麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【1/30 Mリーグ2023-24 第2試合結果】差し込みも駆使してトップをもぎ取る!仲林圭が的確な押し引きで全員一度はトップ目に立つ波乱の展開を制して逆転勝利!2着はアガリが1度ながらも耐えきった日向藍子!

【1/30 Mリーグ2023-24 第2試合結果】差し込みも駆使してトップをもぎ取る!仲林圭が的確な押し引きで全員一度はトップ目に立つ波乱の展開を制して逆転勝利!2着はアガリが1度ながらも耐えきった日向藍子!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」74日目が1月30日(火)に開催された。

1月30日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:日向藍子

南:仲林圭

西:東城りお

北:二階堂亜樹

第2試合

東1局、苦しい形だった東城が先制テンパイ。

東城はペン[七]をチーしてカン[⑧]待ちのテンパイに。

最終盤に亜樹が[2]をチーして[4][7]待ちテンパイ。

さらに日向も[6]をチーして[6][9]待ちのテンパイになる。

1人ノーテンが濃厚と感じた仲林は[⑧]を東城に差し込む。

東城は2000の加点となった。

東1局 亜樹の手牌 ©ABEMA
東1局 日向の手牌 ©ABEMA
東1局 仲林の手牌 ©ABEMA
東1局 東城 三色同順, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

東2局、東3局1本場は流局し東4局2本場へ。

好配牌を貰った仲林が[三][六]待ちで先制リーチを敢行。

追いついた亜樹がリーチを宣言するも余った牌は[六]

仲林は2000の加点、第1試合に引き続き全員が3万点に満たない平たい状況で南入となった。

東4局2本場 亜樹の手牌 ©ABEMA
東4局2本場 仲林 リーチ, ピンフ 2000 ©ABEMA

南1局、亜樹が第1打にドラ[中]を切って索子の清一色へ向かう。

亜樹は清一色とはならなかったが異様な河を活かしカン[六]待ちのリーチを敢行。

テンパイした仲林から[六]が余ってしまう。

亜樹は2600の加点に成功した。

南1局 仲林の手牌 ©ABEMA
南1局 亜樹 リーチ, 赤ドラ×1 2600 ©ABEMA

南2局、ペン[七]をチーしていた亜樹が[一][中]シャンポン待ちの混一色テンパイに。

亜樹から余ったドラの[発]をポンして東城もテンパイするが[中]が余ってしまう。

亜樹は8000の加点でトップ目に立った。

南2局 東城の手牌 ©ABEMA
南2局 亜樹 中, ホンイツ, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

南3局、終盤に仲林は[三]単騎待ちの先制リーチを敢行。

そこに[2][5]待ちで追いついた亜樹が小考ののちこれをダマテンに構える。

更に東城も[⑦]をチーしてカン[④]待ちのテンパイに。

亜樹は[6]を引き入れてタンヤオを付いたことで、リーチに踏み切った。

熾烈な3軒聴牌となったがアガリが出ることなく流局となった。

南3局 流局 ©ABEMA

南3局1本場、テンパイ外しが上手くいった日向は[4][7]待ちのリーチを敢行。

日向は[7]をしっかりツモ。

日向は700・1300の加点となり、僅かな差ながらトップ目に浮上してオーラスに入った。

南3局1本場 日向 700・1300 ©ABEMA

オーラス、東城はカン[三]待ちのテンパイとなるが着順上昇がないと見るとこれをダマテンに。

次巡、東城は一旦テンパイを外し条件を作りに行く。

そこに亜樹が[白]をポンして[七][④]シャンポン待ちのテンパイに。

さらにカン[五]待ちでテンパイした仲林はリーチを敢行、着順浮上を狙う。

亜樹がカン[八]待ちへ変化したところで東城が[八]を暗槓。

待ちがなくなった亜樹だが[①]単騎に変化させアガリを見る。

仲林が[五]を山から手繰り寄せて決着。

トップには裏ドラが必要だったがなんと裏ドラから顔を出したのは[五]2枚!

仲林は2000・4000の加点となり逆転トップをもぎ取った。

オーラス 亜樹の手牌 ©ABEMA
オーラス 仲林 リーチ, ツモ, ドラ×1, 裏ドラ×2 2000・4000 ©ABEMA
第2試合トップの仲林 ©ABEMA

第2試合結果
1位 仲林(Pirates)+51.7
2位 日向(ABEMAS)+8.5
3位 亜樹(風林火山)▲14.3
4位 東城(フェニックス)▲45.9

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月30日トータル結果

フェニックス(醍醐1着・東城4着)+13.5
Pirates(小林4着・仲林1着)+1.7
風林火山(松ヶ瀬2着・亜樹3着)▲4.8
ABEMAS(松本3着・日向2着)▲10.4

着順が真逆の結果となり、チームスコアは横ばいの1日となった。

フェニックスはなんとか繋げたかったが、東城が無念の4着。しかし随所に好プレーを見せ、チームの士気も上がったと言えるだろう。

2月1日の対局は上位3チームと6位の風林火山、本日あと一歩トップに届かなかった松ヶ瀬のリベンジ登板はあるのか注目!

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
2月1日の対戦カード ©ABEMA
1月30日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top