麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
全国デカ盛りの旅3周目 第29回:島根県

全国デカ盛りの旅3周目 第29回:島根県

CABO求人全自動麻雀卓スリム

 

今回訪れたのは、島根県は益田市にある2012年にオープンした手打ちうどんのお店「亀甲屋」にお邪魔しました。

本日挑むのはこちらのチャレンジメニュー。お店の看板メニュー、とり天、肉、油揚げ、たまご、かまぼこ、ねぎ入りの「亀甲屋うどん」を麺7倍、具、だしを4倍にした「特大亀甲屋うどんスペシャル」。45分以内完食で無料になりましたが、失敗しても1800円とかなりお得な価格設定です。温と冷が選べますが、暑い日だったので今回は冷やしを選択しました。うどんは自家製の手打ち麺で本格派。地元の方からの支持も熱いお店なので味にも期待できそうです。

これはうどんをこねる時に使う器ですね。まさかうどんを盛るために使われるとは思いませんでした。目一杯に盛られているのではないので何とかなりそうです。早速いただきましょう。

うどんは結構コシが強いタイプ。コシの無いうどんで育った私ですが、やっぱりうどんはコシがあってナンボですね。しかし大食いとなると後半は喉の通りづらさがネックになりそうです。とり天は大ぶりで食べごたえがあり。チャレンジじゃなければこれだけ何個食べてもいいくらい美味かったです。うどんはコシがある方がいいけど、出汁は地元の甘めでやさしい味付けが好きな私としては、このうどんはまさに好み。近所にあったら大食い関係無く通ってしまいそうです。

後半お腹が膨れてからはうどんのコシがネックになりますが、卵を絡めることで喉の通りをよくすることでカバー。冷うどんの場合はダシを全部飲まなくてもよかったのですが、折角だからと全部飲んだところでタイムは19分21秒。最後まで美味しくいただきました。お金を払わずに帰ってしまうのも悪いので、追加でとり天10個お持ち帰りすることにしました。御馳走様です。

デカ盛りとご当地グルメ食べ歩きブログーナツメグ氏

温うどんでのチャレンジは、こちらのナツメグ氏のブログを御参照下さい。

店舗情報

亀甲屋

▼住所
島根県益田市乙吉町イ97-1

▼営業時間

11:00~15:00 17:00~21:30(L.O.21:00)
日曜営業

▼定休日
無休

赤で塗りつぶしている箇所は既に旅した都道府県になります。
今回は島根を攻略しました、残り18都道府県となります。

 ▼これまでの目次はこちら

島根県の雀荘情報

https://mj-king.net/tokushuses/prefs/32

この連載の目次ページを見る

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top