麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
もっと勝つための現代麻雀技術論 第175回 「とくに待ちが悪いテンパイの押し引き」

もっと勝つための現代麻雀技術論 第175回 「とくに待ちが悪いテンパイの押し引き」

BULL2021求人ニルウッドカバー

特に待ちが悪い悪形テンパイの場合の押し引き

 押し引き判断では、悪形テンパイはカンチャンやペンチャン待ちでアガリ牌が4枚とも残っていることを前提としていますが、実戦では待ちがかなり切られている等、悪形の中でも特にアガリにくい待ちになる場合もあります。

 基本的にテンパイであれば悪形であっても押してよいことが多く、良形テンパイや悪形でも比較的アガリやすいものについてはなおさら押し有利になるので、実戦で考慮すべきなのは、「比較的アガリにくい悪形テンパイ」の場合でも押していいのかどうかです。

 とりあえず麻雀研究始めてみました - 超愚形待ち(面前)の押し引き表

 とりあえず麻雀研究始めてみました - 超愚形待ち(副露)の押し引き表

 上記はアガリ牌が残り2枚の両無スジカン4、6待ちという、悪形テンパイの中でもかなりアガリにくい場合の押し引き判断です。さすがにこれだとのみ手の場合は明確に降り有利。

 3翻あっても子なら巡目や切る牌の危険度によっては押すのが厳しくなります。悪形テンパイと超悪形テンパイの比較であれば、1翻差があっても悪形テンパイに受ける方がよさそうです。

 今回はアガリ牌が残り2枚のカンチャンについて取り上げましたが、3枚以上残っている悪形テンパイであっても、何らかの理由で他家に使われている可能性が高いと読めるのであれば、超悪形テンパイくらいのつもりで押し引き判断をするのが賢明かもしれません。

 また、局収支では高打点なら超悪形テンパイでも押し有利になることが多かったですが、押す場合はアガリ率よりも放銃率の方が明確に高くなるので、点数状況的にアガリのリターンより放銃のリスクの方が高い局面であれば判断が変わってくる場合も、通常の悪形テンパイ以上に増えることが予想されます。

 「テンパイしていれば大体押しで悪くない」とはいえ、悪形テンパイの場合の押し引き判断はデリケートに行いたいですね。

この連載の目次ページを見る

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top