麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【2/6 Mリーグ2023-24 第2試合結果】ABEMASがチームポイントプラス域に浮上!多井隆晴が3度の満貫を決めてオーラスに逆転勝利、4連投の期待に応えるトップを持ち帰る!2着は巧みな鳴きで加点に成功した園田賢!

【2/6 Mリーグ2023-24 第2試合結果】ABEMASがチームポイントプラス域に浮上!多井隆晴が3度の満貫を決めてオーラスに逆転勝利、4連投の期待に応えるトップを持ち帰る!2着は巧みな鳴きで加点に成功した園田賢!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」78日目が2月6日(火)に開催された。

2月6日の対戦カード ©ABEMA
解説:竹内元太 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:茅森早香

南:二階堂亜樹

西:多井隆晴

北:園田賢

第2試合

東1局、多井は嬉しいペン[③]を引き入れると[四][七][5]待ちのリーチを敢行。

そこに亜樹が[①][④]待ちの追いかけリーチをかける。

亜樹が[8]を暗槓、嶺上牌から[四]を掘り起こしてしまう。

多井は8000の加点で好スタートを切った。

東1局 亜樹の手牌 ©ABEMA
東1局 多井 リーチ, ドラ×2, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

東2局、多井がオタ風[西]ポンから入り萬子のホンイツへ向かう。

多井は程なくして[五][八]待ちのテンパイに。

多井はしっかり[五]をツモ。

多井は2000・4000の加点に成功した。

東2局 多井  2000・4000 ©ABEMA

東3局、[発]暗刻の園田が[一]をポンしてトイトイに向かう。

そこに多井が[三]チーして、[九]ではアガれない[三][六][九]待ちテンパイ。

さらに多井から出た[赤5]をポンして園田も[七][⑧]シャンポンテンパイ。

園田が[七]をツモって決着。

園田は2000・4000の獲得となった。

東3局 多井の手牌 ©ABEMA
東3局 園田 發, トイトイ, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東4局、多井が[発]をポンしてトイトイ進行。

そこに茅森がカン[六]待ちでテンパイし、リーチを選択。

カン[④]待ちで追いついた園田がリーチで応戦する。

茅森が[六]をツモ。

茅森は1000・2000の加点となった。

東4局 園田の手牌 ©ABEMA
東4局 茅森 リーチ, ツモ, ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

南1局、くっつきのイーシャンテンだった亜樹は一番うれしい[五]を引いてテンパイ。

亜樹は[一][四][七]待ちの先制リーチを敢行。

そこにカン[4]を引き入れた茅森が[②][⑤]待ちの追いかけリーチをかける。

亜樹が[四]をツモって捲り合いに勝利。

亜樹は2000・4000の加点に成功した。

南1局 茅森の手牌 ©ABEMA
南1局 亜樹 リーチ, ツモ, ピンフ, タンヤオ, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

南2局、園田が[7]チー、[⑥]チーと積極的に仕掛けてアガリを目指す。

ほどなくして園田はカン[③]待ちのテンパイに辿りつく。

そこに多井が[二][五]待ちのリーチをかける。

その直後園田が[③]をツモって決着。

園田は2000・4000の獲得となった。

南2局 多井の手牌 ©ABEMA
南2局 園田 タンヤオ, ドラ×2, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

南3局、終盤に亜樹が[四][七]待ちでテンパイし小考ののちリーチを選択する。

同巡、多井がフリテン解消の[赤⑤]を引き入れ[四][七]待ちの追いかけリーチ。

そこにをポンしていた茅森が[5][二]シャンポン待ちで追いつく。

この3者の捲り合いに勝ったのは亜樹。

多井が[七]を掴み亜樹がこれにロンの声。

亜樹は2600の加点で3着目茅森との差を1400としてオーラスへ。

南3局 茅森の手牌 ©ABEMA
南3局 多井の手牌 ©ABEMA
南3局 亜樹 リーチ, ドラ×1 2600 ©ABEMA

オーラス、多井が[二][五][八]待ちの先制リーチを敢行。

多井の手はどこからアガってもトップになる状況に。

降りていられない亜樹から[二]が溢れてしまう。

多井は8000の加点で逆転トップを獲得した。

オーラス 亜樹の手牌 ©ABEMA
オーラス 多井 リーチ, タンヤオ, 赤ドラ×2 8000 ©ABEMA

第2試合トップの多井 ©ABEMA

第2試合結果
1位 多井(ABEMAS)+56.4
2位 園田(ドリブンズ)+15.0
3位 茅森(フェニックス)▲21.0
4位 亜樹(風林火山)▲50.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

2月6日トータル結果

ドリブンズ(浅見1着・園田2着)+90.2
ABEMAS(多井2着・多井1着)+78.7
風林火山(松ヶ瀬3着・亜樹4着)▲80.0
フェニックス(魚谷4着・茅森3着)▲88.9

ドリブンズ、ABEMASが大きく加点、風林火山、フェニックスが苦しむ1日となり、上位チームと下位チームの差が大きく広がる結果となった。

ただ、逆に考えて場下位チームはこの逆のケースを数日続けていくだけで一気に上位チームとの差を縮めることができるとも言える。目標を見失わずに一歩ずつ前進していきたい。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
2月8日の対戦カード ©ABEMA
2月6日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top