麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
神域リーグ選手インタビュー:ルイス・キャミー「強くなりたい私にとってこの舞台はチャンス」

神域リーグ選手インタビュー:ルイス・キャミー「強くなりたい私にとってこの舞台はチャンス」

BULL2021求人ニルウッドカバー

チームアトラスのBランク指名、ルイス・キャミーさん。

神域リーグ以前より麻雀プロに弟子入りし、真剣に麻雀に取り組んでいます。

麻雀漫画が大好きで、たくさん読み漁っていたとのこと。

■プロフィール
名前:ルイス・キャミー
誕生日:2月22日
所属:にじさんじ
Twitter:https://twitter.com/Luis_Cammy
You Tube:ルイス・キャミー


――自己紹介と、普段どんな活動をされているか教えてください。

2019年10月31日、ハロウィンの日にデビューしました!ルイス・キャミーです。

主に麻雀の配信をしています。

 

――麻雀はどのようなきっかけで覚えたのでしょうか。

当時にじさんじでは「麻雀ミリしら」が流行ってたんですよ。

全く知らない人たちが麻雀をして、おかしなことになっちゃうっていうやつで、”下手”ということが目立ってたんですよね。

麻雀は詳しくなかったんですけど、もともと麻雀漫画が好きでたくさん読んでいたのもあって、興味はあったので、『逆にマジで強いの目指してみるか』って、一から強くなる努力してみよう思ったのがきっかけでしたね。

 

――麻雀はしないけど麻雀漫画がお好きだったということですね。麻雀漫画を手に取るきっかけはあったのでしょうか。

友達のお父さんが揃えていたんですよね。

そこで初めて『打姫オバカミーコ』を知って、最初は『絵柄が独特だな~』と気になったのですが、読み進めるとストーリーが面白くて、主人公ミーコと師匠のやり取りとか、ミーコの独特な発想とか、麻雀以外の部分、成長物語に惹かれて夢中になりました。

そこからいろいろ読んで、近代麻雀の雑誌も買うようになって。『アカギ』とか『BW(ビューティフルワールド)』とか『鉄鳴きの麒麟児』とか『インパチ先生』(3年B組一八先生)とか『むこうぶち』とか、大好きで本当にいろいろ読んでました。

でも麻雀のルールは全然知らなかったので、高い手が出てても「なんかかっこいい強いやつ出た~!」くらいの感覚でした。(笑)

 

――実際に麻雀に触れてみて、いかがでしたか。

最初は大変手探りで「食い延ばし」と「喰い替え」の違いもわからなかったですし、「フリテン」もわからなかったですし……中途半端に知識が入っていたせいもあって、最初は間違えまくりでしたね。

でも、覚えてからは、麻雀漫画が一層楽しく読めるようになりました。

 

――実際にご自身が打つ麻雀の楽しさに目覚めたきっかけはありますか。

最初はがむしゃらにとにかく打ってみよう、と思っていたんですけど、実際やってみたら『師匠がいないと難しいな』って思いまして。

Vtuberでもあり麻雀プロでもある牛さん(齋藤豪プロ)に「弟子にしてください!強くなりたいんです」って頼んで弟子にしてもらいました。

それで本腰を入れて学ぶようになってから、いろんなことを知れて面白くなりました。

 

――神域リーグに応募された動機を教えてください。

麻雀大会には何度か参加させていただいたんですけど、Mリーグのような長期にわたるガチンコ対決の経験はなかったので、“強くなる”という名目で頑張り続けてきた私にとって『この舞台はチャンスだ!』と思って応募させていただきました。

 

――ドラフト会議で指名された瞬間のお気持ちはいかがでしたか。

素敵な選手・強い選手がいらっしゃる中、自分が選ばれるかすごい不安だったんですよね。

だから選ばれた時はすごい嬉しかったです。

 

――村上淳プロからの指名を受けて、どう思われましたでしょうか。村上プロとはお仕事でご一緒されたことがあるとのことでしたが。

はい、『しゃむつう(社務所通信)』という番組でご一緒させていただきました。

でも『ルイスのこと覚えてるかな』って不安でした(笑)

ドラフトの時にそのことに触れてくださったので、覚えていただけて嬉しかったです。

あと、ドラフトに向けて、一ヶ月の間配信で段位戦だけやってたんですけど、それにも触れてくださって。その意気込みを買って選んでくれたことが何より嬉しかったですね。

 

――村上プロにはどのようなイメージがありますか。

お茶目なかわいらしい方という印象です!(笑)

機械系に疎くて、連絡手段がないのがあれこれ大変でして(笑)

でも、わからないなりにあたふたしながら対応してくれてて、『なんて愛らしいおじさまなんだろう!』って思っております(笑)

 

――ではチームメイトの印象はいかがでしょうか。

レイドさんもメイカさんも、どちらかというと芸人気質のイメージがあります(笑)

なによりすごくトークが上手で面白い方々ですね。

でもメイカさんも勝負どころとなったら凄いし、レイドさんも雀聖ですごいつよつよな方なので、芸人として派手に散るのではなく、大旋風を起こしてくれるんじゃないかなと期待しております!

ルイスは、まずはずんたん監督のテクニカルサポートとして頑張っていきたいと思っております(笑)

ちなみにアトラスの配信についてなんですが、まずずんたん監督の配信環境を整えなければいけなくてですね。

顔合わせや練習試合の配信などが遅めになっていて、アトラス推しの方にはやきもきさせてしまうかもしれないのですが、チームのみんなは麻雀の練習も頑張っていて、ずんたん監督は慣れない機械のことをめちゃくちゃ頑張っているので、応援よろしくお願いします!

 

――顔合わせ楽しみですね。チーム外で気になる選手はいますでしょうか。

あまみゃ(天宮こころ)に注目しています。今までいろんな大会で一緒のチームになることが多くて、チームが分かれたのが初めてなんですよね。

爆発力がある麻雀を打つ子で、チーム戦でも一番最初に出ていっぱい稼いできてくれて、「あとはルイス頼んだ!」って帰って来てくれてたので、すごく頼りになる選手だと思っていました。なので今回は敵として現れるのが恐ろしいですね。

 

――天宮こころさんも、気になる選手としてルイスさんのことを挙げておりました。「いつも背中を守ってくれていた。尊敬している選手だけど、今回は負かしたい」と。

その憧れを潰さないように、いつまでも立ちはだかる大きな存在でありたいので、負けられないですね。こちらこそ、負ける気はありません!

 

――神域リーグではどんな麻雀を打ちたいですか。

いつもは守りがちと言われるのですが、今回せっかくずんたん監督のチームなので、リーチを多用したいと思います!

あと今までは段位戦でラス回避の麻雀を打ってきたのですが、リーグではトップを取るのが大事だと思うので、本番までに練習して、トップを取りたいです。

 

――意気込みを教えてください。

初めての試みでありながら、レッドブルさんであったり、いろんな協力があって開催される大きな大きな大会に選んでいただいたことがすごく嬉しいですので、これが第二回に続くような楽しい楽しいリーグ戦になるよう、頑張って盛り上げていきたいと思っています!

 

――ここぞという時の勝負飯はありますでしょうか。

頭を使うお仕事だったり、長時間麻雀の配信をするときにはラムネを食べております!

 

――最後に、視聴者の皆様へひとことお願いします。

はじめて麻雀を打ってきた時から応援してくれているリスナーのみんなにルイスの輝かしい姿を見せるためにも、絶対優勝したいと思います!

チームアトラス、そしてルイス・キャミーの応援、何卒よろしくお願いします!勝つぞ~!

ドラフト会議の結果はこちら

神域Streamerリーグドラフト会議結果!1巡指名は咲乃もこ、白雪レイド、鴨神にゅう、千羽黒乃!以降の指名は記事をチェック!

この記事のライター

青森 りんこ
お店がどんどん減っていくなど、寂しくなる青森県を盛り上げるためにVtuberとしてバーチャル活動を開始。全力で地方創生に取り組みたいと、青森に会社も設立した。

冬は雪に囲まれている津軽地方で生まれ育ったため、インドア・ゲーム大好きっ子。中でも麻雀は大好きで、いつか麻雀で地域おこしもしたいと思っている。

神域リーグの公式ライターとして選手のインタビューを行う。

<実績>
・近代麻雀本誌特集「麻雀に熱いV」執筆
・近代麻雀本誌コラム「麻雀Vtuberランキング」連載
・書籍「初心者からぐんぐん強くなる麻雀何切る」構成
・近代麻雀本誌戦術コラム「コバゴー式麻雀メカニズム」構成(連載中)

新着記事

Return Top