麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【8/1  神域リーグ 第7節 結果】村上淳、歌衣メイカ選手、郡道美玲選手がトップ!アトラスが一歩抜け出したか!?「歌衣メイカが全部正しい」実況の多井も思わず呟くその強さとは!?

【8/1 神域リーグ 第7節 結果】村上淳、歌衣メイカ選手、郡道美玲選手がトップ!アトラスが一歩抜け出したか!?「歌衣メイカが全部正しい」実況の多井も思わず呟くその強さとは!?

BULL2021求人朝宮あろま

Mリーガー4名が監督になり、それぞれ3ランクのYoutuberを率いたチーム戦、「神域Streamerリーグ」の第7節が8月1日に配信された。

本配信URL

況:日向藍子 解説:多井隆晴 ゲスト:如月れん

▼麻雀ウォッチでは個人スタッツも公開中!

▼過去結果記事

第6節終了時点のスコア

第19試合出場選手

第19試合の出場選手

東家:松本吉弘(ランクS)
チームヘラクレス

南家:咲乃もこ(ランクA)
チームアキレス

西家:村上淳(ランクS)
チームアトラス

北家:鴨神にゅう(ランクA)
チームゼウス

第19試合

東1局、なんと3巡目で村上がチートイツ[北]待ちのリーチ。これに鴨神にゅうさんが一発で放銃し、村上の8000のアガリとなった。

東1局、村上の8000

東2局、松本が[一]の暗カン。そこに親番の咲乃もこさんがペン[七]待ちのリーチ。真っ直ぐ目一杯に進めた松本から[七]がこぼれ、咲乃もこさんが7700のアガリを決める。

東2局、咲乃もこさんの7700

東2局1本場、鴨神にゅうさんがタンヤオドラ3で仕掛けるがなかなかアガれず。松本・村上から続けてリーチが入り、鴨神にゅうさんが松本のアガリ牌を掴み、松本の3900のアガリとなった。

東2局1本場、松本の3900

東3局、苦しい8000放銃からスタートした鴨神にゅうさんがリーチ・ツモ・ドラ1の1000・2000をツモアガり、3着との差を縮めた。

東3局、鴨神にゅうさんの1000・2000

南1局1本場、前局1000オールをツモった親番の松本に、大物手が狙えそうな好配牌。安い入り目を引いてテンパイするも、一発・裏ドラがつき、4000オールへと化けた。

南1局1本場、松本の4000オール

南1局3本場、親番松本の連チャン猛攻撃を、咲乃もこさんがリーチ・ツモ・ドラ1の1000・2000で止める。

南1局3本場、咲乃もこさんの1000・2000

南2局、鴨神にゅうさんがピンフの先制リーチ。親番の咲乃もこさんが暗刻のドラから1枚切る形でのドラ切り追っかけリーチを敢行するも、鴨神にゅうさんがツモって裏ドラを2枚乗せての2000・4000をアガる。鴨神にゅうさんはラス回避が狙える位置まで浮上した。

南2局、鴨神にゅうさんの2000・4000

南3局、村上の5巡目リーチが炸裂し、2600オールのツモアガリ。このアガリにより、トップ目の松本と100点差まで迫る。

南3局、村上の2600オール

南3局2本場、咲乃もこさんが配牌9種というバラバラな状態から[発]を仕掛け、遠いホンイツへ向かう。これが見事成功し、3900点をトップの松本からアガる。供託と本場もついて、トップ目の村上まで2200点まで迫った。

南3局2本場、咲乃もこさんの3900

オーラスは、なんとかラス回避をしたい親番鴨神にゅうさん、トップ争いの松本、咲乃もこさん、村上という構図に。トップ目村上のリーチに、松本もトップが狙えるテンパイで戦う。しかし松本が村上のアガリ牌を掴み、6400の点数移動。村上がトップのまま決着となった。

オーラス、村上の6400

第19試合トップの村上は「魂天は強いですね。最後も薄い牌でアガれたようだし、ツイてました」と喜びを語った。また、南3局をオーラスと勘違いをして「やったー!トップだ!」と喜んだという勘違いエピソードも披露し、配信を沸かせた。村上は今回が神域リーグ初トップとなった。

第19試合結果
1位 村上淳(チームアトラス)+57.9
2位 咲乃もこ(チームアキレス)+9.3
3位 松本吉弘(チームヘラクレス)▲21.5
4位 鴨神にゅう(チームゼウス)▲45.7

第19試合終了時点のスコア

第20試合出場選手

東家:歌衣メイカ(ランクC)
チームアトラス

南家:Fra(ランクC)
チームゼウス

西家:渋谷ハジメ(ランクC)
チームヘラクレス

北家:咲乃もこ(ランクA)
チームアキレス

第20試合

東1局、親番の歌衣メイカさんが早々にテンパイを入れるも、Fraさん・渋谷ハジメさんが続けてリーチ。3人テンパイ対決を、歌衣メイカさんから討ち取る形でFraさんが制した。

東1局、Fraさんの8000

東2局、歌衣メイカさんがピンフ・赤の先制リーチ。ツモって裏ドラを乗せ、2000・4000。先程の失点をすぐさま取り戻した。

東2局、歌衣メイカさんの2000・4000

東3局、親の渋谷ハジメさんが見事な選択でドラを重ね、[⑦]のトイツ落としの途中で咲乃もこさんから[④][⑦]待ちのリーチを受ける。長考の末[⑦]が放たれ、咲乃もこさんがリーチ・ピンフ・一発で3900のアガリを決めた。

東3局、咲乃もこさんの3900

東4局、親番の咲乃もこさんが軽快に仕掛け、そこへ渋谷ハジメさんがリーチ。渋谷ハジメさんの現物の[1]が歌衣メイカさんから打たれ、咲乃もこさんの2900のアガリとなった。

東4局、咲乃もこさんの2900

東4局1本場、親の咲乃もこさんがドラ待ちのチートイツでテンパイ。歌衣メイカさん、Fraさん、渋谷ハジメさんが続々と仕掛け、3人テンパイ対決になるが、歌衣メイカさんが見事チンイツ赤の3000・6000をツモりあげた。

東4局1本場、歌衣メイカさんの3000・6000

南1局、トップ目の歌衣メイカさんが3フーロ。単騎の待ち選択を正解し、2900のアガリを捉えた。

南1局、渋谷ハジメさんの2900

南2局、親番のFraさんがカンチャン待ちとシャンポン待ちのリーチの待ち選択。この選択が功を奏し、一発で捉えて12000のアガリを決めた。

南2局、Fraさんの12000
南3局、咲乃もこさんの6400

オーラス、トップ目の歌衣メイカさんがドラドラの手を積極的に仕掛けて3フーロ。トイトイドラ4の大物手をテンパイ。3000・6000のツモアガリとなり、自身の手で4回目となるトップを決めた。

オーラス、歌衣メイカさんの3000・6000
第20試合トップの歌衣メイカさん

第20試合、歌衣メイカさんは、自身の反省も交えながらも「運がすごい良かった」と話した。個人成績トップの歌衣メイカさんは、この試合でスコアが+200を超え、「これからはラス回避につとめます!」と漢気封印をほのめかすコメントをし、笑いを誘った。

第20試合結果
1位 歌衣メイカ(チームアトラス)+68.6
2位 Fra(チームゼウス)+12.2
3位 咲乃もこ(チームアキレス)▲26.0
4位 渋谷ハジメ(チームヘラクレス)▲54.8

第20試合終了時点のスコア

第21試合出場選手

東家:郡道美玲(ランクC)
チームアキレス

南家:天開司(ランクB)
チームゼウス

西家:千羽黒乃(ランクA)
チームヘラクレス

北家:白雪レイド(ランクA)
チームアトラス

第21試合

東1局、千羽黒乃さんが3メンチャンのドラ3リーチ。こちらもドラドラ3メンチャンで追いついた天開司さんから当たり牌が放たれ、千羽黒乃さんの8000のアガリとなった。

東1局、千羽黒乃さんの8000

東3局、白雪レイドさんがドラの[中]をポンしてマンガンテンパイ。親の千羽黒乃さんがタンピン赤でリーチをし、2人の真っ向勝負に。この勝負は白雪レイドさんが制し、千羽黒乃さんから白雪レイドさんへ8000点が移動し、トップが入れ替わる形となった。

東3局、白雪レイドさんの8000

東4局、親番の白雪レイドさんが5800のテンパイ。そこへ天開司さんがリーチ。結果トップ目の白雪レイドさんからラス目の天開司さんへ5200点が移動することとなり、全員原点付近で南入となった。

東4局、天開司さんの5200

南1局、親番の郡道美玲さんが三面張のリーチ。白雪レイドさん、千羽黒乃さんもテンパイの、3人の対決を郡道美玲さんがツモアガリで決める。全員並んでいるところで4000オールという大きな加点となった。

南1局、郡道美玲さんの4000オール

南1局1本場、親番の郡道美玲さんが丁寧にダマテン選択をし、2000オールのツモアガリ。さらに加点して2位以下を引き離す。

南1局1本場、郡道美玲さんの2000オール

3局、千羽黒乃さんが4000オールのツモアガリ。ラス争いから頭ひとつ抜け出した。

南3局、千羽黒乃さんの4000オール

オーラス、白雪レイドさんが仕掛けて3フーロ。南・トイトイの5800をアガり、トップ目の郡道美玲さんを追いかける。

オーラス、白雪レイドさんの5800

オーラス1本場、天開司さんがラス回避の望みをつなぐ[南]単騎のチートイツリーチ。白雪レイドさんがテンパイから[南]を切り、天開司さんへ6400点の移動となった。この点数移動により、天開司さんはラス目から2着目まで浮上、白雪レイドさんは2着からラスとなり、大きく入れ替わった。トップは郡道美玲さんとなった。

オーラス1本場、天開司さんの6400
第21試合トップの郡道美玲さん

第21試合、郡道美玲さんは「解説席にいる監督(多井隆晴)に麻雀を教えてあげようかな」と場を盛り上げ、それに多井が反論するというエンタメ溢れるインタビューとなった。

第21試合結果
1位 郡道美玲(チームアキレス)+57.8
2位 天開司(チームゼウス)+1.6
3位 千羽黒乃(チームヘラクレス)▲18.6
4位 白雪レイド(チームアトラス)▲40.8

第21試合終了時点のスコア
第7節終了時点の個人ランキング

次節配信、お知らせ

次節は8月19日18時から放送。実況は小林未沙、解説は松本吉弘が務め、青森りんこがゲスト参加する。

第8節 8月19日 実況:小林未沙 解説:松本吉弘 ゲスト:青森りんこ
 

関連ページ

この記事のライター

青森 りんこ
お店がどんどん減っていくなど、寂しくなる青森県を盛り上げるためにVtuberとしてバーチャル活動を開始。全力で地方創生に取り組みたいと、青森に会社も設立した。

冬は雪に囲まれている津軽地方で生まれ育ったため、インドア・ゲーム大好きっ子。中でも麻雀は大好きで、いつか麻雀で地域おこしもしたいと思っている。

神域リーグの公式ライターとして選手のインタビューを行う。

<実績>
・近代麻雀本誌特集「麻雀に熱いV」執筆
・近代麻雀本誌コラム「麻雀Vtuberランキング」連載
・書籍「初心者からぐんぐん強くなる麻雀何切る」構成
・近代麻雀本誌戦術コラム「コバゴー式麻雀メカニズム」構成(連載中)

新着記事

Return Top