麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
全国デカ盛りの旅3周目 第2回:愛知県

全国デカ盛りの旅3周目 第2回:愛知県

麻雀格闘倶楽部全自動麻雀卓スリム

 「喫茶マウンテン」と言えば、「甘口小倉抹茶パスタ」に代表される奇食メニューで有名ですが、実はボリュームもかなりのものでデカ盛り系のメニューも存在します。

 デカ盛りメニュー初級「なべスパ」。鍋の中には大量のスパゲッティ麺に加え、人参や白菜といった野菜類。麺に味は付いておらず、別皿で出てきたつけだれで食べます。スパとありますがついてくるのはフォークではなくお箸。どう見てもうどんが入った鍋、最早スパゲッティとしての体をなしていません(笑)

 味は完全につけだれの味しかしません。しかもつけだれは薄くなっていきます。味が変わらないものを延々と食べ続ける、これは大食いにおいてもハードルを上げる要因。これなら甘口スパの方が案外楽だったのかもしれません…ちなみに甘口スパも「ダブルサイズ」にすると鍋で出てくるそうなので我こそはと言う方は是非とも「登山」してきて下さい(笑)

 デカ盛りメニュー上級。「あつげしょう(大)」。メニュー表の中で2000円を超える唯一の料理にもかかわらず、あくまでサイドメニュー扱いなこのメニュー。正体は、まるごと1本のフランスパンに、名古屋らしく餡子とクリームを大量にデコレートしたもの。確かに、「あつげしょう」というネーミングがぴったりです。ハーフサイズのあつげしょう(中)(1350円)もあり、中ですら本来は多人数で取り分けることを想定したメニューです。

 最初は小倉トーストのような感覚で食べられるかなと思っていましたが、パンに比べて餡子と生クリームの量が圧倒的に多いので、ほとんど甘味とパンを別々に食べている感覚。甘味の量を減らしてフランスパンで挟んで食べられるようにした方が美味しくいただけそうです。それだとあつげしょうではなく、うすげしょうになってしまいますが(笑)

 半分ほど食べた時点で、あまりの甘ったるさに精神的に厳しくなってきました(笑) ここで残りの餡子とクリームを取り皿に移し、お店からスプーンを借りて、餡子とクリーム中心に食べてフランスパンは箸…もといスプーン休めとして食べ進めることにします。胃袋的にはまだ余裕があるのに、甘味を口に入れるとウッとなります。キツいと分かっているのに何故挑むのか、もちろん、「そこに山があるから」であります(笑)

 登山開始35分、ようやく甘味を全部食べ終え後はフランスパンのみ。甘くないフランスパンが実に美味いですね(笑) 無事登頂に成功しました。挑戦した時点では1人で完食したのは某大食いタレント以来とのことでした。

 デカ盛りメニュー超級。「たらい氷」。まさに名が体を表しているメニュー。4人以上の団体で予約が必要なメニューなので未だに実物を見た事はありませんが、総重量6kgはあるとの噂なので仮に1人で頼めてもチャレンジすることはないでしょう(笑) 

 ちなみにかき氷も様々なメニューがあり、中にはイカスミ、ゴーヤ、マンゴースペシャル(辛口)といった、甘口シリーズならぬ甘くないシリーズまであり、「たらい氷」にも適用できるそうです。こちらも我こそはという強者の方に挑んできてほしいですね(笑)

店舗情報

マウンテン 

▼住所
愛知県名古屋市昭和区滝川町47-86

▼営業時間
9:00~21:30(L.O.21:00)
日曜営業

▼定休日
月曜日(祝日の場合は営業し、翌火曜休み) ※年末年始(12/29~1/3)休みあり(要確認)

▼食べログ
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230108/23000266/

赤で塗りつぶしている箇所は既に旅した都道府県になります。
今回は愛知県を攻略しました、残り45都道府県となります。。

 これまでの目次はこちら

愛知県の雀荘情報

https://mj-king.net/tokushuses/prefs/23

 

この連載の目次ページを見る

この記事のライター

ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。1984年佐賀県生まれ。東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top