麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
「無限に手が入った」石橋伸洋がトップ! /近代麻雀プレミアリーグ

「無限に手が入った」石橋伸洋がトップ! /近代麻雀プレミアリーグ

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

 近代麻雀プレミアリーグ2015 前期 第6節A卓が6月14日に麻雀最強戦チャンネルで放送され、石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)がトップ。5節終了時点で最下位だった石橋だが、このトップで上位4名の予選通過ラインに大きく近付いた。逆に厳しくなったのが瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)。残り2半荘はトップをとった上で並びも考える必要がありそうだ。

 積極的に攻めていたがアガリにつながらなかった瀬戸熊。なかなか手が入らない上、やっと入った大物手もアガれず苦しんだ佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)。基本オリないとコメントしていたが、しっかりあたり牌を止める冷静さを見せたじゃいさん。本人は「無限に手が入った」と言っていたが、得意の七対子など要所でのキレを見せた石橋。リーチが9回もかかり、ジュンチャン三色やあわや四暗刻単騎など、見どころ満載の今対局。魚谷侑未(日本プロ麻雀連盟)の深い洞察による解説にも注目だ。

近代麻雀プレミアリーグ2015 前期
順位 名前 Total 1節 2節 3節 4節 5節 6節
1 小林剛 232.4 76.5 70 70.8 58.8 ▲43.7 -
2 鈴木達也 150.5 70.5 55.8 ▲26.8 69.7 ▲18.7 -
3 魚谷侑未 ▲1.3 ▲22.3 ▲48.5 61.8 4.3 3.4 -
4 じゃい ▲9.6 ▲1.9 ▲18.2 6.6 ▲51.9 54.5 1.3
5 石橋伸洋 ▲53.4 ▲58.3 ▲17.7 ▲50.6 ▲57.6 62.8 68
6 藤田晋 ▲67.5 4 ▲63.5 5.6 ▲18.3 4.7 -
7 佐々木寿人 ▲89.8 ▲16.2 11.7 ▲19.2 ▲22.1 ▲22.5 ▲21.5
8 瀬戸熊直樹 ▲160.9 ▲52.3 10.8 ▲48.2 17.1 ▲40.5 ▲47.8

 

bnr_kima-premia (1)

近代麻雀プレミアリーグとは唯一の麻雀専門誌・近代麻雀の編集部が厳選したプロ・著名人の麻雀強者8名で長期の総当たりリーグ戦を行い、真の麻雀実力者を決める戦い。
一人8半荘ずつ打って、上位4名を決定。上位4名で決勝戦を行い優勝者を決める。
ルールは麻雀最強戦ルールにのっとり、25000点持ちの30000点返し、順位ウマが10・30。
優勝者には賞金のほかに、12月に行われる麻雀最強戦2015ファイナルの出場権が与えられる。
4月~7月で前期優勝者、8月~12月で後期優勝者が決定。
放送はニコニコ生放送「麻雀最強戦チャンネル」で毎週日曜21時から1半荘ごとに生放送される。

 【前期メンバー】
 瀬戸熊直樹・佐々木寿人・鈴木達也・石橋伸洋・小林剛・魚谷侑未・藤田晋・じゃい

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top