麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
第385回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第385回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

BULL2021求人ニルウッドカバー
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

今年ももう少しで半年が経過します。普通は歳を取るほど時間の進みが早く感じるものですが、「一姫現麻」を11月分まで書き貯めしているためか「まだ6月」と感じてしまいます。25話は7月1日更新。小鳥遊さんの活躍回です。お楽しみに。

雀魂牌譜

南1局2本場

配牌からチートイツ1シャンテンですが、鳴くとトイトイまたはホンイツまたはチャンタ2シャンテンにもなる手牌。三麻はポンできる他家が二人だけなので、四麻と異なりほぼチートイツ1シャンテンに決めるのですが、トイトイだけでなくホンイツも狙えるところからは鳴くつもりでした。ホンイツならリャンメンや受け入れが増える変化もあるのでチートイツに決めるよりアガリやすいと判断するためです。唯一ホンイツにならない[一]から出たのでスルーしました。

[一]が先に全て出てしまったので、今度はピンズから鳴いても両天秤にはならずホンイツに決める必要性があります。ポンしにくいドラ[西]が残ることもありスルーを選択。判断に自信はありませんが、牌種の少ない三麻ならチートイツですぐ聴牌できるだろうと思っていました。
何とそれから4回もトイツをかぶりようやく聴牌。[九][8]も順子を構成できない牌でこの巡目まで生牌となれば、他家に対子以上で持たれている可能性大。河からこちらがチートイツ狙いなのは明白ですが、チートイツならマンズや字牌で待つという先入観があるので[8]単騎、ダマテンにしていれば出る牌とも思えず、もし下家から出て裏が乗ればトビ終了なので立直を選択。

チートイツを聴牌していた西家が[8]を掴み一発和了。西家の立場からすれば単騎にしか当たらない牌ですが、東家の河は門子手を想定するのが難しく、先程の判断通り[8][九]単騎より優先される妥当な理由があります。単騎にしか当たらない牌も、単騎にしか当たらない河に対してはかなりの危険牌なので止めて然るべき牌だったように思われます。

しかしそうなると、そもそも私がチートイツ聴牌に取ったのも本当によかったのか疑問です。西家の最終手出しは生牌[1]。河からして西家もチートイツ狙い。この巡目で聴牌してないのにわざわざ生牌を切るのも不自然だからダマテン濃厚となると、こちらの[九][8]も結構な危険牌であるためです。

余談になりますが、チートイツ狙いで河から重なりやすそうな牌を残す時は、他家が門子手狙いであることを想定して山読みするので、他家もチートイツを狙っている場合は「他家が門子手狙いなら山に残ってそう」な牌をお互いに抱えてしまい、結果的に対子を被ってしまうことも増えます。こうした現象を先人方は、「トイツが被る時はトイツ場」と表現していたことに今更ながら気付きます。対子場が存在するというよりは、対子手を狙おうとする打ち手の意志によってそのような現象が観測されるというところでしょうか。

南1局3本場

先ほどの和了で勝負ありと思いきや下家に四暗刻をツモられてしまい逆転負け。対門も四暗刻一向聴。チートイツや四暗刻をアガりたいという打ち手の意志を考えればさほど珍しくはないのですが、それにしてもやたらと対子や刻子が出来る日でした。それではまた次回。

雀魂 について


オンラインで全国のプレイヤーとリアルタイムに対戦できる麻雀ゲームです。
全世界のプレイヤーと対戦を行うことができる「段位戦」、チャットを送れる友人と好きなルールで対戦できる「友人戦」、プレイヤー同士で開催/参加できる「大会戦」など様々な対戦スタイルにより、麻雀の初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけます。

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top