麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
全国デカ盛りの旅 第29回:埼玉県

全国デカ盛りの旅 第29回:埼玉県

CABO求人ニルウッドカバー

01-min

 前回に引き続きデカ盛りオフ会。デカ盛りが並ぶとインパクトが断然違うのもオフ会の醍醐味です。今回は埼玉県川越市の「二代目蝦夷」。二代目とあるように埼玉県内に現在では五代目まで出店されていますが、特に盛りがよいのがこちら二代目。今回は参加者4名が全員、店頭にデカデカと掲げられている、「からあげの山」に挑みます。

02-min

 やりすぎデカ盛りメニュー一覧。今回チャレンジするのは、からあげ定食トリプル。総重量は3kg後半、しかも大食いが難しいからあげとなると、完食できるかどうかは正直あまり自信がありません。全員が唐揚げ定食トリプルという凄まじい注文にも関わらず、持ち帰りやシェアも可能ということもあってか何事もなくオーダーが入ります。料理が出てくる前から緊張しまくりの我々。まるで絶叫マシンに乗る前の心境です(笑) …なお、メニュー表の下にある、「どでかから揚げ焼き肉丼」については総重量8kg超え。これを1人で完食した人もいるのですから、プロのフードファイターというのは本当に凄まじいですね。

03-min

 画像の後ろの方にある付け合わせの冷奴に注目(笑)白飯と唐揚げ、ダブルでマウンテンです。白飯は4合ほど。オプションでてんこ盛り(7合)にすることもできますが、流石に私のキャパでは無理でしょう(笑) 唐揚げにはキャベツとマヨネーズもたっぷりついてきます。

04-min

 4つ並べたらこんな感じ。まさに絶景。まさにデカ盛りオフの醍醐味です(笑)

 撮影が済んだので胃袋と度胸が試される戦いの始まり。まずは後半は特に食べにくくなる唐揚げを中心に食べる作戦でいきます。程よく味が付いたジューシーなモモ肉の唐揚げ。唐揚げのデカ盛りは数多くありますが、味も今まで食べた中でかなり上位に入ります。ただしこれだけ大量の唐揚げは一度に揚げられないので、料理が来た段階で既に少し冷めているものもあります。やむを得ないことですが、やっぱりほどほどの量にした方が美味しく食べる分にはいいですね(笑)

 最初は順調に食べ進める我々でしたが、次第に弱音が出始めます。私も唐揚げを食べきったところで、「ここからこのご飯を食べきるのか…」と思わず愚痴がこぼれます(笑) 

 残り1kgほどのご飯のうち半分くらいはキャベツとマヨネーズをおかずに食べ進め、残ったご飯はスープに投入します。最早全くスピードは上がりませんが、白飯ならまだ何とか食べられます。デカ盛りチャレンジ勢にはギリギリのところからスパートがかけられる人も結構いますが、私は真似できる気が全くしません。

05-min

 時間はかかりましたが無事完食。白飯1400g、唐揚げ1700g、キャベツ300g、スープ300g、豆腐70g、漬物15g。約3.8kgでした。やはりこのあたりが何とか頑張って食べきれる量というところですね。完食してホッとしましたが、実は明日もまた過酷な勝負が待っています(勝手に無謀な計画を立てただけとも言う)。そちらについてはまた次回。ご馳走様でした。

06-min

07-min

デカ盛りとご当地グルメ食べ歩きブログ‐【デカ盛り】ボクの大食い史上まちがいなく最強のラスボスに挑戦【大繁盛店】二代目蝦夷(埼玉県 川越市)
今回お世話になったナツメグ氏のブログです。焼き肉丼トリプル、野菜炒め定食トリプルはこんな感じ。野菜多めなので唐揚げよりは食べやすいそうですが、やっぱりおかしな量ですね(笑)

【店舗情報】
二代目蝦夷

▼住所
埼玉県川越市小堤15-152

▼営業時間
11:30~14:45(L.O.)
18:00~翌2:00(L.O.翌1:45)
日曜営業

▼定休日
月曜

▼食べログ
https://tabelog.com/saitama/A1103/A110304/11024045/

赤で塗りつぶしている箇所は既に旅した都道府県になります。
今回は埼玉を攻略しました。あと18都道府県を巡ります。

map291

 

 【神奈川県の雀荘情報】
麻雀 ぱいんりばー 大宮店
麻雀 グリーン
Mahjong club ストライク

この連載の目次ページを見る

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top