麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【1/30 Mリーグ2023-24 第1試合結果】南場に入ってから追い上げてトップ獲得!醍醐大が序盤苦しむも南場に入ってから次々と得点を重ね逆転勝利を掴む!2着はオーラスのトップ条件立直が惜しくも実らなかった松ヶ瀬隆弥!

【1/30 Mリーグ2023-24 第1試合結果】南場に入ってから追い上げてトップ獲得!醍醐大が序盤苦しむも南場に入ってから次々と得点を重ね逆転勝利を掴む!2着はオーラスのトップ条件立直が惜しくも実らなかった松ヶ瀬隆弥!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」74日目が1月30日(火)に開催された。

1月30日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:醍醐大

南:松本吉弘

西:松ヶ瀬隆弥

北:小林剛

第1試合

東1局、松ヶ瀬はドラの[白]をポン、他家にプレッシャーがかかる。

松ヶ瀬は程なくして[③][⑥]待ちのテンパイに。

数巡後、小林がフリテンの[二][五]待ちテンパイとなりダマテンに構える。

同巡、松本も[3][6]待ちでテンパイ、こちらもダマテンに取る。

目立っている松ヶ瀬の現物[3]が小林から放たれて決着。

松本は2000の加点ながら大物手を躱すことに成功した。

東1局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東1局 小林の手牌 ©ABEMA
東1局 松本 ピンフ, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

東2局、序盤に松本が[三]を暗槓し、やや攻めの姿勢。

松本は[2][5]待ちの先制リーチをかける。

親の松本のリーチを受けて他家はオリに回る。

一人旅となった松本は[5]をしっかりツモ。

裏ドラは乗らず松本は1300オールの加点となった。

東2局 松本 リーチ, ツモ 1300オール ©ABEMA

東2局1本場、松ヶ瀬が三暗刻確定のカン[⑤]待ちテンパイとなりダマテンに。

松ヶ瀬の聴牌気配はまだ薄く、小林から[⑤]が放たれてしまう。

松ヶ瀬は6400の加点となった。

東2局1本場 小林の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 松ヶ瀬 三暗刻, ドラ×1 6400 ©ABEMA

東3局、松ヶ瀬が[発]をポンして索子の混一色進行。

そこに醍醐がオタ風[南]をポンして[一][三][四][六][七]待ちの混一色テンパイに。

松ヶ瀬のテンパイの前に醍醐は[四]をツモ。

醍醐は500・1000の獲得となった。

東3局 醍醐 ホンイツ 500・1000 ©ABEMA

東4局、小林が[⑤][赤⑤][⑥]の形から[⑤]をポンしてタンヤオに向かう。

ほどなくして小林は[四][七]待ちのテンパイとなる。

直後、醍醐が[五][八]待ちでリーチを敢行。

醍醐の現物[四]が松本から放たれて決着。

小林は5800の加点に成功した。

東4局 醍醐の手牌 ©ABEMA
東4局 松本の手牌 ©ABEMA
東4局 小林 タンヤオ, 赤ドラ×2 5800 ©ABEMA

東4局1本場、醍醐が[4][7]待ちで先制リーチを敢行。

松本が押し返し、[③]をチーして[六][九]待ちのテンパイに。

しかしアガリは出ることなく流局、全員が3万点に満たないという平たい状況で南入となった。

東4局1本場 流局 ©ABEMA

南1局2本場、ドラ[発]対子の松本は[2]のポンから鳴きはじめ[発]後付けを目指す。

そこに場風[南]をポンしていた小林が[八]単騎でテンパイ。

さらに松ヶ瀬が[五][八]待ちでリーチを敢行。

[四]を持ってきた小林は待ち替えを図るも余った牌は[八]

松葉瀬は8000の加点に成功した。

南1局2本場 小林の手牌 ©ABEMA
南1局2本場 松ヶ瀬 リーチ, 一発, ピンフ, タンヤオ, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

南2局は流局し、南2局1本場へ。

ドラ2赤1の醍醐は3副露して[④][⑦]待ちのテンパイに。

醍醐は[⑦]をツモって2000・4000の加点となった。

南2局1本場 醍醐 タンヤオ, ドラ×2, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

南3局、醍醐が[発]ポン、[②]ポンと仕掛けて[⑤][⑧]待ちのテンパイに辿りつく。

醍醐は難なく[⑤]をツモ。

醍醐は1000・2000の加点、トップ目でオーラスへ。

南3局 醍醐 發, ドラ×1, 赤ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA


オーラス、好配牌を入れた松ヶ瀬が先制する。

松ヶ瀬は[二][五]待ちのリーチ、出アガリでも逆転トップの格好に。

そこに降りていられない状況の小林が押し返し[四][七]待ちのテンパイに。

小林が[七]をツモって決着。

小林は1000オールの加点で連荘に成功した。

オーラス 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
オーラス 小林 南, 赤ドラ×1 1000オール ©ABEMA

オーラス1本場、醍醐が[⑧]をポン、[一]ではアガれないタンヤオの[一][四][七]待ちテンパイに。

醍醐はあっさり[七]をツモ。

醍醐は300・500の加点でトップを守り切って終局となった。

オーラス1本場 醍醐 タンヤオ 300・500 ©ABEMA
第1試合トップの醍醐 ©ABEMA

第1試合結果
1位 醍醐(フェニックス)+59.4
2位 松ヶ瀬(風林火山)+9.5
3位 松本(ABEMAS)▲18.9
4位 小林(Pirates)▲50.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top