麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
高橋侑希が女流プレミアトーナメント決勝に進出/麻雀最強戦2019 女流プレミアトーナメント 驚異のツッパリ

高橋侑希が女流プレミアトーナメント決勝に進出/麻雀最強戦2019 女流プレミアトーナメント 驚異のツッパリ

CABO求人MEWS
©AbemaTV

 竹書房が主催する麻雀日本一決定戦「麻雀最強戦2019」の女流プレミアトーナメントの2戦目「女流プレミアトーナメント 驚異のツッパリ」が3月16日に行われ、日本プロ麻雀連盟の高橋侑希が優勝して女流プレミアトーナメントの決勝進出を決めた。

 決勝戦はA卓から佐月麻理子と高橋侑希、B卓から西嶋ゆかりと米崎奈棋が勝ち上がった。

 決勝戦は東1局の親で2600オールをアガった佐月と東1局2本場、東2で連続でアガった米崎が接戦で進んだが、東3局の親番をラス目で迎えた高橋がリーチ・ツモ・發・ドラ3・裏3の8000オールをアガり一気にトップ目に立ち、その後も着実な局回しでリードを広げた。終盤に12000と8000をアガった西嶋がオーラスを2000・4000ツモ条件で迎えたが2本場で門前ホンイツのドラと白のシャンポン待ちを聴牌もアガれずに流局。その後米崎の親番が4本場まで続いたが、最後は高橋が自力でアガり優勝を決めた。

東3局の高橋の8000オール ©AbemaTV

 優勝した高橋は「あの8000オールがアガれて一息つけたのですが、最後はすんなり終われずに、自力決着の為に思い切ってドラのを切りました。なんとか自力決着ができて良かったです。」と喜びを語った。

【驚異のツッパリ 決勝】

1位 高橋侑希(日本プロ麻雀連盟)
2位 西嶋ゆかり(日本プロ麻雀連盟)
3位 米崎奈棋(日本プロ麻雀協会)
4位 佐月麻理子(日本プロ麻雀協会)

関連URL

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top