麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
「ドラを止めたたろうの微妙なバランス感覚」1分でわかるドリブンズの思考

「ドラを止めたたろうの微妙なバランス感覚」1分でわかるドリブンズの思考

CABO求人全自動麻雀卓スリム

こんにちは!赤坂ドリブンズの広報担当です!

Twitterでの実況ツイートなどもしているのですが、そこから漏れてしまったり深堀ったりしたドリブンズメンバーの思考を1分程度で読める記事にしていきたいと思います。

これであなたもドリブンズの思考がわかってしまいますよ!

 

記念すべき第1回は開幕節2回戦目のこの局面です!



南3局でトップ目のたろうは、アガってオーラスに突入したいところ。役牌を仕掛けての3面待ちという絶好のテンパイを入れていました。

そこに引いたのはなんとドラの

みなさんならどうするでしょうか?

仕掛けているトイメンの石橋選手にドラのを切りきれるかどうかが焦点になります。

私は、自分がアガれそうなのでを切ってしまいそうです。

しかし、たろうはテンパイを崩す打としました。

このときのたろうの思考とは!?

 

私は当時、このようにツイートしました。

大筋はたろうの思考に合致していたのですが、たろうに話を聞くと、ドラシャンポンに打てないという意識を漠然と持っていたわけではないことがわかりました。

前提として、石橋選手はをツモ切りした直後にチー打としています。

たろう「バッシー(石橋選手)が切ってなかったら切ってますね」

― えっ!?そうなんですか!?

たろう「そうですね。バッシーのツモ切りがポイントで、切ってるほうが(ドラ付近の)ソウズの形が決まってることが増えるんで、ドラトイツ以上が入ってるケースが増えると思ってるんですよね。シャンポンにだけ打たなければいいんで、を打たず切って次巡にのほうは打ったんですよね。1,000点なら許容できるので」

 

一般的に、手出しの情報を手牌推理の軸にしていきますが、ツモ切りの情報をも駆使していくたろうの絶妙なバランス感覚でした。

 

Go!Drivens!

この局の牌譜はこちら

■赤坂ドリブンズは、今週のMリーグには10/15(月)、16(火)、19(金)に登場!19時からAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定となっています。

この記事のライター

赤坂ドリブンズ 広報
Mリーグ 赤坂ドリブンズの広報担当です。
園田賢、村上淳、鈴木たろうの3選手が、赤牌入り競技麻雀という未開の地を切り開き勝利に向けてドライブします。
選手の思考や舞台裏の様子を伝えていきます!

新着記事

Return Top