麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
岩﨑真が終盤に抜け出し激戦を制して優勝 2年連続で最強戦ファイナルに進出/麻雀最強戦2019 アース製薬杯男子プレミアトーナメント 恐れ知らずの打撃戦&決勝

岩﨑真が終盤に抜け出し激戦を制して優勝 2年連続で最強戦ファイナルに進出/麻雀最強戦2019 アース製薬杯男子プレミアトーナメント 恐れ知らずの打撃戦&決勝

CABO求人MEWS

6月30日(日)竹書房が主催する麻雀日本一決定戦「麻雀最強戦2019」のアース製薬杯男子プレミアトーナメントの3戦目「アース製薬杯男子プレミアトーナメント 恐れ知らずの打撃戦&決勝」が行われた。

配信ページ

予選はA卓から下石戟と山田学武、B卓から大和とHIRO柴田が勝ち上がった。

決勝戦は東2局、ドラがの局に下石のドラ単騎のリーチに対してHIRO柴田がで追いかけリーチ。この2軒リーチを下石が制してリーチ・ツモ・七対子・ドラ2の3000・6000でリードを得た。

東2局 下石の3000・6000 ©AbemaTV

しかし大和が東3局の親番で5800をアガり接近。その後南1局3本場に下石の一盃口ドラドラの先制聴牌。しかし大和が待ちで追いついてリーチ。そして山田も待ちのツモり三暗刻の追いかけリーチ。下石もドラのを暗刻にして待ちのリーチと熾烈な3軒リーチになった。

南1局3本場 大和の2000オール ©AbemaTV

この1局を制した大和が一歩抜け出し、下石との一騎打ちに。下石の最後の親番は2本場まで続いたが大和が最後のアガリをモノにして振り切った。

プレミアトーナメント決勝に進出した大和は「自分はまだ場況を読むことに長けていないので自分に正直に打とうと思っていました。自分らしく打ててよかったと思います。」と語った。

そして引き続きプレミアトーナメント決勝が行われた。王者の底力勝者の内川幸太郎、手役の魔力勝者の岩﨑真、空中決戦勝者の蛯原朗、恐れ知らずの打撃戦勝者の大和での1半荘勝負。勝者が最強戦ファイナルに進出することとなる。

プレミアトーナメント決勝対局者 ©AbemaTV

決勝の決着は、平和三色が決め手となった。

接戦のまま東場は進行し、誰も3万点を越えない緊迫した状況のまま南入。

微差のトップ目親番の内川が親番で先制リーチ。

高めのをツモれば6000オール。そしてリーチ時点では山に3枚、誰の手にも入らなかったが、内川のツモ巡にもは現れず、無常の流局となった。

南1局 内川のリーチは流局に終わる ©AbemaTV

そして南3局2本場、岩﨑の先制リーチにタンヤオの聴牌が入っていた内川が長考の末宣言牌マタギのを勝負。しかし岩﨑のリーチ・平和・三色への痛恨の放銃となった。

南3局2本場 岩﨑の8000 ©AbemaTV

最終局は倍満ツモ条件の内川がドラツモに祈りを込めてタンヤオ・高め三暗刻・ドラ2のリーチをかけたは山になく流局。岩﨑の逃げ切り優勝となった。

優勝した岩﨑は2年連続のファイナル進出となった。「南3局2本場はよほどの状況にならない限りチーせずにリーチして点差を広げようと考えていました。勝負所で手が入ってくれて良かったです。」と喜びを語った。

次回は7月13日(土)「男子プロ代表決定戦 天使の吐息」がAbemaTVにて放送。

男子プロ代表決定戦 天使の吐息 出場者

関連URL

麻雀最強戦HP

蛯原朗が土壇場の6000オールの一撃で優勝 アース製薬杯男子プレミアトーナメント 空中決戦

岩﨑誠が誰にもアガらせない完全優勝 アース製薬杯男子プレミアトーナメント 手役の魔力

内川幸太郎が優勝 アース製薬杯男子プレミアトーナメント 王者の底力

水口美香が優勝 麻雀最強戦2019 女流プレミアトーナメント結果記事

最強戦ガールズとアシスタント告知記事

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top