麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【1/29 Mリーグ2023-24 第2試合結果】麻雀賢者の腕の見せ所!園田賢が東場でコツコツ加点して得たリードを一時捲られるも得意の鳴きを駆使して再逆転トップ!2着は2軒リーチに屈さず押し切った瀬戸熊直樹!

【1/29 Mリーグ2023-24 第2試合結果】麻雀賢者の腕の見せ所!園田賢が東場でコツコツ加点して得たリードを一時捲られるも得意の鳴きを駆使して再逆転トップ!2着は2軒リーチに屈さず押し切った瀬戸熊直樹!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」73日目が1月29日(月)に開催された。

1月29日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:園田賢

南:渋川難波

西:菅原千瑛

北:瀬戸熊直樹

第2試合

東1局、瀬戸熊が中盤に[6][9]待ちの先制リーチ。

そこにペン[③]待ちのテンパイとなった菅原がリーチ者の現物ということもありダマテンで勝負にでる。

さらに仕掛けていた園田がカン[三]待ちでテンパイする。

管原が[三]を掴んで決着。

園田は2900の加点に成功した。

東1局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東1局 菅原の手牌 ©ABEMA
東1局 園田 タンヤオ, 赤ドラ×1 2900 ©ABEMA

東1局1本場は流局し、東2局2本場へ。

園田が七対子[③]単騎でテンパイすると迷わずリーチを敢行。

イーシャンテンの瀬戸熊から[③]が余ってしまう。

裏ドラが乗り園田は8000の加点となった。

東2局2本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東2局2本場 園田 リーチ, チートイツ, 裏ドラ×2 8000 ©ABEMA

東3局、またも園田が先制リーチ。

園田は[一][四]待ちでリーチをかける。

[発]ポン、ダブ[東]ポンと仕掛けていた管原が押し返しカン[七]待ちのテンパイに。

園田が[一]を山から手繰り寄せる。

園田は1000・2000の加点に成功した。

東3局 菅原の手牌 ©ABEMA
東3局 園田 リーチ, ツモ, 中 1000・2000 ©ABEMA

東4局、ここまで息をひそめていた渋川が跳満の見える[③][⑥]待ち先制リーチ。

このリーチを受け他家はオリ気味の進行に。

一人旅となった渋川は最後の手番に[⑥]をツモ。

渋川は3000・6000の加点に成功した。

東4局 渋川 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×2 3000・6000 ©ABEMA

南1局、[発]をポンしていた瀬戸熊はカン[⑧]待ちのテンパイとなる。

そこに[①][9]シャンポン待ちテンパイとなった菅原がリーチを敢行。

さらに同巡、[1][4]待ちで園田がテンパイしダマテンに構える。

次巡、先制リーチに通っていない[8]を掴んだ園田はツモ切りリーチをかける。

この3人の捲り合いは2軒リーチに挟まれながらも押し切った瀬戸熊の勝ち。

園田が[⑧]を掴み瀬戸熊がこれにロンの声。

瀬戸熊は3900の獲得となった。

南1局 菅原の手牌 ©ABEMA
南1局 園田の手牌 ©ABEMA
南1局 瀬戸熊 發, ドラ×1, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA

南2局、ドラ[北]を3枚持っている瀬戸熊は4巡目にカン[2]待ちのリーチを敢行。

手詰まった菅原から[2]が放たれて決着。

瀬戸熊は8000の加点に成功した。

南2局 菅原の手牌 ©ABEMA
南2局 瀬戸熊 リーチ, ドラ×3, 裏ドラ×1 8000 ©ABEMA

南3局 親の菅原はカン[7]待ちで先制リーチ。

オタ風[北]をポンしていた園田が[5][西]シャンポン待ちテンパイで追いつく。

自風[西]片アガリの形だったが園田は[西]をしっかりツモ。

園田は1600・3200の加点に成功、ややリードを持ったトップ目でオーラスに入った。

南3局 菅原の手牌 ©ABEMA
南3局 園田の手牌 西, ドラ×1, 赤ドラ×1 1600・3200 ©ABEMA

オーラス、渋川が[①][④][2]待ちでリーチをかけツモってのトップ目浮上を狙う。

直後、ラス目の菅原も七対子ドラ[③]単騎でテンパイし追いかけリーチを敢行。

渋川が[③]を掴んで決着。

管原は12000の加点で素点を回復するも着順浮上とはならなかった。

また、このアガリをもって園田のトップが確定した。

オーラス 渋川の手牌 ©ABEMA
オーラス 菅原 リーチ, チートイツ, ドラ×2, 裏ドラ×2 12000 ©ABEMA
第2試合トップの園田 ©ABEMA

第2試合結果
1位 園田(ドリブンズ)+60.0
2位 瀬戸熊(雷電)+3.7
3位 渋川(サクラナイツ)▲19.6
4位 菅原(BEAST)▲44.1

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月29日トータル結果

ドリブンズ(浅見3着・園田1着)+44.0
BEAST(中田1着・菅原4着)+15.2
サクラナイツ(岡田2着・渋川3着)▲2.9
雷電(萩原4着・瀬戸熊2着)▲56.3

園田が久々のトップを獲得してチーム、個人スコアが再び200ポイントに到達。BEASTは中田が遂にMリーグ初勝利を飾った。菅原は苦しい戦いとなったがオーラスの跳満で素点を回復、今後また巻き返していきたい。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
1月30日の対戦カード ©ABEMA
1月29日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top