麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
もっと勝つためのRPG麻雀技術論 その5

もっと勝つためのRPG麻雀技術論 その5

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

6戦目 今回のイベントは再び近似値クイズで「ASO部のツイート数」を当てるもの。大体4000台くらいと思って適当に書いたところが実際は6000台で大誤算。しかし卓内ではもっとも近い数字だったのでレベル6にアップ。ステージは再び「鉄火場」です。

 開局時にアイテムを使用。商人レベル6につきアイテムを使用するだけで1200Gを3人から獲得できるので大きいですが、カードの効果は「ボードに予め、「リーチ、ツモ以外の役(役牌は三元牌と風牌に分ける)」か「流局」と書き対局中は伏せておく。最後の局が予言通りになれば3000Gを3人から獲得できる。」というもの。9000Gも貰えるならトップ1回より大きいまであります。確率的に実は流局がいいのかもしれませんが、能動的に狙えないのでやはりタンヤオにしました。

 ここまで紹介してきた通り、RPG麻雀は麻雀という名のカードゲームですが、強力な効果を打ち消すカウンター呪文に相当するカードも一定数存在します。カードの効果と職業スキルで数え役満ツモだったのが無効になったり、満貫の振り込みをカードの効果で振り込んだ人以外が払うところになるのを打ち消したうえにやり返したり、派手な応酬が続きますが、一転して麻雀自体は小場の展開となりオーラス微差のトップ目。途中で運営からこの試合がラストと発表されたのでいよいよ最後になりました。
 ここでクイタンが狙える手が来れば理想的なのですが、配牌を見るとのトイツ。うーん三元牌と書くべきだったか(笑)
 強引にクイタンにすることも全く考えられないわけではないですが、自分でアガらないとトップはまずない点数状況なので無難に進めます。

 ドラの1枚も赤ドラ扱い)

 こんな手牌になり何を切るか迷いますが無難に打チーポンと鳴いてテンパイ。2着目も仕掛けてアガリを目指していますが河を見る限りクイタン濃厚…ひょっとしてアガられて逆転された方がいいまであると思いましたが、差し込める確信も持てなかったので無難にツモ切りを続けます。そうこうしているうちに3着目の親がリーチして数巡後にツモアガリ。タンヤオであることを期待しましたが、実際はメンピンツモ裏1。トップを捲られたうえにボーナスも入らない一番ダメな結果になりました。

最終結果 3−3−0−0 6位/24人

 全部連帯とはいえ大トップが少なかったので結果は6位。最後に9000Gを獲得できていれば3位にはなれていました。1位の方は高レベルギャンブラー。やはり優勝を狙うなら高レベルに育てば圧倒的な力を持つギャンブラー、ニートが有力でしょうか。

RPG麻雀

 対局後は「勝つための現代麻雀技術論」の宣伝もさせていただきました。参加者、運営の皆様本当にありがとうございます。久々にこんなにもゲームに夢中になれました。7月30日に再び開催されます。このために東京から遠征された方もいらっしゃいますので、興味を持たれた方は是非ともASO部HPから予約してみて下さい!

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top