麻雀さん求人広告

麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー
「現代麻雀技術論」のネマタ氏が巷の戦術本の気になるところをピックアップ!一度読んだ本でもより理解が深まること間違いなし!
全ての記事を1ページで表示する
    ネマタの戦術本レビュー第104回「傑作『何切る』300選 著:G・ウザク 編集:福地誠 その16」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第104回「傑作『何切る』300選 著:G・ウザク 編集:福地誠 その16」

Q109  今回のようにツモによって雀頭をどこにするかを選べることがある場合は、手役やドラをつけやすくなる受けがないかに注意します。 Q110  エントツ形()を含んでいるので、リャンメントイツが更に強くなっています。 …

記事全文を読む283 views
    ネマタの戦術本レビュー第103回「傑作『何切る』300選 著:G・ウザク 編集:福地誠 その15」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第103回「傑作『何切る』300選 著:G・ウザク 編集:福地誠 その15」

Q103  端側のトイツを落とす基本問題のつもりで出題しましたが、のシュンツがあるのででのリャンメントイツ。 しかもを引いた場合も、トイツが残っていれば一通への手変わりを残せる分有利。よって切りの方が有利でした。訂正させ…

記事全文を読む318 views
    ネマタの戦術本レビュー第102回「傑作『何切る』300選 著:G・ウザク 編集:福地誠 その14」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第102回「傑作『何切る』300選 著:G・ウザク 編集:福地誠 その14」

Q97  マンズ4連形から良形面子候補ができれば良形確定とはいえ、中盤で打点的メリットが特にないなら変化よりは受け入れ優先。 打とするとツモの一通変化も失います。親子やドラの有無は特に関係なくこうします。 Q98  赤ド…

記事全文を読む298 views
    ネマタの戦術本レビュー第101回「傑作『何切る』300選 著:G・ウザク 編集:福地誠 その13」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第101回「傑作『何切る』300選 著:G・ウザク 編集:福地誠 その13」

Q91  リャンメンカンチャンのような形を認識できるようにしておくことは大事ですが、結局のところは、 「一手進んだ時によりよい手になりやすいようにする」ことが目的であり、形を覚えることはそのための手段に過ぎないことがお分…

記事全文を読む317 views
    ネマタの戦術本レビュー第100回「傑作『何切る』300選 著:G・ウザク 編集:福地誠 その12」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第100回「傑作『何切る』300選 著:G・ウザク 編集:福地誠 その12」

Q85  チートイツとツモのイーペーコーテンパイ。 どちらも見落としやすいですね。2枚以上持っている牌の数を頭の片隅に意識しておくとチートイツの見逃しが減ります。 飛びトイツについても、何切る問題だと切られることが多いで…

記事全文を読む353 views
    ネマタの戦術本レビュー第99回「傑作『何切る』300選 著:G・ウザク 編集:福地誠 その11」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第99回「傑作『何切る』300選 著:G・ウザク 編集:福地誠 その11」

Q76  この1シャンテンならメンゼン前提で進めてもアガリ率はさほど落ちず、ツモならイーペーコーもつくので打と迷いますが、ツモでもドラが使い切れるので、よりよいツモの多さで勝る打が若干有利とみます。ドラなら切ります。  …

記事全文を読む413 views
    ネマタの戦術本レビュー第98回「傑作『何切る』300選 著:G・ウザク 編集:福地誠 その10」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第98回「傑作『何切る』300選 著:G・ウザク 編集:福地誠 その10」

Q70  浮き牌が4連形で手変わりすると良形確定、なおかつ打点変化があるくらいでないとなかなかリャンカン落としが有力にならないですね。最後まで残ると悪形になり手牌を3枚使ってしまうリャンカンが嫌いという人がいるのも分から…

記事全文を読む421 views
    ネマタの戦術本レビュー第97回「傑作『何切る』300選 著:G・ウザク 編集:福地誠 その9」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第97回「傑作『何切る』300選 著:G・ウザク 編集:福地誠 その9」

Q64   がドラ、の受けがかぶっている。567三色にはなりにくい。これだけ条件が揃えば自然とに手がかかりそうですが、実は意外と難しい問題です。 ドラもタンヤオも1翻なので打点は落ちませんし、を引いた場合はを残していれば…

記事全文を読む340 views
    ネマタの戦術本レビュー第96回「傑作『何切る』300選 著:G・ウザク 編集:福地誠 その8」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第96回「傑作『何切る』300選 著:G・ウザク 編集:福地誠 その8」

Q58   ヘッドレス1シャンテンの場合、面子候補を2つ残す方がテンパイしやすいですが、悪形面子候補を外してリャンメン+雀頭を作りやすい形(多メンチャン形)を残した方が良形テンパイになる受け入れで勝ることが多くなります。…

記事全文を読む381 views
    ネマタの戦術本レビュー第95回「傑作『何切る』300選 著:G・ウザク 編集:福地誠 その7」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第95回「傑作『何切る』300選 著:G・ウザク 編集:福地誠 その7」

Q52 平和の1翻は符がつかないことも、目先の受け入れより手変わりを優先して、カンチャンよりトイツを残すことが多い理由の一つとして挙げられます。   Q53 目先の受け入れより待ちの強さ(テンパイした時の受け入…

記事全文を読む489 views

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 麻雀ウォッチ編集部 イマイ
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)