麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
神域リーグ選手インタビュー:郡道美玲「麻雀の配信を本番までに100時間やりたい」

神域リーグ選手インタビュー:郡道美玲「麻雀の配信を本番までに100時間やりたい」

BULL2021求人健康マージャン全国会

チームアキレスのCランク指名、郡道美玲さん。

アキレス監督の多井隆晴プロに「誰を指名しようか悩んで眠れなかったが、郡道だけは選ぼうと思っていた」と言わしめた魅力に迫ります。

■プロフィール
名前:郡道美玲(ぐんどうみれい)
誕生日:6月14日
所属:にじさんじ
Twitter:https://twitter.com/g9v9g_mirei
YouTube:【3年0組】郡道美玲の教室

――自己紹介と、普段どんな活動をされているか教えてください。

にじさんじ所属、バーチャルYouTuberの郡道美玲です。2019年の1月18日(※)にデビューして、3周年ぐらいです!

麻雀配信を3日に1回ぐらいしていて、にじさんじの中では最多だと思います。そろそろ250回くらい配信してることになるのかな。

※インタビュアーが念のため確認したところデビュー日は1月17日との情報もありました。有識者の方々の情報提供お待ちしております。

 

――何故そんなにたくさん麻雀をされるようになったのでしょうか。

雀魂の斎藤治さんというキャラクターが大好きになって。

治さんの声がたくさん聴きたくて、治さんの”役読み上げボイス”を全部コンプリートするためにやっていたら、いつの間にか麻雀関係の人脈が広がっていって、どんどんやる機会が増えて楽しくなっていきました。

 

――斎藤治さんへの愛は漫画にもなっていましたね。

はい。”斎藤治さんが私の世界へ飛んできて、ともに雀荘を運営する”というお話の漫画『郡道先生、それロンです!』を近代麻雀で8回にわたり連載をさせていただきました。

なんと4月5日に単行本が発売されておりますのでぜひ!

ちなみに治さんは今台所で私のために夜ご飯を作ってくださっています。

 

――神域リーグに応募された動機を教えてください。

隆晴(多井隆晴プロ)と伊東ライフと天開司と私でご飯に行った時、司がいきなり「話したいことがあります」と言い始めて。

その時は『プロボーズかな!?』と思ったんですけど、紙のプレゼン資料を出して「神域リーグというものがやりたい。多井プロに協力していただけないか」ということで、そのまま会議の場になったんです。

司は友達ですし、ここまで麻雀の発展に尽力してる人はいないと思っているので、私も神域リーグを盛り上げることで司の手伝いをしたいと思ったのが一番の動機です。

 

――指名された瞬間のお気持ちはいかがでしたか。

指名の時に隆晴がものすごい苦渋の顔をしてたので、『もしかして郡道を選ばないことに対する罪悪感でこの顔をしてるんじゃないか』と思ってました。(笑)

なので呼ばれてとても嬉しかったですね。

 

――多井監督はとても悩んだ中、「郡道だけは選ぼう」と思っていたとおっしゃられておりました。「麻雀界と配信界をつないでくれたのは郡道と天開だ」「自分も郡道のおかげでここまでやってきた」と。

そこまで評価していただけていることをとてもありがたく思っています。

隆晴の初めてのコラボは私とで、それまで麻雀プロとVtuberは一切関わりがなかったので、今のように簡単にコラボできる環境を作ったきっかけになっているのは私と隆晴なんじゃないかなと思っている気持ちもあります。

なのでこれからも隆晴と手を取り合って広げていけたらと思います。

 

――多井監督のエピソードがあったらお伺いしたいです。

隆晴はほんとに”Vtuber大好きなおじさん”で、今回の選抜結果も「大好きなVを選びました」みたいに見えるので非難されてたりはしていましたが、でも、やっぱり誰よりも麻雀のことを考えているなって思います。

例えば登録者数200人ぐらいのVtuberともコラボをして、その人が育つように協力して、「麻雀界がどんどん広がって、麻雀の配信者が増えるように」という努力をコツコツ続けていらっしゃるのが素晴らしいなと。

そういった意味では尊敬しています。そういった意味じゃない部分では尊敬していないです。

 

――郡道先生は「麻雀はクソゲー!」などともよくおっしゃられていますが、神域リーグにはどのような心持ちで臨まれますでしょうか。

たくさんの人が人生を懸けて頑張っているので、私もただ「クソゲー!」と言って投げるんじゃなく、99%振り込んじゃうみたいなやつを98%に減らしたりとか、そういう努力はできるかなと。そういったことを積み重ねていって、神域リーグには「少しでも守備の強い選手」として出られたらと思っております。

まぁクソゲーであることに変わりはないんですけど。

 

――本番までは何に力を入れたいですか。

二点ありまして。

一つ目は、麻雀の配信を本番までに100時間やりたいなと思っています。

二つ目は、Fraさんとか白雪レイドくんとか、あまり麻雀配信をしていなくて麻雀のイメージがない人を巻き込んだコラボ企画をたくさんやっていきたいです。神域リーグのメンバーの個性を知ってもらって、広めていけるような広報活動ができたらいいなと思っています。

 

――チームメイトの印象を教えてください。

あまみゃ(天宮こころ)は、コラボ配信もしていて仲が良いのですが、すごく優しい子なので、私が間違ったことをしても怒らないし受け入れてくれちゃうんですよね。

だから、今回は一線を超えて、「これは違うんじゃない?」と言い合えるような関係になれたらいいなと思ってます。

チームアキレスのサーバーでは「これ何切る?」「これどう思う?」とお互い出し合ってるので、高め合えてる良い関係になれてると思います。

咲乃もこちゃんは、もこちゃんの「ドラフト会議同時視聴配信」を見させていただいて。朝陽にいなさんという方と一緒に見られていたんですけど、にいなさんが残念ながら落ちてしまったんですよね。

そしたらもこさんが泣きながら「にいなちゃんはこんなに頑張ってきたんだ」ってことを一生懸命説明していて。『ほんとにいい子だな、この子のために頑張りたいな』って思って大好きになりました。

私はとにかく明るく盛り上げていきたいです!

 

――チーム内外問わず、意識されている選手はいますか。

誰であろうが勝ちます。

 

――勝負飯やジンクス、ルーティーンはありますでしょうか。

昔麻雀大会でボロ負けした時にサラダチキンを食べたんですけど、それを隆晴に言ったら「サラダチキンはダメだ!焼肉を食え!」と言われたので、試合に出る前は焼肉を食べようと思います。

開幕前には伊勢神宮にも行きたいです。

 

――最後に、視聴者の皆様へひとことお願いします。

打牌批判やめてください。以上です。

 

――(笑)。他に触れておきたいことはありますでしょうか。

あ、じゃあ今回残念ながら神域リーグドラフトに選ばれなかった人へ。

今回はものすごい倍率だったと聞いているのですごくたくさんの選手が落ちてしまったと思うんですけど、今回成功したら来年再来年と続いていくと思いますので、どうか、今回成功させるためにも、皆様の応援がとても必要です。

苦しい気持ちもあると思うんですけど、『来年出てやるぞ』という気持ちで、共に麻雀を頑張っていけたらと思っています。よろしくお願いします!

ドラフト会議の結果はこちら

神域Streamerリーグドラフト会議結果!1巡指名は咲乃もこ、白雪レイド、鴨神にゅう、千羽黒乃!以降の指名は記事をチェック!

この記事のライター

青森 りんこ
お店がどんどん減っていくなど、寂しくなる青森県を盛り上げるためにVtuberとしてバーチャル活動を開始。全力で地方創生に取り組みたいと、青森に会社も設立した。

冬は雪に囲まれている津軽地方で生まれ育ったため、インドア・ゲーム大好きっ子。中でも麻雀は大好きで、いつか麻雀で地域おこしもしたいと思っている。

神域リーグの公式ライターとして選手のインタビューを行う。

<実績>
・近代麻雀本誌特集「麻雀に熱いV」執筆
・近代麻雀本誌コラム「麻雀Vtuberランキング」連載
・書籍「初心者からぐんぐん強くなる麻雀何切る」構成
・近代麻雀本誌戦術コラム「コバゴー式麻雀メカニズム」構成(連載中)

新着記事

Return Top