麻雀さん求人広告

麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

ネマタの天鳳日記

    ネマタの天鳳日記 第15回
ネマタの天鳳日記

ネマタの天鳳日記 第15回

 第5回で、「有効牌の枚数を数える必要はほとんどない」と申しましたが、これは、「数えないと有効牌が何枚あるか分からないような手牌に関しては、有効牌の枚数以外の要素で何を切るべきか決まることがほとんどである」という意味であ…

記事全文を読む415 views
    ネマタの天鳳日記 第14回
ネマタの天鳳日記

ネマタの天鳳日記 第14回

オーラス2着目に跳満ツモでも逆転されないダントツ。流石に勝ったと思ったのですが…  まさかの一発ツモ裏裏で逆転されました。四人麻雀でオーラス倍満ツモ条件から逆転されたのは記憶にある限りではこれで3回目。流石にだいぶレアケ…

記事全文を読む439 views
    ネマタの天鳳日記 第13回
ネマタの天鳳日記

ネマタの天鳳日記 第13回

 カンでテンパイ。打なら純チャン三色や一通への手変わりもありますが、前回と違い今回は既にドラドラなのでリーチしてツモれば満貫。満貫見えるところから跳満、倍満を目指してあまり多くない手変わりを待つのは基本効率がよくないので…

記事全文を読む433 views
    ネマタの天鳳日記 第12回
ネマタの天鳳日記

ネマタの天鳳日記 第12回

前回の続き。問題として出題するくらいですから何を切ったのか容易に想像できたかもしれませんが、私は打6mのシャンテン戻しを選びました。この打牌が正解と言い切れる自信はないですが、前回の①〜④をふまえたうえで解説することにし…

記事全文を読む535 views
    ネマタの天鳳日記 第11回
ネマタの天鳳日記

ネマタの天鳳日記 第11回

 麻雀は4面子1雀頭の5ブロックを作るゲーム、5人1組のチームを作るようなものです。プレイヤーは言ってみればチームを率いる監督であり、チームのメンバー候補を集めるスカウトでもあります。  メンバー選びに相当するのが、「何…

記事全文を読む439 views
    ネマタの天鳳日記 第10回
ネマタの天鳳日記

ネマタの天鳳日記 第10回

 麻雀講座の多くはまず序盤の手作りから入りますが、序盤は目一杯に構える、とりあえず浮いた19字牌から切ると書かれていることが多いと思います。もちろん基本はそれでよいのですが、これでは一色手を狙って浮いた字牌を残すべきケー…

記事全文を読む534 views
    ネマタの天鳳日記 第9回
ネマタの天鳳日記

ネマタの天鳳日記 第9回

 前回の再掲。見落としていたこととは何か…そうです。リーチ宣言牌のはツモ切りで、実際は打とした時点でテンパイだったということです。  ツモ切りリーチを打つ理由は打ち手によって様々ですが、よくあるのは、からの打のような、リ…

記事全文を読む493 views
    ネマタの天鳳日記 第8回
ネマタの天鳳日記

ネマタの天鳳日記 第8回

 「リードしている時ほど守備寄り、リードされている時ほど攻撃寄りに打つ。」とはよく言われます。確かに一般的には正しいのですが、一見余裕のあるトップ目でも、親に高い手をツモられるとトップが危うくなることが多いものです。余裕…

記事全文を読む447 views
    ネマタの天鳳日記 第7回
ネマタの天鳳日記

ネマタの天鳳日記 第7回

 面子候補十分(5ブロック)に受けるか面子候補オーバー(6ブロック)に受けるかについても迷うことが多いですが、どちらを選んだ方がよいかも、「共通の有効牌」に着目すると分かりやすいです。  例えば上の牌図。マンズのを面子候…

記事全文を読む526 views
    ネマタの天鳳日記 第6回
ネマタの天鳳日記

ネマタの天鳳日記 第6回

 ドラ を自分で切っている  実戦で何を切るかで迷うのは、どこを切っても大きな裏目がある面子候補同士の選択。今回の牌姿についても、「打牌毎の共通の有効牌」を比較する方法で何を切るか考えます。 三色か一通か 三色と一通どち…

記事全文を読む505 views

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)