麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
神域リーグ選手インタビュー:白雪レイド「面白い麻雀を打ちつつも、結果を出したい」

神域リーグ選手インタビュー:白雪レイド「面白い麻雀を打ちつつも、結果を出したい」

BULL2021求人ニルウッドカバー

チームアトラスのAランク指名、白雪レイドさん。

配信ではFPSゲームをメインとしていますが、麻雀でもかなりの実績をお持ちの強者です。

■プロフィール
名前:白雪レイド(しらゆきれいど)
誕生日:2月24日
所属:Neo-Porte(ネオポルテ)
Twitter:https://twitter.com/shirayuki_reid
You Tube:白雪レイドーReid Channelー

――自己紹介と、普段どんな活動をされているか教えてください。

Neo-Porte所属、白雪レイドといいます。

活動開始は2018年8月24日なのでもう3年半ぐらいになると思います。

活動内容は一貫して、FPSという銃を打つゲームをメインでやっています。

傍ら、サブコンテンツ的に麻雀をやってきていました。

麻雀を知らない視聴者さんにも意外と好評で、苦しみながらもちまちま麻雀を打っています(笑)

 

――麻雀の方もかなりの腕前だとお伺いしました。

FPSにハマる前は一番力を入れて遊んでいたゲームが麻雀で、何千局と打ったり、本を読んで勉強したりしていました。

かなり力を入れて勉強してきた過去があるので、ある程度自信はあるのですが、今回Aランクの方々には“麻雀の化身”みたいな方が集まっているので(笑)そこに対抗できるかはわからないです。

 

――高い実力をお持ちでも不安なのでしょうか。

僕が麻雀に真面目に取り組んでいた時期は数年前になるので、記憶がおぼろげなのがちょっと不安ですね。

それと、「勝ちに行く麻雀」と「Vtuberとしてのエンターテインメントとしての麻雀」が、ややごっちゃになってしまっていて、僕の場合はそれらを切り分けて戦えるかが課題だと思っています。

 

――麻雀はどのようなきっかけで覚えたのでしょうか。

最初は友達がやっていて覚えました。『インターネットでもやったらうまくなるのかなぁ』と思って、ネット麻雀も触り始めました。

ネット麻雀だと段位が出るじゃないですか。

僕はけっこう負けず嫌いで、自分が上の段位に行けないのが悔しくて、「どうすればあがれるんだ!」ってやってたらいつの間にかたくさん打ってました。

 

――FPSや麻雀などに共通する上達の秘訣はありますか。

「自分のプレイを見返す」というのが共通してるのかなって思います。

プレイ中は目の前のことに必死で、なんで勝ったか、なんで負けたかがわからなかったりするんですよね。

でも、後々見返してみたら「こういうところがダメだったな」って客観的に見えてくるようなところが似てるかなと思います。

あと、”いかに周りと一緒に戦ったりするか”、を考えながらプレイできる点も似ていて、性に合っているっていうのはありましたね。

 

――神域リーグに応募された動機を教えてください。

前々から大きな麻雀の大会に参戦する機会が欲しいなと思っていたところ、神域リーグのことを知って。

視聴者的にもきっと求められてたようなコンテンツだと思ったので、個人的には『お、いよいよきたか!』って思いました(笑)

 

――ドラフト会議中は普段どおりFPS配信をされていたとのことですが、どのタイミングで指名を知ったのでしょうか。

正直ドラフト選出されるのは難しいんじゃないかと思っていたので普段通りFPSゲームの配信をしていたのですが、とはいえやっぱりめちゃくちゃ気になってはいたので、配信の傍らドラフト会議の様子をスマートフォンで見ていました。

そしたら画面に「白雪レイド」の文字が映って「お!まじか!!」と(笑)

 

――指名されたお気持ちはいかがでしたか。

素直にありがたいなという気持ち半分と、周りのプレイヤーへの恐怖半分です(笑)

 

――「恐怖」ですか。

千羽さん、鴨神さんは、麻雀Vtuberとして実力を知っているので、『同じ土俵で戦うのか』というプレッシャーがあって(笑)

もこさんは、深夜の段位戦でマッチングしたこともあって、どことなく戦友のように思っているふしもあるのですが、多井隆晴プロからコーチングされて相当強くなっているんだろうなと思っています。

その3人と同じランクで戦うのか、という恐怖ですね(笑)

あと、麻雀プロの方が僕のことを知っているという実感がわかなくて、村上プロが僕のことを指名してくださったことに対して『周りにそそのかされて僕のこと最強雀士と勘違いされてるんじゃないかな……?』というのも怖かったです(笑)

とはいえ指名されたことは光栄なので、『絶対に後悔させないようになにがなんでも勝ちたいな』という気持ちになりました。

 

――本番はどのような麻雀を打ちたいですか。

普段はビリにならない手堅い麻雀も打つのですが、かなり仕掛ける攻撃的な麻雀も得意としていて、雀魂でもフーロ率が相当高く、45%くらいあります。

これは周りの雀士にはあまりない打ち筋だと思うので、神域リーグでは不意をつく鳴きとかができたら面白いかなって思ってます。

 

――意気込みも教えてください。

とにかく全員ボコボコにして、理不尽な勝ち方で勝ちたいなって思ってます。

麻雀って、技術とかスーパープレイもあると思うんですけど、それを上回る豪運というのは何者にも止められないと思っているので、その圧倒的運で麻雀上手な人たちをヒィヒィ言わせたいですね。

 

――本番までの練習ではどこに力を入れたいですか。

基礎の部分が大事だと思うので、麻雀をがっつりできていなかったここ数年の間に出た著名な本に目を通してみたいです。

あとは、ずんたんさんに麻雀の極意を伝授してもらえたりするのかな、って楽しみにしています。

 

――村上監督へはどういった印象をお持ちでしょうか。

機械オンチで、かわいいイメージです(笑)

 

――(笑)ではチームメイトの印象を教えてください。

メイカちゃんは、以前から麻雀だけでなく別のゲームでも交流があったので、「お前かwwww」っていう感じで、けっこう気楽にできて嬉しいです。

すごいムードメーカーでいっつも元気なので、チームの雰囲気とか勝手に盛り上げてくれるかなとかなり期待してます。

ルイスさんは直接の絡みがなかったのですが、麻雀の実力に関しては「すげえ強い」っていう噂を聞いているのと、チームのチャットで「(雀魂の)段位あげてきました!」ってスクショをあげてきたので、頼れそうだな、という印象です。

 

――そんなチームの中で、レイドさんはどんなポジションになりそうでしょうか。

僕は普段はネタ枠というか、芸人枠というか(笑)

人々に笑われる麻雀を打つことがかなり多いんですけれども、今回は引っ張っていく側にならなきゃと思っているので、面白い麻雀を打ちつつも、最終的に結果を出したいと思います。

 

――先程お名前に挙がった方以外で気になる選手はいますか。

今回知らない人がほとんどいないので、みんな気になりますね(笑)

しいて言うと、やっぱり天開さんですかね。麻雀を今までずっと打ってきているイメージがあるので、勝負強いんじゃないかなと。

あと、僕、HIPHOPが好きで、Fraさんのことは勝手に存じ上げていたんですけど、『えっ!麻雀打つんだ!』ってすごいびっくりしました。本番どんな麻雀打つのか気になるところです。

 

――最後に、視聴者の皆様へひとことお願いします。

視聴者のみなさんはきっと僕がボコボコにされるところを見たがっているんじゃないかなって思うんですけど、今回は申し訳ないですが、かっこいいところが見せれちゃうんじゃないかなって思ってるんで、どうぞ応援のほどよろしくお願いいたします。

ドラフト会議の結果はこちら

神域Streamerリーグドラフト会議結果!1巡指名は咲乃もこ、白雪レイド、鴨神にゅう、千羽黒乃!以降の指名は記事をチェック!

この記事のライター

青森 りんこ
お店がどんどん減っていくなど、寂しくなる青森県を盛り上げるためにVtuberとしてバーチャル活動を開始。全力で地方創生に取り組みたいと、青森に会社も設立した。

冬は雪に囲まれている津軽地方で生まれ育ったため、インドア・ゲーム大好きっ子。中でも麻雀は大好きで、いつか麻雀で地域おこしもしたいと思っている。

神域リーグの公式ライターとして選手のインタビューを行う。

<実績>
・近代麻雀本誌特集「麻雀に熱いV」執筆
・近代麻雀本誌コラム「麻雀Vtuberランキング」連載
・書籍「初心者からぐんぐん強くなる麻雀何切る」構成
・近代麻雀本誌戦術コラム「コバゴー式麻雀メカニズム」構成(連載中)

新着記事

Return Top