麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【1/25 Mリーグ2023-24 第2試合結果】魔王の復活!佐々木寿人が得意の攻めでトップ目の激しく入れ替わるシーソーゲームを制してトップ獲得!2着は見事なフリテンリーチを決めた魚谷侑未!

【1/25 Mリーグ2023-24 第2試合結果】魔王の復活!佐々木寿人が得意の攻めでトップ目の激しく入れ替わるシーソーゲームを制してトップ獲得!2着は見事なフリテンリーチを決めた魚谷侑未!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」71日目が1月25日(木)に開催された。

1月23日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:佐々木寿人

南:鈴木大介

西:渡辺太

北:魚谷侑未

第2試合

東1局、寿人が嬉しいカン[五]を引き入れ[5][9]シャンポン待ちの先制リーチを敢行。

イーシャンテンの太から[9]が放たれて決着。

寿人は12000の大きな加点で好スタートを切った。

東1局 太の手牌 ©ABEMA
東1局 寿人 リーチ, イーペーコー, 赤ドラ×2 12000 ©ABEMA

 

東1局1本場、ダブ[東]をポンしていた寿人は[①][④][⑦]待ちのテンパイに。

太から[①]が余ってしまう。

寿人は2900の獲得となった。

東1局1本場 太の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 寿人 ダブ東 2900 ©ABEMA

東1局2本場、大介が[①][④]待ちの先制リーチをかける。

親の寿人はこのリーチを受けても押し返す姿勢。

しかし大介が[①]をツモって決着。

大介は2000・4000の獲得となった。

東1局2本場 大介 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東2局は流局し、東3局1本場へ。

魚谷が[中]ポン、[⑨]ポンと仕掛けホンイツ進行。

大介がドラ[②]を切って役なしのカン[⑦]待ちでテンパイしダマテンに。

数巡後、魚谷は[①][④]待ちでテンパイ。

しかしこの局もアガリは出ることなく流局となった。

東3局1本場 流局 ©ABEMA

東4局2本場、寿人が[③]をポンして[発][中]の後付けを狙う。

そこに魚谷が[3][6][9]待ちで先制リーチ。

魚谷はしっかり[9]をツモ。

魚谷は2600オールの加点に成功しトップ目に立った。

東4局2本場 魚谷 リーチ, ツモ, ピンフ, 赤ドラ×1 2600オール ©ABEMA

東4局3本場、寿人がラスト1枚の[4]を引き入れ[④][⑦]待ちの先制リーチ。

そこに大介が[白]をポンしてカン[五]待ちのテンパイで追いつく。

更に魚谷が役なしの[⑦]単騎待ちでテンパイし、一旦ダマテンに構える。

次巡、[三][六][九]待ちとなった魚谷はリーチを宣言するも[⑦]が余ってしまう。

寿人は8000の加点に成功した。

東4局3本場 大介の手牌 ©ABEMA
東4局3本場 魚谷の手牌 ©ABEMA
東4局3本場 寿人 リーチ, ピンフ, 赤ドラ×2 8000 ©ABEMA

南1局、トップ目寿人がホンイツ仕掛けで攻め立てる。

そこに大介が[一][四]待ちのリーチをかける。

寿人が押し返すも大介が[四]をツモ。

大介は1000・2000の獲得となった。

南1局 大介 リーチ, ツモ, ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

南2局、魚谷はペン[3]待ちのテンパイとなるが一旦このテンパイを外す。

魚谷はカン[六]待ちのテンパイになり今度はこれをダマテンに。

魚谷は[六]をツモるもアガらない。

魚谷は[⑧]を切って[②][⑤][⑧]待ちフリテンリーチの選択。

魚谷は狙い通り[②]を一発でツモ。

魚谷は3000・6000の大きな加点に成功した。

南2局 魚谷 リーチ, 一発, ツモ, ピンフ, 三色同順, 赤ドラ×1 3000・6000 ©ABEMA

 

南3局、寿人が場風[南]をポンしてあっという間にカン[五]待ちのテンパイ。

太から[五]がすぐに余ってしまう。

寿人は1300の加点、トップ目魚谷との差を1900としオーラスに入った。

南3局 太の手牌 ©ABEMA
南3局 寿人 南 1300 ©ABEMA

オーラス、太は[七]をチーして[⑥][⑨]待ちのテンパイを取る。

[中][南]をポンしていた魚谷が[三][六]待ちテンパイで追いつく。

更に寿人が[⑤][⑧]待ちのリーチで応戦。

ドラ[⑧]を掴んだ太は[⑤][⑧]シャンポン待ちへ変化。

この捲り合いに勝ったのは寿人。

寿人はを[赤⑤]ツモって2000・4000の加点となり、トップを獲得した。

オーラス 太の手牌 ©ABEMA
オーラス 魚谷の手牌 ©ABEMA
オーラス 寿人 リーチ, ツモ, ピンフ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

第2試合トップの寿人 ©ABEMA

第2試合結果
1位 寿人(麻雀格闘倶楽部)+63.9
2位 魚谷(フェニックス)+13.8
3位 大介(BEAST)▲12.7
4位 太(ドリブンズ)▲65.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月25日トータル結果

麻雀格闘倶楽部(伊達3着・寿人1着)+44.0
BEAST(猿川1着・大介3着)+40.9
フェニックス(茅森4着・魚谷2着)▲29.6
ドリブンズ(たろう2着・太4着)▲55.3

寿人がシーズン序盤の10月3日以来の久々のトップを獲得し、麻雀格闘倶楽部がドリブンズをかわして3位に。BEASTは猿川のトップでフェニックスをかわして8位に浮上した。

明日が風林火山が出場、現在個人最下位と苦しむ松ヶ瀬の先発が明言されている。ここでの戦いを終盤戦への起爆剤とできるか。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
1月26日の対戦カード ©ABEMA
1月25日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top