麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
第216回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第216回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

BULL2021求人ニルウッドカバー
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ                         

『咲』コラボは本日までですが、次回メンテ後に登場する新雀士は何と宮永咲の声優の方が声を担当しています!

可愛いさと色気を両方備えた年齢不詳の麻雀道場主。個人的に久々に欲しいキャラが出てきましたが、今月は「二階堂杯」の賞品を用意することになっているので財布の中身が痛みそうです(笑)

雀魂牌譜

南2局

二階堂杯は一発裏無し。今回はその予行演習。対門のリーチに降りているところですが、リーチに強い牌を押しつつ2フーロしている上家はドラをトイツ以上で持っていることは言えそうです。普段はドラをアンコで持っていてもリーチ者が赤ドラ持ちや裏ドラが乗るケースもあるのでアガリに遠いところからは押しづらいですが、今回はかなり強気に押せます。

少し前に下家が切ったが仕掛けにも通りやすいとみてを切ったのですが、何と下家からチーの声。聴牌を取られて一人ノーテン。このルールで3000点の支払いはかなり痛手です。

下家は切りで聴牌を取った後、通ってない牌を引いてトイツ落としの回し打ち。が共に4枚見えであることから回ったのは想定しやすい。切り聴牌ならその周辺でメンツを完成させた可能性が高いのですから、引いた危険牌もの周辺であれば、のような形から鳴かれて聴牌を取られることは想定してしかるべきでした。同じ現物ならあたりがよかったですね。

南3局1本場

4枚見えにつき、将来他家の聴牌が入った場合もは単騎かシャンポン以外では当たらない。そのうえでドラを引いても使えるようになるのですから、はただの共通安牌より価値の高い牌。この巡目で悪形残り2シャンテンともなればただの共通安牌であっても受けを狭めて残す選択が十分候補に挙がるところ。それならなおのこと打がよかったですね。

を残したのが響いて11600放銃。普段アガることばかり考えているツケを支払わされることになりました。

南3局

この点数状況ならなおのことの2翻止まりではなく、ホンイツかトイトイをつけにいくところ。手役を狙うならリャンメン落としですが、いきなり対門が切り。少なくとも対門はを持っていないとみてトイトイの重なり狙い。ポンしてドラ表示牌の切りでトイトイに絞ってみることにしました。

運良くが重なり、12000聴牌が入っていた対門から8000出アガリ。順位浮上のチャンスが出てきました。

南4局

の2翻でもツモか直撃、符ハネで3着に届きますが、両方鳴けたところでまだ逆転不確定の手ならホンイツ狙い。上家はこちらに鳴かせてアガらせてもトップで終われるので、比較的役牌は鳴きやすいとみました。大会では採用しませんが、練習試合では連盟Aルールのような沈みウマを想定していたので、うまく12000以上になれば浮きに回れるというのもありますね。

アガれませんでしたが一人聴牌だったので対門を捲くって3着。このルールにおける聴牌料の大きさを改めて体感させられる半荘でした。それではまた次回。

雀魂 について


オンラインで全国のプレイヤーとリアルタイムに対戦できる麻雀ゲームです。
全世界のプレイヤーと対戦を行うことができる「段位戦」、チャットを送れる友人と好きなルールで対戦できる「友人戦」、プレイヤー同士で開催/参加できる「大会戦」など様々な対戦スタイルにより、麻雀の初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけます。
「咲-Saki- 全国編」とのコラボも決定!

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top