麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【2/6 Mリーグ2023-24 第1試合結果】トップ獲得で個人成績がプラスに浮上!浅見真紀がしっかり押し切った結果すべての捲り合いを制して大勝利!2着は二度の跳満で大きく加点した多井隆晴!

【2/6 Mリーグ2023-24 第1試合結果】トップ獲得で個人成績がプラスに浮上!浅見真紀がしっかり押し切った結果すべての捲り合いを制して大勝利!2着は二度の跳満で大きく加点した多井隆晴!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」78日目が2月6日(火)に開催された。

2月6日の対戦カード ©ABEMA
解説:竹内元太 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:松ヶ瀬隆弥

南:浅見真紀

西:魚谷侑未

北:多井隆晴

第1試合

東1局、浅見がカン[七]をチーしてカン[⑦]待ちのテンパイに。

同巡、魚谷もカン[八]待ちのテンパイを入れる。

次巡、浅見はカン[⑤]待ちへ変化。

魚谷が[⑤]を掴んで決着。

浅見は2000の加点となり静かな滑り出しとなった。

東1局 魚谷の手牌 ©ABEMA
東1局 浅見 タンヤオ, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

東2局は流局し、東2局1本場へ。

多井が[白]をポンして萬子のホンイツ進行。

多井は萬子を次々引き、あっという間に[六][九]待ちテンパイに辿りつく。

多井は難なく[九]をツモ。

多井は3000・6000の大きな加点に成功した。

東2局1本場 多井 東, 白, ホンイツ, ドラ×2 3000・6000 ©ABEMA

 

東3局、松ヶ瀬は5巡目にカン[4]待ちのテンパイとなりこれをダマテンに構える。

数巡後、松ヶ瀬はツモ切りリーチを敢行。

ほどなくして浅見がドラ[8]単騎待ちの追いかけリーチをかける。

さらに魚谷も[一][四][②]待ちテンパイで追いつき、こちらもリーチを選択する。

この3者の捲り合いに勝ったのは浅見。

魚谷が[8]を掴み浅見がこれにロンの声。

浅見は8000の加点に成功した。

東3局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東3局 魚谷の手牌 ©ABEMA
東3局 浅見 リーチ, 東, ドラ×2, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

東4局、[東]ポンしていた浅見は[②][⑤]待ちのテンパイに。

同巡、親の多井が[3][6]待ちのリーチをかける。

さらに魚谷は嬉しいカン[六]を引き入れ、[2][5]待ちのテンパイとなる。

多井が[⑤]を掴み決着。

浅見は2000の直撃でトップ目に立っての南入となった。

東4局 魚谷の手牌 ©ABEMA
東4局 多井の手牌 ©ABEMA
東4局 浅見 東, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

南1局は流局し南2局1本場に。

多井が[③][⑥]待ち満貫確定のテンパイを入れダマテンに。

同巡、親の浅見が[⑤][⑧]待ちリーチを敢行。

さらに松ヶ瀬が[⑧][8]シャンポン待ちの追いかけリーチをかける。

多井は[⑤]を掴み、長考ののちツモ切りリーチを宣言するも浅見に捕まる。

浅見は7700の加点に成功した。

南2局1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 多井の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 浅見 リーチ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 7700 ©ABEMA

南2局2本場、浅見の勢いが止まらない。

浅見は[③]をポンして[④][⑦]待ちの満貫テンパイ。

魚谷が[発]をポンして[3][6]待ちテンパイで追いつく。

しかし浅見がすぐに[⑦]をツモって決着。

浅見は4000オールの加点で大きく突き抜けた。

南2局2本場 魚谷の手牌 ©ABEMA
南2局2本場 浅見 タンヤオ, 三色同順, ドラ×1, 赤ドラ×2 4000オール ©ABEMA

南2局3本場、多井が[⑥][⑨]待ちの先制リーチを敢行。

多井はを山から[⑨]手繰り寄せる。

多井は2000・4000の獲得となった。

南2局3本場 多井 リーチ, ツモ, ドラ×1, 赤ドラ×2 2000・4000 ©ABEMA

南3局、親の魚谷はカン[7]待ちの先制リーチをかける。

同巡、[1][中]シャンポンテンパイした多井は[中]片アガリのダマテンを選択。

[7]を引いた多井はしっかりオリの選択。

結局アガリは出ることなく流局となった。

南3局 流局 ©ABEMA

南3局1本場、多井は[6][9]待ちの先制リーチ。

[④][八]シャンポン待ちで追いついた魚谷はリーチで応戦する。

魚谷が[9]を掴んで決着。

多井は12000の加点に成功し浅見との差を10900としてオーラスへ。

南3局1本場 魚谷の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 リーチ, ピンフ, 一気通貫, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 多井 12000 ©ABEMA

オーラス、[白]をポンした浅見はあっという間に[五][八]待ちのテンパイ。

すぐに魚谷から[八]が放たれて決着。

浅見は2000の加点で自身のトップを確定させた。

オーラス 魚谷の手牌 ©ABEMA
オーラス 浅見 白, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA
第1試合トップの浅見 ©ABEMA

第1試合結果
1位 浅見(ドリブンズ)+75.2
2位 多井(ABEMAS)+22.3
3位 松ヶ瀬(風林火山)▲29.6
4位 魚谷(フェニックス)▲67.9

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top