麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
水口美香が2年ぶり2度目のファイナル進出!/麻雀最強戦2019 女流プレミアトーナメント  予選では内田みこが四暗刻成就

水口美香が2年ぶり2度目のファイナル進出!/麻雀最強戦2019 女流プレミアトーナメント  予選では内田みこが四暗刻成就

CABO求人全自動麻雀卓スリム

 4月20日(土)竹書房が主催する麻雀日本一決定戦「麻雀最強戦2019」の女流プレミアトーナメントの4戦目「女流プレミアトーナメント 皮肉な下克上」、同日「女流プレミアトーナメント決勝戦」が行われた。

 「女流プレミアトーナメント 皮肉な下克上」決勝戦はA卓から内田みこと豊後葵、B卓から清水香織と里中花奈が勝ち上がった。

 A卓では新人の内田が出アガリ1600点を拒否し、四暗刻を一発でツモアガるなど見せ場を作った。

予選A卓 内田みこの四暗刻 ©AbemaTV

 決勝戦、豊後は序盤苦しい展開を迫られるものの、南1局3本場供託3000点を、トイツが多い手牌から積極的に仕掛け、北・トイトイの3900は4800と供託3000点の満貫級の収入を獲得し、トップ目に。

豊後の3900のアガリ ©AbemaTV

 さらにリーチ・ツモ・ピンフ・ドラの1300・2600をアガって加点し女流プレミアトーナメント決勝進出を決めた。

喜びを語る豊後 ©AbemaTV

 優勝した豊後は「やっと勝てました。今日はすごく集中して打てて、どうしても勝ちたいと思っていました。今日誕生日なのでダブルでうれしいです」と喜びを語った。

【皮肉な下克上 決勝】

1位 豊後葵(日本プロ麻雀協会)

2位 里中花奈(RMU)

3位 内田みこ(日本プロ麻雀連盟)

4位 清水香織(日本プロ麻雀連盟)

 続けて行われた「女流プレミアトーナメント決勝戦」では予選を勝ち抜いた以下4名が出場。

「華麗な技」から水口美香(日本プロ麻雀協会)

「脅威のツッパリ」から高橋侑希(日本プロ麻雀連盟)

「一発逆転」から茅森早香(最高位戦日本プロ麻雀協会)

「皮肉な下剋上」から豊後葵(日本プロ麻雀協会)

 南3局まで豊後が優勢でファイナル進出かと思われたが、ラス親の茅森が粘りを見せ、断ラスから2着目と3200点差の微差でトップに浮上。アガリ辞めのないルールで、茅森はもう一アガリ欲しいところだったが、南4局4本場で水口がリーチ・タンヤオ・ピンフ・ツモ・イーペーコー・ドラ2の3000-6000をアガって3着からトップに。2年ぶり2度目のファイナル進出を決めた。

水口の3000-6000 ©AbemaTV

 水口はうっすらと涙を浮かべながら「今日は1日通して苦しい配牌も多かったんですが、オーラス満貫ツモ条件になってから、あの手が入って本当によかったです。最強戦ファイナルに残れたのは2017年ぶりになります。そのときはオーラスを1、2時間くらい続けて同卓していた男性3人をお手洗いに行かせて、金本委員長を怒らせてしまったんですけれども、今年もまたそれぐらいの粘りを見せたいと思います。頑張ります」と語った。

水口と金本実行委員長 ©AbemaTV

次回は5月18日(土)「2019男子プレミアトーナメント王者の底力」がAbemaTVにて放送。

出場者

荒正義 (日本プロ麻雀連盟)

ともたけ雅晴(日本プロ麻雀連盟)

井出洋介 (麻将連合)

藤崎智(日本プロ麻雀連盟)

鈴木優 (最高位戦日本プロ麻雀協会)

山井弘(日本プロ麻雀連盟)

内川幸太郎 (日本プロ麻雀連盟)

滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)

関連URL

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top