麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
もっと食うための現代大食技術論 第46回

もっと食うための現代大食技術論 第46回

CABO求人全自動麻雀卓スリム

46-1-min

 前回(第45回)で豚骨ラーメンの替玉番付にチャレンジした翌週に数日間京都に滞在、その際に挑んだチャレンジメニューをこちらで紹介してまいります。

 今回は京都山科に当時オープンしたてのお店「山科京極製麺所」。看板にある通り大食いチャレンジがあるお店ですが、何分出来たばかりとあってどんなものが出てくるかはこの時は全くの未知数。気合いを入れてまいりましょう。

46-2-min

 メインのメニューは「肉盛麺」と、「肉盛つけ麺」の2種類。いずれもメガ盛(1800円)を15分以内に完食すれば無料になるそうです。肉盛麺の方が麺の量がやや少なそうなのでひとまずは肉盛麺のメガ盛に挑みます。

46-3補正-min

 大皿にたっぷりの自家製平打ち麺に「肉盛」の名前通り薄切りの豚肉とたまねぎがてんこもり。その上に更に青と白のネギ、刻み海苔がどっさり盛られています。なかなのボリュームとはいえ、これくらいなら普通の食事として食べても15分以内に完食できそうですが、どのくらいのスピードでいけるか試してみることにしました。

 麺は小麦胚芽入りの褐色麺で結構かみ応えあり。肉と玉ねぎ、ねぎに炒り卵と甘いタレが絡んでいるので、感覚としてはすき焼きの〆のうどんを食べている感じです。白いご飯とも合いそうな肉盛ですが、その通り具とご飯がセットの定食も提供されているようです。

46-4補正-min

 量的には2kgも無かったようで、15分のところを何と6分10秒で完食。オープンしたてということで初の完食者になりました。プロの大食い選手の大食いチャレンジ動画がよくあがるようになってからか昨今では一般人には手が届かないような難易度の高いものも増えてきていますが、こちらは食欲に多少自信がある人ならクリアできそうなほど良心的なチャレンジです。

46-5補正-min

 宿泊先から近いこともあり、その日の夜のうちに肉盛つけ麺のメガ盛までいただきました。こちらも大量の麺に肉とネギがびっしり盛られています。つけ汁はドロっとした濃厚魚介豚骨系で、平打ち麺がよく絡んでかなり美味い。個人的にはつけ麺の方が好みでした。

46-6補正-min

 こちらは10分ほどで完食。ゆっくり味わったつもりがこんなものです(笑)チャレンジ無料は1回のみだろうということでそのまま帰ろうとしましたが、特別に無料でいいですよと言われて返金して下さいました。何だか悪いですね。そんなわけでお近くにお住まいの方は一度足を運んでみて下さい。御馳走様でした。

【店舗情報】
山科京極製麺所

▼住所
京都府京都市山科区竹鼻竹ノ街道町49-1

▼営業時間
11:00~15:00
18:00~23:00

▼定休日
火曜日

▼食べログ
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260603/26029689/

 【京都府の雀荘情報】
牌テンション 四条本店  
Potti(ポッチ)  
牌テンション 京都駅前店  

この記事のライター

ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top