麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
This is HIRAGA~この男、無邪気につき~ RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第6節 33、34回戦レポート

This is HIRAGA~この男、無邪気につき~ RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第6節 33、34回戦レポート

CABO求人ニルウッドカバー

5/30(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグBLACK DIVISION 第6節 33、34回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

32回戦終了時のポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_BLACK_第6節33-34回戦_1_R 

 

33回戦、RTDリーグでようやく平賀らしい破天荒な麻雀を観ることになった。

RTDリーグ2017_BLACK_第6節33-34回戦_2_R

まず、リーチ一発ツモのマンガンで先制するところまでは普通である。

平賀の麻雀はここから。

RTDリーグ2017_BLACK_第6節33-34回戦_3_R

多井の先制リーチに対し、オヤでピンフの追いかけリーチを放つと、を掴んであっさりマンガン放銃。

さらに、次局にはツモ切りを続けているオヤの達也がいる状況で、終盤にイーシャンテンからをすっとツモ切った。

RTDリーグ2017_BLACK_第6節33-34回戦_4_R

これが達也に捕まり、7700放銃であっという間に持ち点が2万点を割ってしまう。

RTDリーグ2017_BLACK_第6節33-34回戦_5_R

 

マンガンをアガった後に、あっさり放銃して失点する。

これが平賀の麻雀を捉えた一面である。

ただし、その狂気とも思える攻撃性は、ハマればさらなる得点を生むこともあるから平賀は強い。

 

南入してこの手牌。

RTDリーグ2017_BLACK_第6節33-34回戦_6_R

真っすぐ打つならだろうか。しかし、それだとドラ受けとタンピンへの移行が難しい。

ならばと、平賀はを打ち出した。

確かに、はあくまで好形をフォローする牌であり、を残しても打点は生まれない。

それなら、からの打点+好形と、ダイレクトのイッツーテンパイを逃さなければいいというのが、攻撃力の高い平賀の打牌である。

RTDリーグ2017_BLACK_第6節33-34回戦_7_R

結果、を切ってもと引いてマンガンのツモアガリになるのだが、河に並んだの順番が、なんとも平賀らしい。

これで持ち点を回復すると、次局ではメンホンテンパイ。

RTDリーグ2017_BLACK_第6節33-34回戦_8_R

の選択だが、平賀は1枚切れているカン待ちを選択し、を打った。

平賀「さっき達也さんにカンでやられたから。カンでやり返してやろうかなと( ̄▽ ̄)」

こういう無邪気さが、観ている者をわくわくさせる平賀の持ち味なのだが、この選択は理に適ってもいる。トップ目の達也が切っているに照準を合わせたというわけだ。

すると、裏目のを引く。

RTDリーグ2017_BLACK_第6節33-34回戦_9_R

が1枚切れで終盤であることを考えると、を切ってのダマテンに構える選択肢がマジョリティか。が全見え、も2枚見えなのも、その選択を後押ししている。

しかし、「2枚より、2枚と1枚の方が良く見えた。リーチすれば1人旅になると思ったし」と語る平賀は、当然、無邪気に切りフリテンリーチ。

RTDリーグ2017_BLACK_第6節33-34回戦_10_R

そして、ハイテイで高目のを引き当てた。

RTDリーグ史上初の3倍満である。

RTDリーグ2017_BLACK_第6節33-34回戦_11_R

すると、この無邪気な男は手を出し、役を数え始める。

アガって指を折ったのも、RTDリーグ史上初である。

RTDリーグ2017_BLACK_第6節33-34回戦_12_R

多井がうれしそうにこれに食いつき、平賀をイジった。

平賀「あれは指折りますよ~」

こういう平賀の自然体な無邪気さが、きっと愛されるキャラを構築しているのだろうなと思う。

 

そして、点数を持ってから、平賀の真の麻雀が始まる。

RTDリーグ2017_BLACK_第6節33-34回戦_13_R

大トップ目でオヤ番を持ってくると、早いリーチでをカンして4000オール。

すると、立て続けに4巡目リーチ。

RTDリーグ2017_BLACK_第6節33-34回戦_14_R

これは対局者の心理も込みの判断。

対局者としては「またかよ・・・」と心が折れる。

今回は両面待ちだが、きっと愚形でもリーチしていただろう。

RTDリーグ2017_BLACK_第6節33-34回戦_15_R

これを達也からアガると、オーラスではドラをアンカンしたタンヤオを、後がないオヤの達也からホウテイで打ち取って12000。

RTDリーグ2017_BLACK_第6節33-34回戦_16_R

RTDリーグ2017_BLACK_第6節33-34回戦_17_R

正に、これぞ平賀という内容で、特大トップを決めた。

RTDリーグ2017_BLACK_第6節33-34回戦_18_R 

 

続く34回戦では、打って変わって小場の展開。

ここを制したのは猿川。

RTDリーグ2017_BLACK_第6節33-34回戦_19_R 

得意の柔軟な鳴きでチャンスを伺い続けると、南2局に決め手となる2600を仕掛けてアガり、オーラスには佐々木への鮮やかな差し込みでトップを守り切った。

RTDリーグ2017_BLACK_第6節33-34回戦_20_R

RTDリーグ2017_BLACK_第6節33-34回戦_21_R

連勝の猿川が準決勝進出ボーダーの4位に急接近。

また、平賀も3位以下を大きく引き離している。

 

■次回6/1(木)21:00からBLACK DIVISION 第6節35、36回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/ACSYzEt5Tqt6es

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top