麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【1/12 Mリーグ2022-23 第1試合結果】名局の数々!伊達朱里紗が息の詰まるオーラス3本場を制して逆転トップを獲得!守備で魅せた近藤誠一は悔しさの残る2着に!

【1/12 Mリーグ2022-23 第1試合結果】名局の数々!伊達朱里紗が息の詰まるオーラス3本場を制して逆転トップを獲得!守備で魅せた近藤誠一は悔しさの残る2着に!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」55日目が1月12日(木)に開催された。

1月12日の対戦カード ©ABEMA
解説:萩原聖人 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:伊達朱里紗

南:二階堂瑠美

西:近藤誠一

北:堀慎吾

第1試合

東1局は近藤が[①][④]待ちの先制リーチ。

直後に親番の伊達が追いつく。

ピンフ・ドラ2の手でリーチに行くかと思われたが、[四][七]は場に5枚切れかつ[七]が近藤の現物ということもありダマを選択。

枚数では近藤有利だったが、ほどなくして伊達が[七]ツモ。

2600オールのアガリでスタートを切る。

東1局 近藤の手牌 ©ABEMA
東1局 伊達 ツモ, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×1 2600オール ©ABEMA

東1局1本場は伊達と近藤が満貫のテンパイを入れるも流局。

続く東1局2本場、近藤の先制リーチに他3者が追いかける展開。

伊達がリーチ宣言牌として[3]を打ち出して近藤のアガリ。

5200の加点となる。

東1局2本場 伊達の手牌 ©ABEMA
東1局2本場 近藤 リーチ, 赤ドラ×2 5200 ©ABEMA

東2局は親番の瑠美と近藤が高打点のリーチでぶつかる。

結果は近藤の一発ツモ。3000・6000のアガリを決め、一気にトップ目へ。

東2局 瑠美の手牌 ©ABEMA
東2局 近藤 リーチ, 一発, ツモ, 發, ドラ×1, 赤ドラ×2 3000・6000 ©ABEMA

東3局は堀と瑠美がリーチでぶつかるも流局。

親番の近藤は[南]をポンして遠い混一色へ向かう珍しい仕掛けを見せた。

東3局 近藤の手牌 ©ABEMA

東4局1本場、瑠美がタンヤオで仕掛けて[②][⑤]待ちの満貫テンパイ。

[④]を先切りしていたこともあり、伊達が[赤⑤]をツモ切ってしまう。

8000のアガリで瑠美が2着目に浮上して南入。

東4局1本場 伊達の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 瑠美 タンヤオ, ドラ×2, 赤ドラ×2 8000 ©ABEMA

南1局、堀が七対子[白]単騎でテンパイ。

すぐに[白]をツモるが、アガリを拒否して[9]切り。メンホン七対子に向かう。

[中]を引いて狙い通りの満貫テンパイ。

南1局 堀の手牌 ©ABEMA

そこにダブ[南]暗刻の瑠美が[6][9]待ちのリーチ。

[6]を一発ツモ、2000・4000のアガリが決まった。

南1局 瑠美 リーチ, 一発, ツモ, ダブ南 2000・4000 ©ABEMA

瑠美の親番となった南2局。

伊達が七対子・ドラ2でテンパイ。[西]に狙いを定めてリーチを放つ。

宣言牌として打ち出されたドラ[四]を堀がポンして[1][4]待ち(タンヤオのため[1]ではアガれない)満貫テンパイ。

南2局 伊達の手牌 ©ABEMA
南2局 堀の手牌 ©ABEMA

そこに近藤が追いつく。[西]で伊達に放銃になるかと思われたが、[七]を対子落とししてこれを回避。

直後に[西]を重ねて[五]単騎で復活する。

南2局 近藤の手牌 ©ABEMA

[①]を暗カンしていた瑠美も参戦。

イーペーコーが完成し、嵌[6]待ちの満貫ヤミテンを入れる。

南2局 瑠美の手牌 ©ABEMA

直後に近藤が[6]を掴んでしまう。

伊達には中スジになっているため、今度こそ放銃になるかと思われたが、[2]に手をかけてまたも回避。

オリを選ぶなら[西]を打つ手もあった。近藤の守備力が光る。

南2局 近藤の手牌 ©ABEMA

堀も[6]を掴む。

しかし[2]を合わせて一度テンパイを崩し、次巡に嵌[5]で復活。

南2局 堀の手牌 ©ABEMA

実況席の絶叫が止まらないこの局、最後は伊達が[西]をツモって決着。

3000・6000のアガリとなった。

南2局 伊達 リーチ, ツモ, チートイツ, ドラ×2 3000・6000 ©ABEMA

流局を挟んでオーラス1本場へ。

持ち点は近藤が34,200、伊達が26,700、瑠美が25,700、親番の堀が12,400という並び。

伊達の七対子テンパイをかわし、堀が1300オールのアガリで連荘に成功。

オーラス1本場 伊達の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 堀 リーチ, ツモ 1300オール ©ABEMA

続くオーラス2本場、トップ浮上を狙う瑠美が混一色でテンパイ。

待ちは嵌[七]、どこから出ても近藤をかわす。

オーラス2本場 瑠美の手牌 ©ABEMA

同じく満貫でトップ浮上となる伊達も清一色でテンパイ。

オーラス2本場 伊達の手牌 ©ABEMA

そこに堀が瑠美の当たり牌である[七]を重ねてリーチ。

[1][3][4][6][7][9]待ちのフリテン6面張で勝負に出る。

オーラス2本場 堀の手牌 ©ABEMA

シャンポン待ちにしていればアガれていた瑠美が苦渋の表情を浮かべるなか、堀が[7]をツモ。

2000オールの加点で2着目まで浮上、「全員集合」の状況になった。

オーラス2本場 瑠美の手牌 ©ABEMA
オーラス2本場 堀 リーチ, ツモ, タンヤオ 2000オール ©ABEMA

オーラス3本場、持ち点は近藤が30,600、堀が24,200、伊達が23,100、瑠美が22,100と変わる。

近藤が重い腰を上げ先制リーチ。[1][西]は山に4枚。

オーラス3本場 近藤の手牌 ©ABEMA

伊達がダブ[南]の後付けで追いつくと、この[南]を近藤が掴んでしまう。

3900の直撃で伊達が逆転トップを手にした。

オーラス3本場 伊達 ダブ南, ドラ×1 3900 ©ABEMA

息の詰まる12局を制した伊達は、これが今期6勝目となった。

第1試合トップの伊達 ©ABEMA

第1試合結果
1位 伊達(麻雀格闘倶楽部)+48.9
2位 近藤(フェニックス)+4.8
3位 堀(サクラナイツ)▲15.8
4位 瑠美(風林火山)▲37.9

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top