麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
内川、起死回生の国士!放銃はやはりあの人!? RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第4節 19、20回戦レポート

内川、起死回生の国士!放銃はやはりあの人!? RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第4節 19、20回戦レポート

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

4/3(月)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグWHITE DIVISION 第4節 19、20回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

18回戦終了時のポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_WHITE_第4節19-20回戦_1_R              

 

19回戦の対局者は、起家から順に

内川 幸太郎(日本プロ麻雀連盟)

石橋 伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)

村上 淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)

勝又 健志(日本プロ麻雀連盟)

 

ここまで大きくマイナスしてしまっている内川だが、この半荘では東1局に12000で先制。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節19-20回戦_2_R

しかし、このあと勝又に6400を放銃してまくられてしまう。

先制するも逃げ切れない展開が続く内川だけに、「またか」と視聴者のみなさんも本人さえも思ったことだろう。

そこで開けた配牌がこれなら、なおさらである。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節19-20回戦_3_R

内川は、ホンイツ、チャンタ、国士を見つつ、当然のトイツ落としから始めた。

とはいえ、オリ本線である。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節19-20回戦_4_R

しかし、これが予想外の伸びを見せた。

方向は国士。

13面張のイーシャンテンから、を引いてあっさりテンパイ。

しかも、この早い巡目である。

 

国士無双は、非常にテンパイの読みにくい手役だ。

そのテンパイを見抜く条件は、主に下記2つぐらいだろうか。

1.リーチ(や高そうな仕掛け)に明確に押している

2.捨て牌2段目後半ぐらいでヤオチュー牌が余っている

1に比べれば2は弱いが、すくなくとも2を満たさないテンパイは少ないように思える。

 

とすると、内川の1も2も満たさないこのテンパイ、これはノーマーク中のノーマークということになるだろう。

そして、はヤマに3枚。

掴んだら全員が切るであった。

誰が掴んでしまうのか!?

RTDリーグ2017_WHITE_第4節19-20回戦_5_R

これは、石橋が今期小林に国士を放銃したときのつぶやきである。

石橋「大丈夫、さすがに2回目はないよ。席譲ったし( ̄▽ ̄)」

なんだろう、このフラグ感は。

こんなツイートをしてしまっては、もう・・・

RTDリーグ2017_WHITE_第4節19-20回戦_6_R

黒いデジタル・石橋伸洋

国士職人。

今期2度目の国士放銃である。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節19-20回戦_7_R

今期の最高位戦Aリーグでは国士をアガった石橋なのだが、RTDリーグでは今期2度目の国士放銃で、逆の意味で存在感を示してしまった。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節19-20回戦_8_R

それに対し、ほっとしたのはヒゲーズの2人。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節19-20回戦_9_R

徳の積み方が運命を分けた・・・と思ったとか思わなかったとか。

 

ところで、このテンパイを見抜くことは本当にできなかったのだろうか。

結論としては、さすがに不可能ということになるだろう。

仮にテンパイがわかったとしても、石橋のあの手牌でを止めることはできない。

しかし、かなり無理やりにテンパイを見破ることができたとするならば、それは、内川のテンパイ打牌がノータイムすぎたという点ではないだろうか。

ノータイムにしても、普段のノータイムより、コンマ何秒か早かったように感じたのである。

みなさんも、ぜひ映像をもう1度観てみてはいかがだろうか。

 

とはいえ、それでテンパイを見抜くのはやはり無理な話。

石橋にとっては、酷な放銃となってしまった。

 

この後、勝又の追い上げを振り切り、内川が7万点のトップ。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節19-20回戦_10_R

マイナスを一気に100近く減らす、起死回生のトップとなった。

 

20回戦では、前半荘で追い上げも一歩届かなかった勝又が連続で登場。

南3局では、石橋がマンズホンイツで仕掛ける脇で、勝又がソウズ待ちの高目三色をこっそりダマテンに構えていたが、瀬戸熊からリーチが入ったところで空切りリーチ。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節19-20回戦_11_R

これをツモってトップ目でオーラスを迎える。

 

すると、オーラス、勝又が興味深い手順を披露する。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節19-20回戦_12_R

を切ることもできるのだが、をツモ切った。

がオヤの無スジでがオヤの現物だからか?

単純に仕掛けが利くタンヤオに比重を置いた1打か?

というように見えたが、勝又の意図は違った。

勝又「が薄い。逆に、はヤマにいるし、切られやすい。仮に裏目のを引いてもなんとかなると思った」

つまり、薄いと思ったをフォローするシャンポン受けに比重を置いたのだった。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節19-20回戦_13_R

すると、裏目sを引くも、予定通りをポンしてすぐにカンでアガり切る。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節19-20回戦_14_R

読みの達人勝又が、予定通りのシナリオでトップをもぎ取った。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節19-20回戦_15_R

このトップでついに勝又がプラスへ。

首位は、小林に代わり、村上。

とはいえ、いまだ平たい展開が続く。

 

■次回4/7(木)21:00からBLACK DIVISION 21、22回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/9MY9LiqQJyDUBq

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top