろうは2000・4000の加点に成功し、3着目に立ってオーラスへ。

南3局1本場 たろう リーチ, ツモ, ドラ×1, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

オーラス、醍醐は役なしの[六][九]待ちでテンパイしダマテンに構える。

醍醐は[八]を掴み、一旦テンパイを外して回る選択。

そこに内川が跳満確定のカン[⑦]待ちでテンパイする。

しかし結局アガリは出ることなく流局。

この流局をもって伊達のトップが確定した。

オーラス 流局で伊達のトップが確定 ©ABEMA
第2試合トップの伊達 ©ABEMA

第2試合結果
1位 伊達(麻雀格闘倶楽部)+53.8
2位 醍醐(フェニックス)+5.1
3位 たろう(ドリブンズ)▲19.1
4位 内川(サクラナイツ)▲39.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月18日トータル結果

麻雀格闘倶楽部(高宮1着・伊達1着)+137.0
サクラナイツ(堀2着・内川4着)▲34.8
ドリブンズ(太3着・3着)▲45.3
フェニックス(魚谷4着・醍醐2着)▲56.9

2024年に入ってトップが無かった麻雀格闘倶楽部がここで大きな同日連勝、ドリブンズをかわして3位に浮上した。

ドリブンズはなんと6連続3着と停滞ムード。しかしなんとか4着を回避してポイントを維持している。

フェニックスは魚谷が苦しい4着に。しかし避けようのない苦しい4着だった。まだ試合数は残り36、まだまだ挽回の効く状況と言えるだろう。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
1月19日の対戦カード ©ABEMA
1月18日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top