麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【麻雀クイズ王】日本で一番最初に「牌譜」が採られたのはいつ?【梶やんの歴史クイズ】

【麻雀クイズ王】日本で一番最初に「牌譜」が採られたのはいつ?【梶やんの歴史クイズ】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

週2回出題される問題に答えていけば、あなたも麻雀の歴史マスターに!

今日の問題はこちら!


梶本琢程さん(@takutei)から麻雀の歴史についての問題が出題!

問題

配牌からツモ・捨て・アガリ形などを記録したものを「牌譜」といい、昭和40年代の麻雀ブームに伴い、誌上対局(雑誌などが主催する麻雀タイトル戦)を中心に頻繁に麻雀の記録が採られるようになりました。では、その最初は昭和何年でしょう?
1.昭和4年 2.昭和25年 3.昭和34年
  

正解はこちらをクリック
1.昭和4年
日本最初の牌譜は、昭和4年7月13日、当時の日本麻雀連盟で採譜されました。一荘戦16局(連荘なし)で行われ、スコアは現在のように〇〇点とか〇〇ポイントという形ではなく、〇〇符(Aさん+512符、Bさん-238符、…)という形式でした。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top