麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
もっと食うための現代大食技術論 第1回

もっと食うための現代大食技術論 第1回

CABO求人ニルウッドカバー

 先日の熊本地震からまだあまり月日は経っておりませんが、そんな中、食を通じて、お客や地元を元気にしたいという思いから、大食いチャレンジを始めたというお店の情報が入りました。食うためだけにどこまでも行く私、早速お店に向かうことにしました。

お食事処三南
お店は熊本県は宮原サービスエリア構内にある、お食事処三南(みなみ)。

【店舗情報】
お食事処三南
TEL:0965-62-3560
住所:熊本県八代郡氷川町早尾683
営業時間:7:00-22:00
定休日:年中無休
▼食べログ
http://tabelog.com/kumamoto/A4304/A430401/43007034

お食事処三南メニュー

 新メニューは、ソースカツ丼と豚キムチ丼。ノーマル、ビッグ(1.5倍)、ダブル(2倍)、トリプル(3倍)、メガ(5倍)、ギガ(10倍)の6種。メガとギガがチャレンジの対象。メガは約2kgで30分以内完食、ギガは約4kgを60分以内完食で食事代金が無料になります。

ソースカツ丼メガサイズ

 ソースカツ丼のサンプル、ご飯を覆い尽くし丼からはみ出ているソースカツはインパクト抜群。サービスエリアに入る人がことごとく足を止めて目を奪われています(笑)

 まずは豚キムチ丼のメガ盛りにチャレンジします。ソースカツよりは、豚キムチの方が食べやすいですからね。ヘタレですみません(笑)

 チャレンジすることを告げると、お店の方からルール説明が入ります。米粒一つ残らず、味噌汁、漬物も全て食べきって初めて完食扱い。味噌汁や漬物、味を変えるためのソースやマヨネーズはお替わり自由とのことです。

豚キムチ丼

 しばらく待っていると、いよいよ豚キムチ丼がやってきました。明らかに一人で食べる用の丼ではありませんね(笑) 料理が出てきた時のインパクト。この瞬間のために色んな場所を巡っていると言っても過言ではありません。たくさん食べるだけなら食べ放題のお店にいけば済む話ですものね。

 記事にするために写真撮影と、料理の計量を済ませていよいよチャレンジスタートです。制限時間があるので、食べている途中の画像はありません。ご了承下さい。

 豚肉とキムチの相性の良さは言わずもがな。ご飯が進む味付けです。てっぺんの生卵を絡めるとよりマイルドになってこれまた美味い。食べやすくなるという点でも嬉しいですが、これだけの量だと2個じゃ足らないですね(笑)

 順調に食べ進めますが、キムチの辛さが少し気になってきたのでマヨネーズを追加注文します。辛さが緩和され、マヨネーズの油分でご飯も喉を通りやすくなるので食べやすくなります。この業界では、「味変」と呼ばれるテクニック。「甘い物は別腹」という言葉がありますが、あれは正確には、「味の違う物は別腹」なのです。スイーツの食べ放題に行けば分かります。いくら甘い物が大好きでも、今度は甘くない物が食べたくなるはずです(笑)

豚キムチ丼完食

 そんなこんなで無事完食。完食タイムは14分。総重量は豚キムチ丼が約2.1kg。味噌汁と漬物込みで約2.3kgでした。制限時間の半分で食べられるならギガ盛りもいけるのではと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、いくら早く食べられても、自分の胃袋の容量以上には食べられることはありません。何事も限界がございます(笑)

 完食したのでお店から「フードファイター認定証」なる賞状をいただきました。「フードファイター」を名乗れるレベルじゃないなとも思いましたが、別にプロじゃなくても麻雀を打つ人は麻雀打ちなのですから、大食いチャレンジをする人は素人でもフードファイターでいいかもしれませんね(笑)

 それではまた次回。ご馳走様でした。

【熊本県の雀荘情報】
リーチ麻雀 さかえ 熊本店
麻雀 RIO(リオ) 熊本店
まーじゃんくらぶ てんほー
麻雀バンク

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top