麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【5/10 Mリーグ2023-24 第1試合結果】鮮烈8000オール!園田賢が親倍満のリードを手堅く守ってトップを獲得!勝又健志は南場の3連続アガリで2着を確保!

【5/10 Mリーグ2023-24 第1試合結果】鮮烈8000オール!園田賢が親倍満のリードを手堅く守ってトップを獲得!勝又健志は南場の3連続アガリで2着を確保!

CABO求人麻雀BarWatch

麻雀プロリーグ「朝日新聞Mリーグ2023-24」ファイナルシリーズ4日目が5月10日(金)に開催された。

5月10日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:鈴木優

南:園田賢

西:勝又健志

北:渋川難波

第1試合

東1局 [八]を暗カンした渋川が、嶺上牌から[2]を重ねて[4][7]待ちの先制リーチをかける。これをツモアガリ。裏ドラこそ乗らなかったが、渋川の800・1600の加点で開局する。

東1局 渋川 リーチ, ツモ 800・1600 ©ABEMA

東2局 [東]をポンした渋川がソーズのホンイツへ。一方、ペン[⑦]チー、ドラ[⑥]ポンの優が[発]バックの仕掛けでアガリに向かう。しかし、ここに絶好の[②][⑤]待ちで親番園田が先制テンパイ、[②]ならイーペーコー、[⑤]なら三色同順の先制リーチをかける。力強く[⑤]をツモ、さらに雀頭の[2]に裏ドラが乗り、8000オールで一気に抜け出す。

東2局 園田 リーチ,ツモ,タンヤオ,平和,三色同順,裏ドラ×2 8000オール ©ABEMA

東2局1本場 優が[白]をポン、さらに自風の[北]も暗刻にして、マンズのホンイツへ向かう。[六]もチーして、カン[三]待ちのテンパイ。これをすぐにツモアガリ、2000・4000は2100・4100のアガリで園田を追う。

東2局1本場 優 北, 白, ホンイツ 2000・4000 ©ABEMA

東3局 [中]をポンした優が、マンズの4連形を喰い伸ばして、リャンメン2つのイーシャンテンとなる。親番勝又も、ダブ[東]をポンしてトイトイ形の仕掛けをいれるが、優が[①][④]待ちの先制テンパイをいれる。優が、ホンイツへ針路変更した勝又から[①]を捕らえ3900のアガリ。さらに加点する。

東3局 優 中, ドラ×1, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA

東4局 [白][8]をポンした勝又が、[4][6]待ちの先制テンパイをいれる。ここに[中]暗刻、[④]対子の親番渋川が、一つチーして[四][七]待ちのテンパイで追いつく。ドラを3枚持った優から打ち出される[七]が渋川に放銃。渋川が5800を優から直撃する。

東4局 渋川 中, ドラ×2 5800 ©ABEMA

東4局1本場 [1]をチーした園田が、ソーズの一気通貫で[6]片アガリのテンパイをいれる。一方勝又は、自風の[北]ポン含め2副露した勝又も[5][8]待ちで追いつく。渋川はドラの[九]単騎で追いついたが、宣言牌は勝又のロン牌[8]。勝又の2000は2300のアガリで南入する。

東4局1本場 勝又 北, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

南1局 園田が[発]をポンして、アガリに向かうが、親番優にも勝負手が入っていたが、園田が[2][5][8]待ちの先制テンパイをいれる。渋川がカン[四]待ちのリーチで追いつき、さらに優が345の三色同順で18000の手をダマテンに構える。勝又も[8]を暗カンして応戦し、終盤に[五][八]待ちの追いかけリーチをかける。結果は優が一発で[八]を放銃、勝又が8000の加点に成功する。

南1局 優の手牌 ©ABEMA
南1局 勝又 リーチ, 一発, ドラ×1, 裏ドラ×2 8000 ©ABEMA

南2局 優が[4][西]待ちで、序盤の先制リーチをかける。ここに勝又がダブ[南]ポンから、3枚切れのカン[⑧]待ちでテンパイをとる。渋川から優の現物[⑧]を捕らえ、8000の加点で親番を迎える。

南2局 優の先制リーチ ©ABEMA
南2局 勝又 ダブ南, ドラ×1, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

南3局 親番勝又が、[白][1]をポンして、[二][五]待ちの先制テンパイをとる。渋川から[五]を捕らえ、1500のアガリで連荘する。

南3局 勝又 白 1500 ©ABEMA

南3局1本場 [中]暗刻の渋川がカン[六]待ちで先制リーチ。ここに優が、カン[七]待ちのイーペーコーをダマテンに構える。これを渋川から捕らえ、2600は2900のアガリ。3着目でオーラスを迎える。

南3局1本場 優 イーペーコー, 赤ドラ×1 2600 ©ABEMA

南4局 親番渋川、跳満ツモで逆転トップの勝又がドラの[一]を2枚ずつ持ってアガリに向かうが、園田が[9]をポンして、ピンズの一気通貫、[⑥]の片アガリで先制テンパイをいれる。これをすぐに勝又から捕らえ、1000のアガリ。このアガリにより、園田がトップで終局。赤坂ドリブンズは総合ポイントがプラス域に転じ、3チームを追いかける。

南4局 親番渋川の手牌 ©ABEMA
南4局 園田 一気通貫 1000 ©ABEMA
第1試合トップの園田 ©ABEMA

第1試合結果
1位 園田(ドリブンズ)+65.1
2位 勝又(風林火山)+11.0
3位 優(Pirates)▲23.3
4位 渋川(サクラナイツ)▲52.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top