麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー
「現代麻雀技術論」のネマタ氏が巷の戦術本の気になるところをピックアップ!一度読んだ本でもより理解が深まること間違いなし!
全ての記事を1ページで表示する
    ネマタの戦術本レビュー第40回「神眼の麻雀 著:成岡明彦 編集:福地誠 その2」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第40回「神眼の麻雀 著:成岡明彦 編集:福地誠 その2」

第一章 Q3 打  麻雀順位計算機によると、この局面で東家からでタンヤオ三暗刻の6400を出アガリした場合、97.4%の確率で2着以上になれるようです(ルール上3着以下は何が何でも2着以上を目指して打つので、実際はもう少…

記事全文を読む402 views
    ネマタの戦術本レビュー第39回「神眼の麻雀 著:成岡明彦 編集:福地誠 その1」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第39回「神眼の麻雀 著:成岡明彦 編集:福地誠 その1」

 問題の牌姿、局面は書籍でご確認下さい。各章の問題ごとに、個人的な回答と見解を述べさせていただきます。 第一章 Q1 打   役牌ドラ3テンパイなら流石に押すところ。しかし、残りツモが少ない、通っていないスジが少ない、リ…

記事全文を読む581 views
    ネマタの戦術本レビュー第38回「スーパーデジタル麻雀 著:小林剛 その38」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第38回「スーパーデジタル麻雀 著:小林剛 その38」

第八章 フリテン (1)初心者のうちはよくフリテン関連で失敗をしてしまいますし、ある程度麻雀に慣れてきても、認知のミスからやってしまうことが多々あるもの。だからこそフリテンになる可能性が残る形を必要以上に恐れる打ち手は多…

記事全文を読む244 views
    ネマタの戦術本レビュー第37回「スーパーデジタル麻雀 著:小林剛 その37」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第37回「スーパーデジタル麻雀 著:小林剛 その37」

第七章 順位点 (5)本の図では南3局とありますが、南4局の誤植です。オーラス着順が落ちるリーチ棒を出すことに抵抗がある人も多いと思いますが、西家にあがられた場合はいずれにせよ逆転されるので、リーチ棒を出したがためにトッ…

記事全文を読む138 views
    ネマタの戦術本レビュー第36回「スーパーデジタル麻雀 著:小林剛 その36」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第36回「スーパーデジタル麻雀 著:小林剛 その36」

第七章 順位点 (3)ダントツが先制リーチを打った場合、うまく追いついて直撃できたとしてもトップを逆転することが難しく、逆に放銃した場合は着順が落ちることが多いので押し辛いというのもあります。このような順位点関連によって…

記事全文を読む140 views
    ネマタの戦術本レビュー第35回「スーパーデジタル麻雀 著:小林剛 その35」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第35回「スーパーデジタル麻雀 著:小林剛 その35」

第七章 順位点 (1)順位点が存在するので、オーラスに近づけば近づく程、「一打の価値」は高くなります。半荘が始まった段階のミスならその後取り戻すことができますが、オーラスで着順を落とすミスをしてしまうと、ミスがそのまま結…

記事全文を読む109 views
    ネマタの戦術本レビュー第34回「スーパーデジタル麻雀 著:小林剛 その34」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第34回「スーパーデジタル麻雀 著:小林剛 その34」

第六章 迷彩 (5)前回の(3)の切りに近いですね。こちらも迷彩が効果的に使えるケースの一例と言えます。今回は引きで赤を切ってもホンイツトイトイで高くなるので、を切るロス自体も結構大きいですが、トイトイにならなくても高く…

記事全文を読む171 views
    ネマタの戦術本レビュー第33回「スーパーデジタル麻雀 著:小林剛 その33」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第33回「スーパーデジタル麻雀 著:小林剛 その33」

第六章 迷彩 (3)前回、鳴き手で高打点が狙える、警戒されなければ比較的鳴きやすく出アガリしやすい場合は迷彩が効果的と申しましたが、高打点になりやすく、ヤオチュウ牌のトイツが多いホンイツはまさにその一例と言えます。  先…

記事全文を読む154 views
    ネマタの戦術本レビュー第32回「スーパーデジタル麻雀 著:小林剛 その32」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第32回「スーパーデジタル麻雀 著:小林剛 その32」

第六章 迷彩 (1)「読み」「迷彩」と、現代麻雀にはあまり似つかわしくなさそうな項目が並びますが、「迷彩」についても「読み」と同様、利用した方が有利になるのであればそうすればよいというだけです。ルールの範疇で使えるものは…

記事全文を読む163 views
    ネマタの戦術本レビュー第31回「スーパーデジタル麻雀 著:小林剛 その31」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第31回「スーパーデジタル麻雀 著:小林剛 その31」

第五章 読み (11)鳴き手の場合はリーチに比べて河から待ちを読むことができるケースも増えます。(6)(7)でも申しましたが、「河に切られた牌が、どのような牌の組み合わせの一部であったか」を特定しやすい河になってないかを…

記事全文を読む147 views

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 研タロウ
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)