麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
「マンズ待ちに決めるのはかなり嫌」、勝又にとっての好形とは!? RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 29-30回戦、BLACK DIVISION25-26回戦レポート

「マンズ待ちに決めるのはかなり嫌」、勝又にとっての好形とは!? RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 29-30回戦、BLACK DIVISION25-26回戦レポート

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

4/30(月)および5/3(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 29-30回戦およびBLACK DIVISION25-26回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

 

WHITE 30回戦: 1m4m待ちに固定するのはかなり嫌!勝又にとっての好形とは!?

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_1_R

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_2_R

まずは石橋が先制すると、追いかける勝又が興味深い手順を見せた。

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_3_R

ダブ東をポンしていた勝又がテンパイまでたどり着く。

普通に考えれば打なのだが、なんと勝又は打でいったん単騎に受けた。

確かにが2枚切れで、が良い待ちとはいえないのかもしれない。

では、勝又はいったいどんな感覚でこの選択をしたのだろうか。

 

― これは、切りで待ちに固定してしまうのは、どれぐらい嫌なんでしょうか?

勝又「程度で言えば、かなり嫌ですね」

― それは、例えばの代わりに高目チャンタになるがきていたとしても、に受けないぐらい嫌ですか?

勝又「ですね。それぐらい嫌で、がきても打にしようと思っていました」

― ほんとですか!?それは、上家の和久津さんがマンズの一色手ということが大きく影響しているんですか?

勝又「いや、それはあまり影響ないですね。むしろ・・・」

と言って、勝又が語った打牌選択の理由が非常に興味深かった。

 

勝又「・・・ここで考えなければならないのは、の所在ですよね。が誰にも固まっていないケースについてはすぐにでもアガれるのかな、という感じがしますが、逆にが誰かに固まっていて長引くケースでは厳しくなると思います」

― なるほど。では、この時点でが固まっている感覚があると?

勝又「いや、そういうわけではありません。この段階でどっちなのか判断がつかなかったというのが正確なところですね。なので、最速のアガリを逃すかもしれないのは承知の上で、長引いたケースでこの勝負手が薄い引きを祈るだけとなってしまうのを避け、打とました」

面白い。

無難に打てば、打の1択なのだが、仮にチャンタのつく引きでも勝又は打にすると言う。

その理由はズバリ「その方が、色んなケースで無難にアガリまでの選択ができるから」である。

おそらくこういう真ん中に偏った捨て牌のときには、が固まっているという感覚も多少あるのだろう。

両面に受ける打が一般的な無難なら、打とすることが勝又にとっての無難というわけだ。

そして、実際にはを引いて和久津のを捉えた。

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_4_R

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_5_R

結果的にはその前にも引いているのだが、打点も7,700に上がっており、何より仮にが固まっていた世界線でもアガれる選択肢となっている。

これが、どんなケースでもアガリを拾える「勝又にとっての好形」なのであった。

 

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_6_R

この半荘としては、その後石橋に9,600が出てトップを取り逃がすが、勝又にとって「選べる」ということの価値を伺えた半荘となった。

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_7_R

 

WHITE 29回戦:基本に忠実なたろうの打牌

麻雀において、基本に忠実とは大事なことである。

たろうを見ていると突飛な打牌が印象に残るかもしれないが、たろうの打牌ほど基本を徹底したものはないと思っている。

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_8_R

例えばこの何切る。

これは、一見するとどのカンチャンを外してもいいように見えるが、基本的には打しかありえない。

まず、の純粋な比較で、より端にかかった受けを残すことは確定。

次に、の比較だが、ソウズの引きでリャンカン、引きで3面張、引きで受けと、好形変化しやすい。

また、仮にを切った後にを引いても、がリャンカンになるため、フォローが利いている。

そのため、この手牌からは基本的に打しかありえず、しかも上家が早々に打としているため、が切られる可能性が高まり、よりカン残しを後押しするというわけだ。

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_9_R

何の変哲もないマンガンツモだが、こういう基本的な選択を絶対に間違えないところが、実はたろうを支えている根幹でもあるのだ。

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_10_R

これでリードを得ると、南1局ではトップ目から果敢にをアンカンしてあっさりツモ。

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_11_R

じっくり見れば選択肢のあった半荘を、たろうがあっさり奪取した。

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_12_R

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_13_R

 

BLACK 25回戦:小林、鬱憤を晴らすかのようなトップ

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_14_R

前節、珍しくマイナスした首位の小林だったが、ここではまずダマテンのマンガンを決める。

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_15_R

すると、続いてオヤリーチに追いかけてハネマンツモ。

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_16_R

前節の鬱憤を晴らすかのような大物手2発で、一気にトップを決めていった。

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_17_R

 

BLACK 26回戦:瀬戸熊のリスク前倒し戦略

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_18_R

をアンカンしていったん2枚切れの待ちに取った瀬戸熊だったが、次巡にを引くと、ツモ切りリーチを敢行した。

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_19_R

なんとも珍しい瀬戸熊の愚形リーチのみ。

しかし、これを咎めるかのようにオヤの松本がドラ4チートイツで追いかける。

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_20_R

これに詰まったのは多井。

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_21_R

松本は高そうで、絶対に打ちたくない。とすると、松本の現物で瀬戸熊のスジが選択肢の筆頭となる。

瀬戸熊が果たして2枚切れの待ちでツモ切りリーチをするだろうか。

そう考えると、打牌はにしかなりえなかった。

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_22_R

これが、リスクを前倒しした瀬戸熊の思惑に捕まり、ウラ1の3,900。

松本が24,000まであるリーチだっただけに多井にとっても悪くない結果だが、この後、勝負所を前倒ししておいた瀬戸熊に選択肢が生まれ、それが活きていく。

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_23_R

オヤ番で6枚切れのをリーチで連荘に成功すると・・・

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_24_R

ここから1手で即リーチを最もかけやすい打を選択し、一発ツモ。

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_25_R

これで先行すると、リードで選択肢を増やした瀬戸熊が危なげなく逃げ切った。

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_26_R

WHITE29-30回戦_BLACK25-26回戦_27_R

マイナスをコツコツ減らした瀬戸熊は、これでついにプラス域。

暴君瀬戸熊が、上位進出に向けていよいよ地上に帰還した。

 

■次回5/7(月)21:00からBLACK DIVISION 27-28回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定

https://abema.tv/channels/mahjong/slots/EoLUP3WUdPLE5m

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

新着記事

Return Top